KAWASE BIIKI

メキシコペソ(MXN)為替予想2016前半

【MXN】
★総評 「やや弱い」  最後の我慢。
メキシコペソは下落予想です。「買い」推奨の記事を書いたような記憶もありますが、忘れたことにして下落予想です。2015年は年初から原油価格と共に下落、秋に息を吹き返しましたが、12月は弱い動きになりました。水準は低めのため長期的に見て買いたい通貨ですが、しばらくは我慢です。

経済は、安定やや低迷といったところ。失業率は低下傾向も、貿易収支がやや悪化しています。株式相場がややバブルといった噂がありますが、確認はとれていません。原油価格の影響を強く言われますが、輸出価格の7割強が工業製品の工業国です。自動車・家電などの生産基地になっています。当然アメリカへの輸出がほとんどです。アメリカの個人消費が拡大するようであれば、恩恵を受けそうです。
問題の石油産業は、生産コストが高いようで、採算割れを起こしていると考えられています。現在の原油価格は長引きそうなため、産業の縮小も予想されます。アメリカのシェール石油業界よりも、弱い産業基盤なのかもしれません。

金融政策は緊縮政策をとっています、アメリカの利上げの影響を受けやすい地理的な条件のため、為替価格維持のため政策でしょう。為替介入も視野に入れるなど、これ以上の為替下落は回避する意向のようです。

各種の指標を見る限り、新興国の中ではそれ程悪い値はないのですが、期待されていたほどは成長できなかった印象です。先進国入りが近いとされる、将来有望な国家です、今回の資源価格下落の影響を乗り越えてもらいたいものです。


★トレードアイデア
 ・特になし

直近は下落予想も、将来的には「買い」予想です。むしろ今すぐ買いたいところですが、現在の下落傾向の終わりを確認してからで間に合いそうです。我慢です。


| 為替予想 2016前 | 22:54 | comments(0) | - |
<< ブラジルレアル(BRL)為替予想2016前半 | main | 為替予想2016前半 まとめ >>









■ LATEST ENTRIES
■ CATEGORIES
■ ARCHIVES
■ SEARCH
■ LINKS
■ PROFILE