KAWASE BIIKI

為替予想2015前半 結果と考察

(※ 2016年1月23日 記事を独立させ、予想結果の書式を、2015年後半の予想結果の記事と統一しました。)

2015年1月に行った、為替予想の結果です。

計算式
?結果 = (2015年6月の実質実効為替レート)  − ?(2014年12月の実質実効為替レート)

実質実効為替レート
 データ期間 1994年1月〜
 データ期間中の平均値を100とする。
 元データはBIS国際決済銀行から。


?予想
???? 結果?
 結果順位
予想のずれ?
1
?アメリカドル? USD?5.1?10
2?イギリスポンド?GBP?4.5?2?0
3?日本円JPY?-0.9?5?-2
4
?スウェーデンクローナ
?SEK?-2.5?8?-4
5?ノルウェークローネ?NOK-0.1?4?1
??????
6?ユーロ?EUR?-6.4?12?-6
7?ハンガリーフォリント?HUF-2.0?6?1
8?ポーランドズロチPLN?-2.2?7?1
?南アフリカランドZAR0.1?3?6
10?カナダドルCAD?-4.4?10?0
??????
11?ニュージーランドドル?NZD?-8.2?14?-3
12?オーストラリアドル?AUD?-3.6?9?3
13?トルコリラ?TRY?-7.5?13?0
14?メキシコペソ?MXN?-5.3?11?3
15?ブラジルレアル?BRL?-8.4?15?0
??????

予想のずれの絶対値平均  2.0 (※)

 ※ すべて予想通りの場合は 「0」 
  ? 最も大きく予想をはずした場合 「約7.5」 
  ? 平均 「約3.7」



上昇したのは、アメリカ、イギリス、南アフリカと3つのみです。どれも利上げが噂されている通貨です。下落が大きかったのは、ブラジル、ニュージーランド、トルコです。リスクオフの際に、下落しやすいといわれている通貨ですが、特に、共通点は無いような気がします。その他には、ユーロの下落が、目立ちます。

全体的に見れば、それなりに悪くない予想結果でしょう。1位と最下位を当てられたので、満足です。
ユーロと南アフリカの順位が大きくずれています。ECBの量的緩和の成果を見誤ったと分析します。資源国が総崩れの中、南アフリカは検討したのだと思います。
正直、アメリカの利上げ時期も、間違えましたし、ヨーロッパ情勢も、ロシア情勢も、ぜんぜん予想外でした。中国も、想定より大きく動きましたし、各国中央銀行の金融政策も、想定外でした。それでも上記のように、結果としてはまあまあな予想ができたことは、うれしい限りです。ある程度数字が読めればどうにかなるようですね。

実は、1月の予想自体は1年分の予想なのですが、今回2015年後半の予想を行ったので、1月に行った分は、2015年前半と位置づけました。これからも半年毎に、為替予想をしていきたいと思います。
ちなみに、2015年後半の予想は、年前半の予想に比べて、まったく自信がないので、ご了承ください。


| 為替予想 2015前 | 00:00 | comments(0) | - |
<< 実質実効為替レート 2015年6月 | main | 貴金属価格下落中 >>









■ LATEST ENTRIES
■ CATEGORIES
■ ARCHIVES
■ SEARCH
■ LINKS
■ PROFILE