KAWASE BIIKI

ユーロキャリートレードの巻き戻しに注意

ユーロが先週の上昇後も底堅い動き、底値圏を脱しつつある状況です。

 

ユーロインデックスは年初来9%程の上昇、先週の上げ幅は3%程度となっています。理由としてはご存じの通り、ECBのドラギ総裁が金融政策を緊縮的なものに方向転換するような発言をした、というのが大きいようです。(個人的にはそうは聞こえなかったのですが・・・)現状のユーロ圏経済を見ても、金融政策の緊縮化は妥当性がありますし、ここから、さらなる緩和の方向に進む可能性は無く、ユーロを買いやすい状況になっています。

ユーロ圏の経常収支はGDP比3%強の黒字と堅調のため、水準的にもここから通貨を下落させる理由がありません。

 

 

しかし、そうなりますと気をつけなければならないのは、キャリートレードの巻き戻しです。

リーマンショック後、先進国の金融緩和を受けて、投資資金が新興国に流れています。低金利の先進国で資金を調達し、名目高金利の新興国へ投資することをキャリートレードといいます。資金を調達する通貨としては、日本円・アメリカドル・ユーロなど、投資先はオセアニアやトルコ・南アフリカ・ロシア・メキシコ・ブラジル等々の高金利債券です。

アメリカのテーパリング開始後は、資金調達通貨としてのアメリカドルが減少したため、ユーロの割合が増えることになりました。そしてこの投資された資金が、ECBの金融政策の変更を受け、新興国から巻き戻ってくる可能性があるということです。

 

現在の金融市場はどちらかというリスク選好(リスクオン)の流れのため、新興市場からの巻き戻りは、まだ少ないと思われます。それでも、資金調達通貨をユーロから日本円等他の低金利通貨へ変更する動きは、あるかもしれません。その場合はユーロ高、日本円安になると考えられます。

ここから、実際にFRB・ECBの米欧中央銀行が緊縮政策を続けるとなると、新興国との名目金利差が縮小する(思惑が増える)ため、新興国からの資金移動が増加します。この場合の通貨の動きは、ユーロ高・新興国通貨安です。特に経常赤字の新興国場合、経常赤字分と、資金の流出が重なるため、下落が急なることが予想されます。これからの時期、経常赤字の新興国通貨を買うことは、ほぼタブーと言って良いでしょう。

そして来年以降、アメリカFRBの政策金利が何らかの理由で上昇できないようになりますと、アメリカドルも弱くなり、ユーロの独歩高の可能性も考えられます。

 

米欧が緊縮政策 +  リスクオン =   日本円(JPY)安
米欧が緊縮政策 +  リスクオフ =   新興国通貨安
欧州が緊縮政策 +   米国の金利が上昇しない =   アメリカドル(USD)安

 

 

キャリートレードの巻き戻しは、タイミングの見極めがものすごく困難な上に、ボラティリティが大きくなる傾向があり、相当な注意が必要です。これまで資金が入ってきている新興国がどこなのか、経常収支の値はどうなっているのかなど、今一度確かめたほうが良いのでしょう。

今一番安全な通貨は、間違えなくユーロです。足下で大きく上昇したため、一度調整はあるかもしれませんが、中長期で見た場合、これほど理想的な位置にあるのは珍しいことです。とりあえずユーロを買う場合に、どの通貨を売りで持つのか、それを考えることが、ここからの投資戦略の基本になると思われます。

 

| コラム | 14:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< 為替予想2017後半 まとめ | main | 原油価格はしばらくは上値が重い展開が続く >>









http://www.kawase-biiki.com/trackback/892
■ LATEST ENTRIES
■ CATEGORIES
■ ARCHIVES
■ SEARCH
■ LINKS
■ PROFILE