KAWASE BIIKI

実質実効為替レート2017年6月

2017年6月の実質実効為替レートです。
    2017.7   2016.12比
・ アジア・オセアニア
   日本円 【JPY】       76.0 0.7%
   オーストラリアドル 【AUD】 107.6 0.0%
   ニュージーランドドル 【NZD】 111.6 -1.0%
   中国人民元 【CNY】 121.8 -4.2%
  
・ ヨーロッパ・その他
   ユーロ 【EUR】 92.3 1.8%
   イギリスポンド 【GBP】 84.2 -1.4%
   スイスフラン 【CHF】 108.7 0.6%
   スウェーデンクローナ 【SEK】 85.6 0.6%
   ノルウェークローネ 【NOK】 89.2 -2.9%
   ロシアルーブル 【RUB】 112.2 3.8%
   ポーランドズロチ 【PLN】 100.3 6.0%
   トルコリラ 【TRY】 94.5 -0.5%
   南アフリカランド 【ZAR】 89.6 4.9%
 
・ 北アメリカ・中南米
   アメリカドル 【USA】 104.6 -4.6%
   カナダドル 【CAD】 93.4 -1.0%
   メキシコペソ 【MXN】 82.5 9.7%
   ブラジルレアル 【BRL】 100.5 -2.4%
 
データ期間 1994年1月〜
データ期間中の平均値を100とする。
元データはBIS国際決済銀行から。
 
全体的に見て、小幅な値動きでした。といいますか、かなり小幅です。主要国通貨はほとんど動いていません。
 
最も上昇したのがメキシコペソですが、これは、昨年末頃には、アメリカ大統領選挙の余波を受け、メキシコペソが下落していたため、今年前半は、そこからの回復局面だったことで上昇したことが要因です。2番目はポーランドズロチ、次に南アフリカランドと続きます。新興国が伸びていたのですが、それ以外に、特に目立った特徴があるわけではありません。
 
下落では、アメリカドルが一番の下落となりました。それでも4.6%なのでそれ程大きな動きではありません。それに連られた形で中国人民元が下落しています。アメリカドルも大きな材料があったとは思いませんので、ファンダメンタルズに準じた動きと見て良いと思います。
 
産油国通貨はロシアルーブルは上昇しましたが、ノルウェークローネとカナダドルは下落と、マチマチの動きでした。原油価格の上値が重く、下落基調だったことが原因と思われます。
 
| 実質実効為替レート | 07:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< 私はジャネット・イエレンFRB議長を高く評価する | main | 世界経済3つのリスク >>









http://kawase-biiki.com/trackback/897
■ LATEST ENTRIES
■ CATEGORIES
■ ARCHIVES
■ SEARCH
■ LINKS
■ PROFILE