KAWASE BIIKI

産油国通貨の憂鬱

為替相場は、先月に一旦リスクオフが強まりましたが、現在は解消、落ち着いた相場になっています。年末も近づいていることもあり、値動きは小さくなるのかもしれません。

 

原油価格と産油国通貨の話です。

原油価格は、今年は年後半に上昇。現在の価格はWTI1バレル=56ドル台で推移しています。7月に45ドルを割っていたことを考えますと、そこから3割程度上昇したことになります。今年前半に見られた供給過剰感は払拭され、需給・在庫水準は安定しています。需要が旺盛なことから、原油価格はこれからも底堅く推移すると考えられます。ただし足下では投機筋による買い持ち額が最高水準を更新しているため、今回の相場はこの辺りが天井なのかもしれません。

来年2018年にかけましては、需要・供給ともに増加が予想されています。成長する新興国と、安定した世界経済が需要を支え、シェールオイルなどの増産により、供給量も増加すると考えられています。原油価格自体は、需給均衡のため、現在水準付近での値動きが想定されます。

 

この原油価格水準での産油国通貨を考えます。

今年の産油国通貨の値動きは芳しいものではありませんでした。原油価格と共に底は打っているのですが、伸びきらないと言いますか、上昇できていない状態です。

カナダやメキシコは経常・貿易赤字で、数値的にも良くありません。経常黒字国である、ロシアやノルウェーもさすがに2013年辺りと比べると、経常黒字幅が大幅に縮小していて、黒字額がほぼ「無い」と言っても過言ではない水準まで低下しています。足下で改善傾向は見られるのですが、現在の原油相場を見る限りは大幅な回復は厳しいと考えられます。ロシアはOPECとの協調減産をしているため、産油量が減少中。これが経常収支を悪化させています。

2018年も、もしWTIが60ドル強まで上昇したとしても、産油国の交易条件に与える影響は限定的なものとなりそうです。カナダやメキシコでは、原油価格の上昇よりも、資金がアメリカや他の主要国へ流れていく動きの方が大きくなるため、為替が下落すると予想されます。ここからの産油国通貨はやや厳しめに動くことになりそうです。

 

そしてもう一つ考えなければいけないのが、サウジアラビアの通貨「リヤル」です。リヤルはドルペッグ制を採っているため、価格水準が大きく割高で推移しています。原油価格の下落と共に、売り圧力が強まったリヤルをサウジアラビアの外貨準備によって、買い支えているの現状です。現在の外貨準備の水準を見る限りは、あと数年程度は我慢できるかもしれませんが、現実的には来年にドルペッグ制の廃止の可能性があり、その場合は中東地域を中心に、経済の混乱に見舞われることになりそうです。

 

 

 

個人的には、もう少し原油の需給が逼迫し、原油価格も急騰する可能性も予想したのですが、なかなかそうはならないようです。シェールオイルの機動力はやはり凄いものがあります。

低い原油価格は、ユーロ圏・日本・韓国などの非産油国にとっては恩恵をもたらすことにもなります。来年も非産油工業国通貨を、上昇する通貨の中心と予想したいと考えています。

 

| コラム | 14:44 | comments(0) | trackbacks(0) |

中国からの資金流出は減少したのか

先週末ぐらいから、日本円が強い状況です。特段材料があったように見えませんが、リスクオフムード。新興国・資源国から主要国へ資金が移動しているように見えますが、ユーロが弱めの動きであったりと、複雑な様相です。明確な方向感が出るまでには、もう少し時間が必要なのかもしれません。

 

 

先日発表されたスウェーデンの不動産価格が2が月連続の下落、下げ幅はリーマンショック直後以来の3%と大きな下落となりました。スウェーデンでは、もともと首都ストックホルムを中心に不動産価格が高騰しバブルの様相を見せていたのですが、これが調整局面に入った可能性があります。同じような変化は、カナダ・オーストラリア等でも見られ、世界的に高騰していた不動産価格がここにきて、頭打ちになってきたようです。

またアメリカでは、ここまで大きく上昇してきた株価が少し弱含んできています。中長期での上昇基調は続いているのですが、ここまで特に強かったSP500指数は、ここ1ヶ月ほど横ばいの動きになっています。

このようにここまで一本調子で上昇してきた相場ですが、ここにきて少しずつですが変化が始まっているように見えます。そしてこれらの変化には、中国からの投資資金の減少が、関係しているのではないでしょうか。

 

ここ数年の世界の不動産市場や株式市場で存在感を増しているのは、新興国からの国境を越えた資金移動です。その中でも特に海外への投資額が大きかったのが中国で、先進国の不動産や株式に莫大な金額が投資されたとされています。この莫大な資金が、不動産を上昇させ、株価を過去最高値に引き上げています。

この流れが変わったのは今年の春先です。中国政府が海外への資金移動の規制を強化しました。その規制の効果がここに来て現れ、様々な市場で変化が出てきたのだと考えられます。中国政府は、これまでも海外への資金移動の規制をたびたび強化してきたのですが、香港を利用した資金移動が抜け道として使われ、実質的なの資金移動が減ることはありませんでした。しかし、今回の規制は厳しく、強い実効性がみられたようです。中国からの資金移動の減少を明確に表す指標は見つけられなかったのですが、中国の外貨準備が今年に入り、減少から横ばい・微増への変化していることは、こういった動きの状況証拠になると思われます。

 

さて、問題になるのはこれからの市場の動向です。本当に中国からの資金移動が減少しているならば、日々下落圧力が強まると考えられます。少なくとも、ここから上値を目指すような動きは限定的になると考えた方が自然でしょう。不動産や株価が下落したならば、そこからの影響は多岐にわたります、個人消費や雇用、金利・為替・金融機関の経営など幅広い分野に影響が出ることになるでしょう。どの市場がバブルなのか、どの市場にどのような資金が入ってきているのか、もう一度確かめる段階に来ているのだと思われます。

 

 

リーマンショックから9年、ギリシャ危機、バーナンキショック、石油価格の暴落など、市場は様々な問題を乗り越えてきました。しかし、この間に本格的な信用収縮は経験しませんでした。ここからの最悪のシナリオは、新興国の資金が本格的に本国への巻き戻ることに伴う、信用収縮を含んだ金融危機です。もちろん、現在はそんなことを織り込む必要は無いのですが、何かいやな予感がします。最悪のケースを想定しながらも、日々の数値をしっかり確認し、相場に向き合っていきたいものです。

 

 

| コラム | 19:51 | comments(0) | trackbacks(0) |

トルコリラが下落した理由を考える

為替市場では、それ程急激な動きというわけではないですが、新興国から主要国への資金の流れが見えるようになってきました。その中で、特徴的な動きを見せているのがトルコリラです。このトルコリラの下落の要因を探ります。

 

 

一般的に為替の強さは次のような式になります。

 

  (為替の強さ*) = (投資資金の出入) + (貿易の強さ)

   

    *(為替の強さ)はそれぞれの通貨の実質実効的な為替の理論値。

 

第1項の(投資資金の出入)は循環的なため、式にすると、

 

  (投資資金の出入) = αsin(市場のリスク許容度) 

 

   α : それぞれの通貨のリスクに対する反応度を表す定数。

 

と表せます。便宜的にsinと書きましたが、実際はまったく正弦波では無く、なんとなく循環している雰囲気が分かれば良いと思います。長期的に平均すると0になるというのが大切です。

トルコリラの場合、投資資金は大きく流出しているわけではないのですが、流入も減っていて、釣り合っているか、やや流入が多いぐらいのイメージです。

 

そうなると今回の下落は、第2項の(貿易の強さ)が要因になっていると考えられます。実際に貿易関連の指標を見ていきますと、トルコの貿易収支は昨年2016年は50億USD/月程度の赤字だったのですが、2017年に入ってからは70億USD/月程度と赤字幅が広まっています。2016年の値でも対GDPで考えますとかなり悪い値になります。さらにこの期間に、トルコリラが大幅に下落し、輸出に有利な環境を作っていることを考えますと、この値の悲惨さがより分かるかと思います。

 

トルコの(貿易の強さ)が低迷したのには3つの要因が考えられます。

一つ目は、東ヨーロッパ各国の台頭による、競争力の低下です。

トルコの主要産業は、自動車部品、機械、衣料品、一般消耗品、加工食品等の製造で、これを主にEU圏に輸出しています。これは日本における中国や東南アジアとの関係に似ています。トルコの経済成長はプラスで経済自体は伸びているのですが、個人消費が成長の主な理由で、製造業の伸びが鈍化しています。

これはハンガリーやチェコといった、東ヨーロッパの国で工業化が進み、今までトルコで生産していたものを代わりに生産できるようになってきたのが原因です。人件費の差が少ないため、同じEU圏で関税が掛からない東ヨーロッパの国での生産の方が価格競争力があり、トルコからの輸出は伸び悩むこととなっています。

 

二つ目は、観客数の減少です。

トルコは2015年までは、非常に人気の高い観光地でした。そのため、同規模の新興国と比べ観光収入が大きく、トルコ経済を支えていました。しかしその後、テロやクーデター未遂、周辺国での紛争などが重なり、治安が悪化、2016年以降、観光客数・観光収入は3割程度減少しました。観光収入は2017になれば戻ると考えていたのですが、現在のところ回復の兆しが見えません。ヨーロッパやアメリカとの政治的関係悪化も観光客数の減少に影響を与えていると思われます。

外国人観光客業界というのは、基本的には非常に利益率が高い業界であり、世界的にも規模が急拡大している産業です。この分野の縮小というのは、トルコの交易条件に大きな影響を与えているのは間違いありません。

 

三つ目は、エネルギー資源価格の上昇です。

トルコでは、一部天然ガスが産出できますが、基本的にはエネルギー資源輸入国です。そのため、足下での原油価格の高騰は交易条件の悪化を意味します。人口の増加に伴い、トルコ国内のエネルギー使用量は増えていて、価格の高騰と輸入量の増加のため、トルコの交易条件はさらに悪化することが見込まれます。

 

 

このようにトルコの貿易環境は非常に厳しいものがあります。また今後しばらくは改善される見込みがないことも特徴です。とりあえず、観光客が戻ってくれば良いのですが、まだしばらく先になりそうです。

もう一つトルコリラに関する懸念材料といえば、上記式の第1項の(投資資金の出入)についてです。これから先、主要国の金融政策がより緊縮的になると見込まれています。アメリカ、ヨーロッパなどの主要国へ向かう投資資金が増えることになります。そうなりますと、相対的にトルコのような新興国からは資金が逃げ出し、為替を押し下げる要因になると考えられます。今後数年程度は、猛烈に厳しい下落圧力がトルコリラを襲うことを想定する必要がありそうです。

 

| コラム | 08:03 | comments(0) | trackbacks(0) |

メキシコペソ 為替予想 2017年10月 くりっく365上場記念

本日、くりっく365にメキシコペソ/日本円(MXN/JPY)が上場します。それを記念してというほどではないですが、良い機会のようなので、メキシコペソの為替予想をします。

それにしても、東京金融取引所さんは、凄いタイミングで上場させたような気がします。

 

★総評 やや弱い。

メキシコペソはここからの下落を予想します。水準的にやや割高。短期的に急落する可能性は低いと思われますが、上昇する理由も弱いため、中長期的に徐々に下落していくと考えています。

2017年は年初に最安値を付け、そこからは実質実行ベース20%程の上昇と急回復しました。ここから上昇する可能性がないわけではないですが、その水準を長く維持するのは難しいと思われます。

 

★経済状況 マクロ指数等

メキシコ経済は好調です。失業率が3%台で安定、経済成長率はプラスを維持しています。しかし工業生産も個人消費も伸びているわけではなく、エネルギー産業に依存した成長になっています。貿易では貿易収支は大幅な赤字水準も、直近の経常収支が回復傾向にあるため、もうしばらく様子を見たいところ、アメリカとのNAFTA再交渉は懸念材料です。その他にも対外債務の増加、民間企業・消費者の債務の拡大、株価がややバブル水準、と長期的に顕在化しそうなリスクが積み重なっています。他の新興国と比較した場合、ものすごく悪い問いことは無いのですが、全体的にあまり良くない数字になっている印象です。

 

原油価格に関しては、2018年はWTI1バレル=60ドル程度を想定しています。メキシコ経済には好材料になりますが、交易条件が大幅に改善するほどでは無いと思われ、為替への影響も中程度を予想します。

 

★金融政策

政策金利はこれまでの6%台と高いインフレ率に対応するため、緊縮的な金融政策になっていました。インフレ率が下落傾向を見せ始めたため、ここからは利下げを行う可能性が高そうですが、利下げを急ぐ理由もないため、ゆっくり引き下げる動きになると予想しています。

 

 

★トレードアイデア

・MXN/EUR  S

・MXN/JPY  S

 

下落目線で見ていくのが基本になります。ペア相手はファンダメンタルズ的に強いユーロが最適になりそうです。ただせっかくなので、日本円とのペアでのショートもお勧めして良さそうです。ただし、メキシコペソをそこまで積極的にポジションを持つ必要は無いと思います。

主要国の金融政策が緊縮的に進む中で、新興国通貨はここからの期間、厳しい売り圧力にさらされることになります。こういった状況でポジションを取るならば、よりファンダメンタルズが悪い、トルコリラ辺りの売りの方が明確な動きになりやすいと予想されます。また、原油価格の上昇を予想する場合では、経常黒字国のロシアの通貨ロシアルーブルを買った方が、期待値は高くなります。

そういった意味で、メキシコペソはやや中途半端な位置にいるように感じられます。このタイミングで、メキシコペソを売り買いする必要性はあまり高く無さそうです。

 

 

| コラム | 05:53 | comments(0) | trackbacks(0) |

世界的な金融引き締めが新興国通貨の下落を誘う

世界中で選挙などがあり、相場は不安定ながらも大きくは動いていません。日々の材料をこなしているといった雰囲気です。次の材料は何かと探している段階のようですが、もう少し長期的に影響が出る話をしたいと思います。

 

現在金融分野で起こっている大きな変化といえば、アメリカの金融政策の緊縮化です。昨年12月から3回の利上げが行われ、これから年末までに1回、来年も3回から4回程度の利上げが見込まれます。さらに,バランスシートの縮小も同時進行で行われています。この縮小規模は3ヶ月ごとに拡大され、これから日を追うごとに、アメリカの金融政策の緊縮化が進むと言うことになります。

ヨーロッパに目を向けますと、ECBも債権買取額を減少させています。といいますか、市場に買い取り可能な債券が減少してきたため、買取額を減少させる必要が出てきているということです。ECBはドラギ総裁を中心に、緩和的な政策を続けたいように見えますが、使用できる手段が限られている他、ヨーロッパ経済が好調のため、量的緩和に否定的な意見が通りやすくなってきたという背景もありそうです。

日本では、日銀の量的緩和は続いていますが、国債の買取額は減少してきています。これも、ECBと事情は似ていて、日銀が買い取り可能な債券は減少しているのが原因の一つです。また、株式(ETF)等の購入も行っていてこれは継続するでしょうが、ここから拡大させることは無さそうです。

 

このように、世界の中央銀行は、結果としてですが、同時期に金融政策が変更になっています。インフレ率の伸びも鈍化しているため、実質金利が上昇し、金融政策は緊縮的に向かうことになりそうです。

 

そうなると心配されるのは、新興国通貨です。主要国の金融政策の緊縮化のため、主要国に資金が集まりやすくなることが想定されます。金融引き締めで思い出されるのは2013年のバーナンキショック(テーパータントラム)ですが、このときは、新興国通貨は10%以上下落しました。

今回はショックという雰囲気ではないため、緩やかながら、徐々に新興国から資金が引き揚げられると思われます。これから為替の下落が長続きする可能性がありそうです。

 

実際最近の為替市場に、変化の兆しのようなものが感じられます。新興国通貨はこのところ弱含んでいます。もちろん、目に見える原因は様々で、ニュージーランドやトルコといった国では政治リスクが高まっていて、これを材料に為替が下落しています。しかし、これらの国には、すでに世界中の資金が集まってきていて、通貨は割高になっています。そのため、少しの資金流出で、大きな下落になっているとも考えられます。現在、ファンダメンタルズ的に大幅に割高な新興国通貨がいくつかあり、市場がそういった通貨を下落させるための材料を必要としているように思われます。

 

 

主要国の金融政策の影響は、来年以降顕著になっていくでしょう。これからの相場で、新興国通貨、特に経常赤字の新興国通貨を持つのは、非常にリスクの高い行為になります。もし現在、何らかのロングポジションを持っている場合は、ここら辺でポジションを閉じておくことを、非常に強くお勧めします。

 

 

| コラム | 07:15 | comments(0) | trackbacks(0) |

買いたい通貨・売りたい通貨2017・10

2017年も第3四半期が終了。一旦相場観などをまとめます。

 

世界経済は好調そのもの、新興国を中心に経済成長率が高く、世界的に失業率が下落するなど、世界的好景気といった様相です。

注意しなければならないのは世界的な債務水準の高さです。経済成長中の新興国で債務残高が増え、不良債権の増加が心配されます。先進国では、カナダやオーストラリアの債務水準(個人・民間企業)が危険水準にあり、なにかのきっけけがあった場合、金融機関の業績が著しく悪化する恐れがあります。

しかし、実際足下では、アメリカの株価も堅調のようなので、「バブルはまだまだまだまだ続きます。」というのが基本路線でしょうか。各国の中央銀行の金融政策も甘めなため、この景況感がしばらく続くのでしょう。次に金融危機とかバブル崩壊とか言われるのは1年以上先になりそうです。

 

為替に関しましては、基本的にはリスクオンの相場展開を予想。ユーロの上昇が一服し、全体的に材料不足の感があるため、年末にかけては動きが少ないと想定しています。

気になるのは、アメリカFRBのバランスシート縮小の影響です。アメリカドル買いの材料になると思います。規模的に大きいものでないですが、確実に相場に影響を与えることになりそうです。ただアメリカドルも、割高水準のため、買いで持つモチベーションは高くありません。

その他、材料になりそうなのは、原油価格の上昇でしょうか。原油価格がWTI1バレル=50ドル以上で安定してきたため、この辺を材料に為替予想をしていきたいところです。

 

 

▽買いたい通貨

 

★ロシアルーブル(RUB)

6月に弱気予想をした通貨ですが、「中立〜やや強い」位の評価へ上昇修正しました。当然原油上昇の恩恵を受ける通貨と言うことですが、水準的にはそれ程割安感はなく、どうかなといった雰囲気もあります。他の通貨(特に他の産油国通貨)の中で、買いやすい方かなといった印象です。

 

★日本円(JPY)

ユーロでも良かったのですが、あえて日本円で、中期的な安値水準と、直近の値下がりによって買うタイミングが北かなといった雰囲気です。下値は堅そうですが、上値も重い印象。原油価格の上昇もマイナス材料になり、注意は必要になりそうです。

 

 

 

▽売りたい通貨

 

★ニュージーランドドル(NZD)

カナダやオーストラリアと共に、債務残高の増加が心配されます。為替の水準が高いため、経常赤字が増加中、さらに(カナダやオーストラリアと異なり)原油価格の上昇も加わるため、中期的に厳しさが増してきそうです。まず個人消費に影響が出るでしょうから、その辺りの指標などを注視していきたいところです。

 

★トルコリラ(TRY)

ヨーロッパとの関係悪化から、経済が伸びきらない印象です。輸出が増えず、輸入が増加、経常収支が悪化傾向です。こちらもエネルギー資源輸入国であるため、原油価格上昇の影響が心配されます。

 

★イギリスポンド(GBP)

書くことがなくなったら、とりあえずイギリスポンドの売りを推奨して行くスタンスなので、とりあえず売っておけといった感じです。直近値上がりしたこともあり、タイミング的にも売りで入りやすいかなと思います。経常赤字が大きくなってきていて、現行の為替水準を維持するのが困難な状況です。まるで新興国のような扱いで申し訳ないですが、ここから弱い通貨の代表のような動きになるのではないでしょうか。

 

 

買いたい通貨を書くに苦労しました。リスクオン相場なので、経常黒字の新興国・資源国通貨というのがセオリーなのですが、あまりめぼしいものが見つからず、日本円と書いてしまった時点で、理屈は成り立っていません。

年初から中期以上でのボラティリティが低く、長期の投資家には厳しい相場環境になっています。「休むも相場」という格言がありますが、今がそういう時なんだと思います。ポジションを減らし、相場を眺めるのが得策なのかもしれません。

 

 

 

| コラム | 10:22 | comments(0) | trackbacks(0) |

原油価格の上昇と為替への影響

目先の為替は動きがないわけではないですが、大きくは動かなそうな雰囲気。ユーロドルの頭が重くなってきたこともあり、一相場終わった感があります。そんな中原油価格の上昇が顕著になってきました。産油国通貨の動きをもう一度確認したいところです。

 

原油価格は北海ブレントが1バレル=57ドル台で推移、一時は59ドル台まで上昇し、2015年7月以来の高値水準です。WTIは1バレル=52ドル台での推移となっていて、スプレッドが広がっています。このスプレッドの広がりは、アメリカの南部を襲ったハリケーンの影響などが考えられます。

EIAの原油在庫統計を見てみますと、原油在庫は直近増加傾向。水準はほぼ前年と同水準です。ガソリンは前年比大幅減少、直近の減少幅が大きくなっています。ディスティレート(留出油)の在庫もガソリンと同じく、前年比、直近共に大幅減少になっています。全体としては、前年比で減少傾向になっています。原油とガソリン・ディスティレートの直近の傾向が異なるのは、これもハリケーンの影響です。

この前年比で在庫が大幅に減っているという現象は、シェールオイルの生産が急増した後の、ここ数年には無かった現象です。新興国を中心とした需要の伸びが在庫減少につながったと考えられます。新興国は景気が拡大基調にあるため、この旺盛な需要の増加はしばらくは続くことになりそうです。

 

原油価格の上昇の為替への影響を考えます。当然、原油輸出国通貨にはプラスの材料なのですが、個別に見ていきますと、割とグダグダです。

まず、代表的な産油国通貨ロシアルーブルですが、これは、中長期で買い予想で良いと思います。しかし、今年前半の原油価格下落の際に、それ程値が落ちて無く、現在水準もそれ程割安ではないので注意が必要です。次はノルウェークローネですが、こちらはどちらかというと、天然ガス価格の影響を大きく受ける通貨です。天然ガス価格は原油価格ほど明確な上昇局面ではなく、もう少し様子を見たい状況といったところでしょうか。カナダ・メキシコは、経常赤字が大きくなってきたため、この値をどれだけ小さくできるかが鍵を握りそうです。ここ数ヶ月上昇傾向にあった通貨ですが、水準は割高とみられ、現状では売り目線で見た方が安全だと思われます。

原油輸入国通貨では、ニュージーランドドル・トルコリラ・南アフリカランド辺りは注意が必要でしょうか、経常赤字が大きくなっているときに、交易条件の悪化材料が加わるため、貿易的に大変厳しいものになると思われます。また、日本・中国・ユーロ圏辺りの経常収支の変化にも気を配っておきたいところとなります。

 

 

今回の原油価格の上昇は、クルド人自治区の住民投票といった、政治的なイベントがあったための一時的なものでしょう。しかし、需給を見てみても、年初にあったような供給過剰感は完全に解消されているため、今後も原油価格は底堅く推移しそうです。

アメリカのシェールオイルの掘削状況等を横目に見ながら、来年以降の原油相場を予想するのに良い時期なのかもしれません。

 

 

| コラム | 09:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
■ LATEST ENTRIES
■ CATEGORIES
■ ARCHIVES
■ SEARCH
■ LINKS
■ PROFILE