KAWASE BIIKI

ユーロ(EUR)為替予想2017後半

ユーロ(EUR)

★総評 強い

2017年前半は多少は上昇しましたが、まだ安値圏で上昇余地はありそうです。上昇のきっかけを待っている状態です。ただ今すぐ上昇するという理由は弱く、もどかしい展開になるかもしれません。

 

ユーロ圏経済は好調です。安定した経済成長が続いていて、失業率もようやく9%程度まで低下しました。ユーロ圏内での失業率格差も縮まって来ています。貿易収支・経常収支は共に大きめな黒字を保っています。世界経済の拡大にともない輸出が堅調です。エネルギー資源価格の下落も好調な貿易を後押ししてくれることになりそうです。一部ドイツ国内などからユーロが安すぎるから、経常黒字が大きくなっているという声が上がっているように、ユーロの水準は現在の貿易環境とは適合していないと考えられます。

各国の選挙・テロ・移民・英国のEU離脱など、ユーロ圏内部や周辺地域での問題は続いていますが、経済的には比較的安定した状態が保たれそうです。イタリアなどの金融機関などの問題も最近は聞かなくなりました。

 

金融政策は緩和的なものが継続しています。経済は好調ですが、ドラギ総裁の発言を聞く限りは、金融政策の変更は、まだ先と思われます。ECBが注目するコアインフレ率も目標までは遠く、緩和的な金融政策は継続されることになりそうです。

 

 

★トレードアイデア

・EUR/USD L

 

ユーロドルの買いが、全通貨ペアの中で一番安全かなと思っています。ここから一年程度はこの組み合わせを軸にしていきたいです。どちらも大きな通貨のため急に動くことは少ないでしょうが、方向性が出れば、長く続くものと思われます。その他の通貨とでも、ユーロは買い目線でいいと思います。

| 為替予想 2017後 | 07:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< 中国人民元(CNY)為替予想2017後半 | main | イギリスポンド(GBP)為替予想2017後半 >>









http://kawase-biiki.com/trackback/879
■ LATEST ENTRIES
■ CATEGORIES
■ ARCHIVES
■ SEARCH
■ LINKS
■ PROFILE