KAWASE BIIKI

為替予想2015年後半 結果と考察

2015年7月に行った、為替予想の結果です。とりあえず酷いです。

計算式
?結果 = (2015年12月の実質実効為替レート)  − ?(2015年6月の実質実効為替レート)

実質実効為替レート
 データ期間 1994年1月〜
 データ期間中の平均値を100とする。
 元データはBIS国際決済銀行から。


?予想
?? 結果?
 結果順位
予想のずれ?
1
?イギリスポンド??GBP?0.1?6-5
2?アメリカドル?USD?4.1?1?1
3?中国人民元?CNH?1.5?4?-1
4?ブラジルレアル?BRL?-11.6?18?-14
5?ユーロ?EUR?0.9?5?0
????
6?スウェーデンクローナ?SEK?1.6?3?3
7?メキシコペソ?MXN-4.1?13?-6
8?日本円?JPY?3.8?2?6
?ノルウェークローネ?NOK?-5.6?15?-6
10?ロシアルーブル?RUB?-17.0?19?-9
????
11?カナダドル?CAD?-8.3?16?-5
12?シンガポールドル?SGD?-2.2?10?2
13?ポーランドズロチ?PLN?-3.1?12?1
14?ハンガリーフォリント?HUF?-1.1?9?5
15?南アフリカランド?ZAR?-11.3?17?-2
????
16?スイスフラン?CHF?-4.5?14?2
17?トルコリラ?TRY??0.1?6?11
18?オーストラリアドル?AUD?-2.7?11?7
19?ニュージーランドドル?NZD??0.1?6?13

予想のずれの絶対値平均  5.2(※)

 ※ すべて予想通りの場合は 「0」 
  ? 最も大きく予想をはずした場合 「約9.4」 
  ? 平均 「約4.7」


先ず結果からですが、年後半はアメリカドルと日本円の2強でした。基本的には先進主要国通貨は堅調な展開です。イギリスポンドは、利上げ期待が遠のき、期待はずれ、ユーロは緩和政策が拡大されましたが、上昇しました。下落した通貨では、ロシアルーブル・ブラジルレアル・南アフリカランドといった、資源新興国がが大幅に下落しています。その他にも、産油国通貨は総じて下落、原油価格の下落の影響が大きかったのが分かります。オセアニア通貨とトルコリラは10月頃から上昇しています。ヨーロッパや日本からのキャリートレード狙った資金が流入したものと思われます。新興国が全体的に下落しているため、アメリカの利上げの影響や、人民元のレート変更の影響はあったと推測できますが、原油価格の影響が、より大きく反映されていると考えられます。


私の予想のほうですが、相当酷い結果です。予想のずれが平均以上になっていて、つまり、予想しないほうが良かったという結果です。原油価格を中心とした、コモディティ価格の下落の影響を、まったく予想できていません。また、オセアニア通貨とトルコリラの動きには、ついていけない予想でした。アメリカの利上げなどの金融政策を意識しすぎている他、リスクオンの場合の資金の動きが、分かっていないようです。厳しい結果になりました。反省しなければいけません。


今後も半期ごとの通貨予想を続けたいと思います。これからもよろしくお願いします。


| 為替予想 2015後 | 11:20 | comments(0) | - |
<< 実質実効為替レート2015年12月 | main | 世界の原油需給の推移 >>









■ LATEST ENTRIES
■ CATEGORIES
■ ARCHIVES
■ SEARCH
■ LINKS
■ PROFILE