KAWASE BIIKI

ブラジルレアル(BRL)為替予想2016前半

【BRL】
★総評 「やや弱い」 不明確な点が多い。
ブラジルレアルは下落予想です。2015年は大幅に下落し、全通貨を見ても、かなり際立った下げだったと思われます。私は、年後半は上昇予想だったこともあり、毎回の下落をひやひやしながら見ていました。直近の値動きは不安定、ちょっとしたリスクオフ局面で、値を下げることもあり、近づきがたい雰囲気です。2016年も値動きが激しい展開が予想されます。

ブラジル経済は低迷しています。主要輸出品目の、鉄鉱石や原油だけでなく、大豆や小麦価格も大きく下落したため、非常に厳しい状態になっています。GDP成長率がー4%台と経済が崩壊しているといっても過言ではありません。失業率は悪化中、貿易収支は黒字を確保していますが、経常収支の赤字が拡大中です。政治状況も不安定で、大統領の弾劾の手続きが進められるなど、混迷の極みを見せています。高いインフレ率など含めて勘案しますと、国民の生活水準を何段階か落とさない限り、経済が安定しないという、非常にまずい状況だと推測されます。

金融政策は緊縮的で、高めのインフレ率を抑える目的のようです。ブラジルの金融政策には賛否両論ありますが、これからもしばらくは現状の緊縮政策が続いていくものと思われます。為替水準は、実力値程度なのかもしれません。

鉄鋼石価格は、原油価格に比べても下落幅が大きくなっています。いったん下げ止まりの傾向を見せましたが、このところ、下落幅を広げています。穀物価格も、現状は値上がりの目はありません。レアルはコモデティ相場からの影響が非常に強い通貨です、原油価格だけでなく、できるだけ多くの商品市況に目を光らせていきたいものです。


★トレードアイデア
・特になし

正直ちょっとこの通貨を「買う」には勇気がいる状況とは思えます。将来的には有望な通貨です、半年後には、是非是非対アメリカドルあたりで「買い」を狙える展開になればと期待します。


| 為替予想 2016前 | 21:59 | comments(0) | - |
<< カナダドル(CAD)為替予想2016前半 | main | メキシコペソ(MXN)為替予想2016前半 >>









■ LATEST ENTRIES
■ CATEGORIES
■ ARCHIVES
■ SEARCH
■ LINKS
■ PROFILE