KAWASE BIIKI

買いたい通貨・売りたい通貨2017・10

2017年も第3四半期が終了。一旦相場観などをまとめます。

 

世界経済は好調そのもの、新興国を中心に経済成長率が高く、世界的に失業率が下落するなど、世界的好景気といった様相です。

注意しなければならないのは世界的な債務水準の高さです。経済成長中の新興国で債務残高が増え、不良債権の増加が心配されます。先進国では、カナダやオーストラリアの債務水準(個人・民間企業)が危険水準にあり、なにかのきっけけがあった場合、金融機関の業績が著しく悪化する恐れがあります。

しかし、実際足下では、アメリカの株価も堅調のようなので、「バブルはまだまだまだまだ続きます。」というのが基本路線でしょうか。各国の中央銀行の金融政策も甘めなため、この景況感がしばらく続くのでしょう。次に金融危機とかバブル崩壊とか言われるのは1年以上先になりそうです。

 

為替に関しましては、基本的にはリスクオンの相場展開を予想。ユーロの上昇が一服し、全体的に材料不足の感があるため、年末にかけては動きが少ないと想定しています。

気になるのは、アメリカFRBのバランスシート縮小の影響です。アメリカドル買いの材料になると思います。規模的に大きいものでないですが、確実に相場に影響を与えることになりそうです。ただアメリカドルも、割高水準のため、買いで持つモチベーションは高くありません。

その他、材料になりそうなのは、原油価格の上昇でしょうか。原油価格がWTI1バレル=50ドル以上で安定してきたため、この辺を材料に為替予想をしていきたいところです。

 

 

▽買いたい通貨

 

★ロシアルーブル(RUB)

6月に弱気予想をした通貨ですが、「中立〜やや強い」位の評価へ上昇修正しました。当然原油上昇の恩恵を受ける通貨と言うことですが、水準的にはそれ程割安感はなく、どうかなといった雰囲気もあります。他の通貨(特に他の産油国通貨)の中で、買いやすい方かなといった印象です。

 

★日本円(JPY)

ユーロでも良かったのですが、あえて日本円で、中期的な安値水準と、直近の値下がりによって買うタイミングが北かなといった雰囲気です。下値は堅そうですが、上値も重い印象。原油価格の上昇もマイナス材料になり、注意は必要になりそうです。

 

 

 

▽売りたい通貨

 

★ニュージーランドドル(NZD)

カナダやオーストラリアと共に、債務残高の増加が心配されます。為替の水準が高いため、経常赤字が増加中、さらに(カナダやオーストラリアと異なり)原油価格の上昇も加わるため、中期的に厳しさが増してきそうです。まず個人消費に影響が出るでしょうから、その辺りの指標などを注視していきたいところです。

 

★トルコリラ(TRY)

ヨーロッパとの関係悪化から、経済が伸びきらない印象です。輸出が増えず、輸入が増加、経常収支が悪化傾向です。こちらもエネルギー資源輸入国であるため、原油価格上昇の影響が心配されます。

 

★イギリスポンド(GBP)

書くことがなくなったら、とりあえずイギリスポンドの売りを推奨して行くスタンスなので、とりあえず売っておけといった感じです。直近値上がりしたこともあり、タイミング的にも売りで入りやすいかなと思います。経常赤字が大きくなってきていて、現行の為替水準を維持するのが困難な状況です。まるで新興国のような扱いで申し訳ないですが、ここから弱い通貨の代表のような動きになるのではないでしょうか。

 

 

買いたい通貨を書くに苦労しました。リスクオン相場なので、経常黒字の新興国・資源国通貨というのがセオリーなのですが、あまりめぼしいものが見つからず、日本円と書いてしまった時点で、理屈は成り立っていません。

年初から中期以上でのボラティリティが低く、長期の投資家には厳しい相場環境になっています。「休むも相場」という格言がありますが、今がそういう時なんだと思います。ポジションを減らし、相場を眺めるのが得策なのかもしれません。

 

 

 

| コラム | 10:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< 原油価格の上昇と為替への影響 | main | 世界的な金融引き締めが新興国通貨の下落を誘う >>









http://kawase-biiki.com/trackback/908
■ LATEST ENTRIES
■ CATEGORIES
■ ARCHIVES
■ SEARCH
■ LINKS
■ PROFILE