KAWASE BIIKI

為替予想2017後半 まとめ

2017年後半の為替予想のまとめです。

 

★ 強い  ユーロ  ブラジルレアル
★ やや強い  日本円  ポーランドズロチ
★ 中立  オーストラリアドル  南アフリカランド  メキシコペソ
★ やや弱い  ニュージーランドドル  中国人民元  イギリスポンド
 ノルウェークローネ  トルコリラ  アメリカドル
 カナダドル
★ 弱い  ロシアルーブル

 

★想定環境

・原油価格 WTI 35~55ドル/バレル。

・FRBは今年はあと1回利上げ、来年3回という市場予想は変わらず。

・ECBのテーパリングは始まらないが、来年開始に向け、地ならしがされる。

・エネルギー以外の資源価格には大きな動きは少ない。やや上向きな動き。

・世界的にリスクオンムードが続く、株価が上昇・債務残高の増加・住宅価格の上昇が続く、個人消費も堅調も、一部先進国で頭打ち感が出る。

 

 

全体的に動意に欠ける静かな相場になると予想します。ユーロが強く、アメリカドルが弱いという展開が基本です。産油国通貨に関しましては、原油価格次第なのでなんともいえませんが、弱めに予想しました。また変更するかもしれません。

 

ベースとなるのは世界経済の強さなのですが、その中でもヨーロッパ経済の強さが再認識されると思います。数年来底値水準のユーロが反発し、そのカウンターとしてアメリカドルが売られやすい展開です。ユーロドルの上昇に関しては、年前半からの流れが続くだけなのですが、より方向感が明確になると予想します。

 

新興国では、割安なのはブラジルレアル、景況感ではポーランドズロチと、ここには書かれていませんが、ハンガリーフォリント(HUF)の東欧コンビの買いを推奨します。ヨーロッパ経済の回復と、エネルギー資源価格の下落の恩恵が受けられそうです。

 

 

 

★トレードアイデア

・EUR/USD L

・USD/BRL S

・USD/HUF S

 

ユーロドルのロングが基本です。売りで持つ通貨がアメリカドルだけでバランスの悪いポートフォリオになっています。

実際には、「売り」でイギリスポンドや中国人民元・トルコリラ辺りを混ぜてみたいところです。年前半と同じように、「買い」で持つ通貨はアメリカドルストレートで、「売り」で持つ通貨は、クロスユーロで持つのが安全と思われます。

 

 

| 為替予想 2017後 | 07:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< ブラジルレアル(BRL)為替予想2017後半 | main | ユーロキャリートレードの巻き戻しに注意 >>









http://www.kawase-biiki.com/trackback/891
■ LATEST ENTRIES
■ CATEGORIES
■ ARCHIVES
■ SEARCH
■ LINKS
■ PROFILE