KAWASE BIIKI

ユーロ圏各国の実質実効為替レート

ECBが金融緩和を強める可能性があるということで、気になっていた、直近のユーロ圏各国の実質実効為替レートを調べてみました。
統一通貨の難しさが分かります。

?国名???
 ユーロ圏??  ?91.95?
????
 オーストリア??98.71?
 ベルギー
??98.21?
 キプロス?95.88?
 エストニア??116.91?
 フィンランド?95.39?
 フランス??92.12?
 ドイツ??91.05?
 ギリシャ?97.61 ?
 アイルランド    ?   94.25?
 イタリア?97.49?
 ラトビア?112.34?
 リトアニア?116.45?
 ルクセンブルク?100.83?
 マルタ?102.46?
 オランダ?97.56?
 ポルトガル?99.67?
 スロバキア?129.97?
 スロベニア?99.70?
 スペイン?99.03?
????
データ期間 1994年1月〜
データ期間中の平均値を100とする。
元データはBIS国際決済銀行から。


想定の範囲内ですが、上下に結構な差があります。値が低いのが、ドイツ・フランス。値が高いのが、スロベニア・エストニア・リトアニアの順です。現在のユーロの水準はやや割安と思っていましたが、多くの国にとってはそうではなく、ECBの現在の金融政策は、あまり緩和的とは感じられないのかも知れません。逆にドイツでは、これ以上の金融緩和の必要性が感じにくいのだと思われます。統一通貨の分かりやすい欠点が出ているかたちですが、仕方ないものなのでしょう。


ドラギ総裁は12月の金融緩和強化を示唆しました。インフレ率も低下傾向にあるため、実行される可能性は高いと思われます。どこまで影響を与えるのかも含め、注目をしていきたいところです。


| 経済データ | 20:20 | comments(0) | - |
<< とりあえずは緩和的流れに | main | 年末までのメインシナリオ >>









■ LATEST ENTRIES
■ CATEGORIES
■ ARCHIVES
■ SEARCH
■ LINKS
■ PROFILE