KAWASE BIIKI

カナダドル(CAD) 為替予想2015後半

【CAD】 
★総評 動きづらい 資源価格に注意
カナダドルは、あまり変化しないと予想。とはいえ、資源価格の影響も大きく、アメリカの利上げの影響も大きいため、予想の難しい通貨です。今年は年初に突然の利下げを行った後は下落基調、下げ幅も大きくなっています。水準はやや割安、アメリカ利上げの後はぜひ買ってみたい通貨になるかもしれません。

カナダ経済は低迷中です。原油、鉄鋼石などの主要輸出品の価格が値下がりしており、経済を低迷させています。失業率は安定も、GDP成長率はマイナスの値となっています。地域的に、輸出産業はアメリカ経済に依存していますが、経済全体を見ると、資源価格に影響を与える、中国などの新興国経済に影響を受るようです。直近の新興国経済の低迷基調は、経済にマイナスの影響を与えてます。

今後も資源価格は低迷が予想されており、厳しい経済運営が続きそうです。為替が大きく下落したことから、輸出産業が成長の鍵を握っているようです。アメリカの利上げの影響や、アメリカ経済の個人消費がどうなるのかを注目していく必要がありそうです。

金融政策は緩和方向でしたが、中央銀行には、政策金利をこれ以上下げる意思は無いようです。直近の為替の下落の影響を見極めている段階です。インフレ率も高まっておらず、しばらくは静観の様子です。金融政策の変更は、アメリカの利上げ後、そのさらに先になりそうです。



★注目すべき指標
 ・原油価格



★トレードアイデア
予想が難しいため、すぐにポジションを持つ必要は感じませんが、持つとするならば、同じ資源先進国とのペアが面白そうです。
CAD/NZD , CAD/AUD のロングが妥当でしょうか。
アメリカの利上げ後は、良いタイミングで、USD/CAD のショートを狙ってみたいところです。




| 為替予想 2015後 | 21:18 | comments(0) | - |
<< アメリカドル(USD) 為替予想 2015後半 | main | ブラジルレアル(BRL) 為替予想 2015後半 >>









■ LATEST ENTRIES
■ CATEGORIES
■ ARCHIVES
■ SEARCH
■ LINKS
■ PROFILE