KAWASE BIIKI

トルコリラ(TRY) 為替予想2018前半

トルコリラ【TRY】

★総評 弱い

弱めな動きが続いていたトルコリラは、下落傾向が継続すると予想します。基本的な経済状態がものすごく悪い状態ですので、通貨が下落することが多少なりとも救いになればと思います。急落するかは不明ですが、長期的に下落するとみています。

 

★経済 マクロ指標

世界経済が成長する中で、取り残されているのがトルコ経済です。低成長と10%を超える失業率が重なるという厳しい経済環境になっています。周辺地域の成長による競争力の悪化に政治的な問題が絡み、ヨーロッパ圏との貿易が伸び悩んでいます。また個人消費が低迷し、内需主導の経済ともなっていません。貿易指標は、貿易収支・経常収支ともに大幅な赤字、通貨が下落している中で、貿易指標の改善が見られないというのは貿易環境が相当厳しいことを物語っています。

債務系の指標を見ると、個人・民間セクターともに債務水準が拡大中です。水準自体は直ちに危険なものではないと思われますが、経済の成長より、債務の伸びのほうがはるかに大きいため、どこかで調整が必要となっています。

 

★金融政策

インフレ率が12%を超え、さらに加速しているという状況ですが、政策金利は8%で動かず、かなり緩和的な金融政策となっています。インフレを放置し、債務者の保護をしているということですが、これは中央銀行の判断ではなく、政治的な判断です。こうした状況は2018年も続くと思われます。

 

★トレードアイデア

・EUR/TRY L

・TRY/JPY  S

現状では下方向目線でよい通貨です。主要国の金融政策の緊縮化のタイミングのため、為替相場が急激なリスクオフになる可能性もあります。そうなると対外債務が巨額なトルコでは、資金の流出が大きくなることが予想されます。この時期にトルコリラを「買い」で持つことはお勧めできません。

 

 

 

| 為替予想 2018前 | 12:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< ポーランドズロチ(PLN) 為替予想2018前半 | main | 南アフリカランド(ZAR) 為替予想2018前半 >>









http://kawase-biiki.com/trackback/929
■ LATEST ENTRIES
■ CATEGORIES
■ ARCHIVES
■ SEARCH
■ LINKS
■ PROFILE