KAWASE BIIKI

メキシコペソ(MXN) 為替予想 2015後半

【MXN】 
★総評 動きづらい きっかけが欲しい
メキシコペソは、変化が少ないと予想。原油安の影響もあり、今年に入ってから、値下がり傾向です。水準的には割安なので、買いたいところですが、アメリカ利上げ前には手がつけづらい雰囲気です。アメリカ利上げが開始後、上昇のきっかけ待ちの展開になりそうです。

メキシコ経済は悪くは無い状況。GDP成長率は鈍化中ですが、失業率も安定し、経常収支も少なく、新興国の中では優等生的な存在です。日本からの企業進出などが話題になっていることからも分かる通り、アメリカや南米向け輸出の、工業国としての地位を確立したようです。ただ、エネルギー資源国という一面も持っており、原油価格の下落が輸出に影響を与えています。メキシコ産原油は海底油田のため、コストが高く、影響が大きいようです。

今後も安定した経済状況が続きそうです。アメリカの経済状況に左右されそうですが、大幅な低迷は無いのではないでしょうか。国内消費産業も、拡大が期待されます。為替もアメリカの影響が大きくなる傾向があり、アメリカドルが上昇する局面では、下落することがあり、注意必要になりそうです。

金融政策は安定期、政策金利も最近は変化させていません。インフレ率が下がっているため、実質金利は上がっていますので、その分の利下げをする可能性はありますが、現在のところアナウンスは無く、変わらないと見たほうが、自然と思われます。


★注目すべき指標
 ・原油価格
 ・アメリカ個人消費



★トレードアイデア
特に今保有する必要性は感じません。中期的に見た場合、値上がりが有望です。
アメリカの利下げが開始後、それ程遠くない時期に、上昇するのではないでしょうか。
そのときに、USD/MXNのショートが、狙い目なポジションになりそうです。


| 為替予想 2015後 | 00:41 | comments(0) | - |
<< ブラジルレアル(BRL) 為替予想 2015後半 | main | 為替予想 2015後半 まとめ >>









■ LATEST ENTRIES
■ CATEGORIES
■ ARCHIVES
■ SEARCH
■ LINKS
■ PROFILE