KAWASE BIIKI

メキシコペソ 為替予想 2017年10月 くりっく365上場記念

本日、くりっく365にメキシコペソ/日本円(MXN/JPY)が上場します。それを記念してというほどではないですが、良い機会のようなので、メキシコペソの為替予想をします。

それにしても、東京金融取引所さんは、凄いタイミングで上場させたような気がします。

 

★総評 やや弱い。

メキシコペソはここからの下落を予想します。水準的にやや割高。短期的に急落する可能性は低いと思われますが、上昇する理由も弱いため、中長期的に徐々に下落していくと考えています。

2017年は年初に最安値を付け、そこからは実質実行ベース20%程の上昇と急回復しました。ここから上昇する可能性がないわけではないですが、その水準を長く維持するのは難しいと思われます。

 

★経済状況 マクロ指数等

メキシコ経済は好調です。失業率が3%台で安定、経済成長率はプラスを維持しています。しかし工業生産も個人消費も伸びているわけではなく、エネルギー産業に依存した成長になっています。貿易では貿易収支は大幅な赤字水準も、直近の経常収支が回復傾向にあるため、もうしばらく様子を見たいところ、アメリカとのNAFTA再交渉は懸念材料です。その他にも対外債務の増加、民間企業・消費者の債務の拡大、株価がややバブル水準、と長期的に顕在化しそうなリスクが積み重なっています。他の新興国と比較した場合、ものすごく悪い問いことは無いのですが、全体的にあまり良くない数字になっている印象です。

 

原油価格に関しては、2018年はWTI1バレル=60ドル程度を想定しています。メキシコ経済には好材料になりますが、交易条件が大幅に改善するほどでは無いと思われ、為替への影響も中程度を予想します。

 

★金融政策

政策金利はこれまでの6%台と高いインフレ率に対応するため、緊縮的な金融政策になっていました。インフレ率が下落傾向を見せ始めたため、ここからは利下げを行う可能性が高そうですが、利下げを急ぐ理由もないため、ゆっくり引き下げる動きになると予想しています。

 

 

★トレードアイデア

・MXN/EUR  S

・MXN/JPY  S

 

下落目線で見ていくのが基本になります。ペア相手はファンダメンタルズ的に強いユーロが最適になりそうです。ただせっかくなので、日本円とのペアでのショートもお勧めして良さそうです。ただし、メキシコペソをそこまで積極的にポジションを持つ必要は無いと思います。

主要国の金融政策が緊縮的に進む中で、新興国通貨はここからの期間、厳しい売り圧力にさらされることになります。こういった状況でポジションを取るならば、よりファンダメンタルズが悪い、トルコリラ辺りの売りの方が明確な動きになりやすいと予想されます。また、原油価格の上昇を予想する場合では、経常黒字国のロシアの通貨ロシアルーブルを買った方が、期待値は高くなります。

そういった意味で、メキシコペソはやや中途半端な位置にいるように感じられます。このタイミングで、メキシコペソを売り買いする必要性はあまり高く無さそうです。

 

 

| コラム | 05:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< 世界的な金融引き締めが新興国通貨の下落を誘う | main | トルコリラが下落した理由を考える >>









http://kawase-biiki.com/trackback/913
■ LATEST ENTRIES
■ CATEGORIES
■ ARCHIVES
■ SEARCH
■ LINKS
■ PROFILE