KAWASE BIIKI

実質実効為替レート2016年12月

2016年12月の実質実効為替レートを半年前(2016年6月)と1年前(2015年12月)のものと比較しました。
 
・ アジア・オセアニア 2016.12 半年前比較 1年前比較
   日本円 【JPY】 75.1 -6.4% 6.6%
   オーストラリアドル 【AUD】 107.6 4.0% 3.7%
   ニュージーランドドル 【NZD】 111.6 3.1% 5.5%
   中国人民元 【CNY】 126.6 -0.1% -5.7%
   シンガポールドル 【SGD】 107.3 -2.3% -1.6%
・ ヨーロッパ・その他
   ユーロ 【EUR】 90.3 -1.6% -0.1%
   イギリスポンド 【GBP】 85.3 -7.1% -14.4%
   スイスフラン 【CHF】 108.4 -1.2% -0.8%
   スウェーデンクローナ 【SEK】 84.7 -4.3% -4.5%
   ノルウェークローネ 【NOK】 92.0 3.1% 8.3%
   ロシアルーブル 【RUB】 108.6 12.7% 21.9%
   ポーランドズロチ 【PLN】 94.2 -1.2% -3.5%
   トルコリラ 【TRY】 94.9 -9.1% -8.1%
   南アフリカランド 【ZAR】 91.9 15.8% 17.2%
・ 北アメリカ・中南米
   アメリカドル 【USA】 108.6 4.2% 3.9%
   カナダドル 【CAD】 86.8 -2.3% 4.3%
   メキシコペソ 【MXN】 102.3 -4.6% -14.7%
   ブラジルレアル 【BRL】 81.3 7.3% 24.6%
 
データ期間 1994年1月〜
データ期間中の平均値を100とする。
元データはBIS国際決済銀行から。

2016年上昇幅が一番大きかったのは、ブラジルレアルでロシアルーブル・南アフリカランドと資源国が上位を占めます。2016年2月に天然資源価格が底を打ち反転したのが大きかったと思います。ブラジルレアルは年前半が強く、年後半は南アフリカランドの上昇幅が一番大きくなっています。

 

下落幅は、メキシコペソ・イギリスポンド・トルコリラの順です。メキシコペソはアメリカ大統領選挙、イギリスポンドはEU離脱投票の時に大きく下げました。イギリスとトルコは経常赤字の大きさが、足を引っ張っていたように思います。

 

その他では、年後半の日本円の下落が大きくなるのが目立ちます。アメリカドルは上昇、人民元は大きめな下落、ユーロはやや下落していますが、ほぼ変わらずとなりました。オセアニア通貨は堅調・ヨーロッパ通貨は、資源国と非資源国で、明暗が分かれています。

 

 

基本的には資源国通貨が上昇、非資源国通貨が下落という傾向だったということだと思います。この傾向は2017年も続く可能性が高そうです。資源国通貨が大きく上昇する中、原油輸出国である、メキシコペソの下落が大きくなっていることに違和感がありますが、2017年に入ってからも下落がつづいていて、アメリカとの貿易の問題の影響が出ています。これも2017年のテーマでしょう。中国・日本などその他の地域に与える影響も心配されます。

 

 

| 実質実効為替レート | 12:56 | comments(0) | trackbacks(0) |

実質実効為替レート 半年前との比較

直近と半年前の実質実効為替レートの比較です。

・ アジア・オセアニア?2016.6?2015.12(差分)
   日本円【JPY】79.870.29.6
   オーストラリアドル【AUD】103.6103.9-0.3
   ニュージーランドドル【NZD】108.9106.02.9
   中国人民元【CNY】127.6135.0-7.4
   シンガポールドル【SGD】109.2109.2-0.1
?????
・ ヨーロッパ・その他????
   ユーロ【EUR】91.690.21.5
   イギリスポンド【GBP】91.599.3-7.9
   スイスフラン【CHF】109.9109.40.5
   スウェーデンクローナ【SEK】88.388.4-0.1
   ノルウェークローネ【NOK】89.084.84.3
   ロシアルーブル【RUB】96.089.66.4
   ポーランドズロチ【PLN】95.497.5-2.2
   トルコリラ【TRY】103.4102.11.2
   南アフリカランド【ZAR】72.871.90.8
?????
・ 北アメリカ・中南米????
   アメリカドル【USA】104.9105.1-0.2
   カナダドル【CAD】96.390.26.1
   ブラジルレアル【BRL】97.883.014.8
   メキシコペソ【MXN】75.784.6-8.9


データ期間 1994年1月〜
データ期間中の平均値を100とする。
元データはBIS国際決済銀行から。


上昇率の1位はブラジルレアル、資源価格の上昇を背景に伸びが目立ちます。2位は日本円、3位がロシアルーブルです。基本的には資源国の上昇が目立ちますが、メキシコペソやオーストラリアドルなどは下落しており、もともとの水準感なども影響していそうです。

下落率1位は、そのメキシコペソ、下落率が大きくなっていて、やや特異な印象を受けます。後でちょっと調べてみます。2位はイギリスポンド、3位は中国人民元とこちらはイメージどおりではないでしょうか。

相場を動かした大きな要因のひとつは資源価格です。原油を中心に、多くの資源価格が2月に底をつけたことで相場が大きく動きました。もうひとつは、アメリカドル・イギリスポンドから、日本円・ユーロへの資本の動きです。金融政策の変化に沿った動きですが、この動きはしばらくは続きそうです。


| 実質実効為替レート | 19:02 | comments(0) | - |

実質実効為替レート2016年2月

各国の実質実効為替レート 2016年2月です。


・ アジア・オセアニア
??先月比
2015年
12月比
   日本円【JPY】73.8  0.93.7?
   オーストラリアドル【AUD】102.20.0-2.1?
   ニュージーランドドル【NZD】103.9-0.4-2.2?
   中国人民元【CNY】136.11.00.5?
   シンガポールドル【SGD】108.80.3-0.6?
????
・ ヨーロッパ・その他???
   ユーロ【EUR】91.71.21.4?
   イギリスポンド【GBP】93.6-2.5-5.7?
   スイスフラン【CHF】109.3-0.5-0.5?
   スウェーデンクローナ【SEK】88.4-0.60.1?
   ノルウェークローネ【NOK】86.20.81.5?
   ロシアルーブル【RUB】81.6-0.9-8.0?
   ポーランドズロチ【PLN】96.1-0.1-1.5?
   トルコリラ【TRY】103.40.31.1?
   南アフリカランド【ZAR】66.11.5-2.6?
????
・ 北アメリカ・中南米???
   アメリカドル【USA】106.5-1.31.1?
   カナダドル【CAD】90.32.50.2?
   ブラジルレアル【BRL】85.22.12.1?
   メキシコペソ【MXN】78.2-2.6-6.1?


データ期間 1994年1月〜
データ期間中の平均値を100とする。
元データはBIS国際決済銀行から。


2月なので、リスクオフが極大だったと思いますが、数字はまちまち、値動きが荒かったかもしれません。アメリカドルが下落に転じているのが注目点でしょう。新興国・資源国通貨はこの辺りが底値圏とも考えられます。

| 実質実効為替レート | 21:12 | comments(0) | - |

実質実効為替レート2016年1月

各国の実質実効為替レート 2016年1月です。

・ アジア・オセアニア??(先月比)
   日本円【JPY】73.23.2
   オーストラリアドル【AUD】102.3-1.9
   ニュージーランドドル【NZD】104.4-1.7
   中国人民元【CHY】135.3-0.6
   シンガポールドル【SGD】108.8-0.7
????
・ ヨーロッパ・その他???
   ユーロ【EUR】90.60.3
   イギリスポンド【GBP】96.2-3.1
   スイスフラン【CHF】109.90.1
   スウェーデンクローナ【SEK】88.50.1
   ノルウェークローネ【NOK】85.40.7
   ロシアルーブル【RUB】82.4-7.1
   ポーランドズロチ【PLN】96.5-1.2
   トルコリラ【TRY】103.30.9
   南アフリカランド【ZAR】64.1-4.6
????
・ 北アメリカ・中南米???
   アメリカドル【USA】107.31.9
   カナダドル【CAD】87.8-2.3
   ブラジルレアル【BRL】83.30.2
   メキシコペソ【MXN】81.8-3.3


データ期間 1994年1月〜
データ期間中の平均値を100とする。
元データはBIS国際決済銀行から。


激動の期間です。産油国を中心に新興国・産油国が下落しています。主要国はイギリスを除いて上昇、特に日本円の上昇が目立ちます。昨年からの流れが続いているように思えますが、少しずつ順位が入れ替わっているように思えます。産油国はここら辺がとりあえずの底でしょうか。


| 実質実効為替レート | 22:19 | comments(0) | - |

実質実効為替レート2015年12月

各国の実質実効為替レート 2015年12月です。

・ アジア・オセアニア??(先月比)(前年同月比)
   日本円【JPY】70.11.02.7?
   オーストラリアドル【AUD】104.01.5-6.1?
   ニュージーランドドル【NZD】106.72.7-7.8?
   中国人民元【CHY】136.1-0.75.2?
   シンガポールドル【SGD】109.50.6-2.2?
????
・ ヨーロッパ・その他???
   ユーロ【EUR】90.31.7-5.5?
   イギリスポンド【GBP】99.3-1.74.2?
   スイスフラン【CHF】109.90.85.7?
   スウェーデンクローナ【SEK】88.31.8-0.9?
   ノルウェークローネ【NOK】84.7-1.5-5.6?
   ロシアルーブル【RUB】89.5-5.9-1.9?
   ポーランドズロチ【PLN】97.6-0.2-5.2?
   ハンガリーフォリント【HUF】100.3-0.1?-2.9?
   トルコリラ【TRY】102.4-1.6?-7.7?
   南アフリカランド【ZAR】68.3-4.3?-11.4?
????
・ 北アメリカ・中南米???
   アメリカドル【USA】105.30.3?9.2?
   カナダドル【CAD】90.0-3.2?-12.6?
   ブラジルレアル【BRL】83.30.2?-20.2?
   メキシコペソ【MXN】84.5-1.3?-9.5?


データ期間 1994年1月〜
データ期間中の平均値を100とする。
元データはBIS国際決済銀行から。
ハンガリーフォリント(HUF)は今回まで。


12月分なので年間成績ということで、前年比も加えてみました。
12月は産油国と南アフリカの下落が目立ちます。ドラギ発言で揺らいだ期間ですが、ヨーロッパ通貨は目立った動きにはなっていません。アジア通貨が強い中で、中国人民元が下落していることが、特徴的な期間だったのかもしれません。

2015年の動きですが、利上げの期待が高かったアメリカ・イギリスが強い年でした、弱い通貨は、ご存知の通り、ブラジルレアル・カナダドル・南アフリカランドです。資源国輸出国通貨が売られ、資源輸入国通貨が買われたという言い方でも良いかもしれません。オセアニア通貨は、年最終番にかけて急速に値を戻しています。


| 実質実効為替レート | 07:59 | comments(0) | - |

実質実効為替レート2015年11月

各国の実質実効為替レート 2015年11月です。

・ アジア・オセアニア??(先月比)
   日本円【JPY】69.1-0.9
   オーストラリアドル【AUD】102.60.9
   ニュージーランドドル【NZD】104.0-0.7
   中国人民元【CHY】137.22.2
   シンガポールドル【SGD】109.00.4
???
・ ヨーロッパ・その他??
   ユーロ【EUR】88.6-2.7
   イギリスポンド【GBP】101.01.9
   スイスフラン【CHF】109.2-1.4
   スウェーデンクローナ【SEK】86.5-1.0
   ノルウェークローネ【NOK】86.2-0.6
   ロシアルーブル【RUB】95.50.6
   ポーランドズロチ【PLN】97.7-1.4
   ハンガリーフォリント【HUF】100.4-1.5
   トルコリラ【TRY】104.15.5
   南アフリカランド【ZAR】72.6-1.9
???
・ 北アメリカ・中南米??
   アメリカドル【USA】104.71.1
   カナダドル【CAD】93.0-0.9
   ブラジルレアル【BRL】83.24.3
   メキシコペソ【MXN】85.81.0


データ期間 1994年1月〜
データ期間中の平均値を100とする。
元データはBIS国際決済銀行から。


トルコとブラジルが大きく上昇している以外は特徴の無い月です。ヨーロッパが全体的に弱めなのは、ECB総裁のドラギ氏の緩和発言によるものでしょう。基本的には、無風だった11月を良くあらわす指標になっていると思います。新興国の底打ちが確認できたと思っていたのですが、まだまだ先のようです。


| 実質実効為替レート | 08:51 | comments(0) | - |

実質実効為替レート2015年10月

各国の実質実効為替レート 2015年10月です。

・ アジア・オセアニア??(先月比)
   日本円【JPY】69.7-0.6
   オーストラリアドル【AUD】101.81.5
   ニュージーランドドル【NZD】104.84.7
   中国人民元【CHY】135.3-1.1
   シンガポールドル【SGD】108.8-0.1
???
・ ヨーロッパ・その他??
   ユーロ【EUR】91.3-0.5
   イギリスポンド【GBP】99.1-0.5
   スイスフラン【CHF】110.70.1
   スウェーデンクローナ【SEK】87.60.2
   ノルウェークローネ【NOK】86.80.3
   ロシアルーブル【RUB】94.95.2
   ポーランドズロチ【PLN】99.0-1.2
   ハンガリーフォリント【HUF】102.00.5
   トルコリラ【TRY】98.63.8
   南アフリカランド【ZAR】74.40.6
???
・ 北アメリカ・中南米??
   アメリカドル【USA】103.5-1.2
   カナダドル【CAD】93.91.3
   ブラジルレアル【BRL】78.90.4
   メキシコペソ【MXN】84.91.5


データ期間 1994年1月〜
データ期間中の平均値を100とする。
元データはBIS国際決済銀行から。

主要国通貨で弱く、新興国・資源国通貨が強いというリスクオンの様相です。ロシア・ニュージーランド・トルコで特に値が動いています。年初からのリスクオフ相場が切り替わりました。この値でもリーマンショック時よりも低い値になっている新興国が複数あり、安値圏にとどまっています。長期的に見た場合には良い買い時かもしれません。



| 実質実効為替レート | 23:31 | comments(0) | - |
■ LATEST ENTRIES
■ CATEGORIES
■ ARCHIVES
■ SEARCH
■ LINKS
■ PROFILE