KAWASE BIIKI

アメリカドル(USD)為替予想2017後半

アメリカドル(USD)

★総評 やや弱い

昨年の大統領選挙後に急騰したアメリカドルですが、今年に入ってからはやや弱めの動き、この動きがしばらく続くとみています。水準的にも割高感があり、ここから昨年の上値越えを目指すのは厳しそうです。ただ急落するような材料もないため、徐々に下値を切り下げる展開か、レンジ相場のような展開が予想され、値動きは少ないと考えています。

 

アメリカ景気は悪くありません。経済成長も安定していて、雇用も完全雇用状態といえます。雇用の安定は長続きしそうです。

貿易は赤字幅が拡大しています。為替が強く動いていたこともあり、貿易・経常収支共に悪化中。輸入が増えているようですが、品目までは追えていません。トランプ大統領が進める、NAFTAの再交渉の話などは、最近あまり入ってきておらず、影響は無い状況です。アメリカは、エネルギー資源の純輸入量が少ない(輸出輸入額が拮抗している)ため、直近のエネルギー資源価格の下落の恩恵も無いのが厳しいところです。シェールガス・オイルの他、メキシコ湾岸油田の採掘量も増えているとのことなので、エネルギー資源純輸出国になるのも近いかもしれません。

債務に関しては、政府・民間・個人共に増加中です。民間・個人の債務水準は、まだリーマンショック前と比べるとかなり低い水準です。当時に比べると、銀行の貸し出し基準が厳しいのでしょうが、それでも貸し出し余力は十分にあると思われ、債務の増加はしばらくは続きそうです。

住宅価格に関しても、新築・中古共に上昇中、一部都市部を中心にバブルの雰囲気もありますが、他の国の水準に比べれば、それ程大きな問題にはならないとみています。

最近の指標で、個人消費に関する指標でいくつか弱めの値が出てきています。この辺りの指標改善が頭打ちになったり、下落が鮮明になった場合が、景気循環の転換点のような気がします。この半年では無いと思いますが、来年辺りがピークになる可能性はありそうです。

 

注目のFRBは、順調に利上げを行っている最中です。年後半に一回の利上げが予想されている状況で、問題なく行われるとみています。議論はあるでしょうが、バランスシートの縮小と併せて、イエレン議長の計画通りに進んでいくと予想します。

インフレ率は、このところ上昇傾向でしたが、直近の値が低いため、低インフレに戻る可能性が高そうです。そうなった場合、利上げと併せて、金融政策の緊縮化が一気に進むことになりそうです。

 

 

★トレードアイデア

・EUR/USD L

 

中長期で下方向に見ているのですが、利上げ局面ということもあり、実際にどう動くかは難しいところ、まだ機が熟していない雰囲気です。あまり動かないことを前提に、長期のポジションを仕込むときなのかもしれません。どちらにせよ、上を目指す動きは、あまり気にしなくて良いと思います。

 

| 為替予想 2017後 | 06:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< 南アフリカランド(ZAR)為替予想2017後半 | main | カナダドル(CAD)為替予想2017後半 >>









http://kawase-biiki.com/trackback/887
■ LATEST ENTRIES
■ CATEGORIES
■ ARCHIVES
■ SEARCH
■ LINKS
■ PROFILE