KAWASE BIIKI

為替予想 2015 その2

2015為替予測のその2です。

ヨーロッパ1

・ユーロ スイスフラン
前半 弱い 後半 やや弱い
現在の水準は、強くもなく、弱くもなく。ECBの量的緩和・国債購入の議論が進んでおり、これが決まれば大幅に下落すると思われます。特に値上がりする理由もないため、基本的に弱い相場が続くと考えたほうが自然と思われます。


・ポンド
前半 やや強い 後半 堅調
昨年大幅に上昇し、現在の水準は標準圏です。今年中に利上げも予定されており、基本的には堅調と考えられます。忘れがちですが産油国です。石油価格動向には注意が必要です。


・スウェーデンクローナ
前半 やや弱い 後半 下げ止まり
昨年は利下げもあり、大幅に下落しました。現在の水準は安値圏になります。中央銀行の政策は緩和に向かっており、今年前半も下落方向へ向かうと考えるのが自然かもしれません。下落の仕組みが日本と近いため、安値圏が長く続く可能性もありますが、大きく下落する理由もないため、低位安定が続くかも知れません。


・ノルウェークローネ
前半 やや弱い 後半 やや強い
ヨーロッパを代表する産油国。石油価格下落の影響も受け、価格は下落中です。今年も原油価格が安定するまでは弱い相場が続きそうです。ただし水準としてはそこそこの安値圏にはありますので、原油価格次第ですが、凄い買い時が来るかもしれません。

| 為替予想 2015前 | 23:49 | comments(0) | - |
<< 為替予想 2015 その1  | main | 為替予想 2015 その3 >>









■ LATEST ENTRIES
■ CATEGORIES
■ ARCHIVES
■ SEARCH
■ LINKS
■ PROFILE