KAWASE BIIKI

ブラジルレアル(BRL) 為替予想 2018前半

ブラジルレアル【BRL】

★総評 中立

2016年は大きな上昇も、2017年は小幅な動きになったブラジルレアルは中立予想とします。全体的にそれほど悪くはないけれど、強調できる材料もなく、資源価格次第の印象です。

 

★経済 マクロ指標など

ブラジル経済は回復基調にあります。2015年から8期連続でマイナス成長でしたが、2017年は1Qからプラス成長に回復、その後も低いながらも安定した成長を維持しています。失業率も12%台と高い水準ながら低下傾向を見せていて、これからの改善を期待させます。鉄鉱石や石炭などの資源価格の上昇が主な成長理由で、工場生産や内需主導の成長は遅れているようです。貿易指標を見ると、貿易収支は黒字、経常収支は赤字になっています。経常収支の赤字は縮小してきていて、利払いのための支出のため、これから金利が引き下がれば改善の余地はあります。

債務系の指標では、個人・民間セクターともにそれほどの水準でなく、差し迫った問題はないようです。民間セクターの債務が減少傾向にあるのが、ブラジル経済の特徴と思われます。

 

★金融政策

高インフレ対策として、緊縮的な金融政策を敷いているブラジル中銀ですが、ここにきて政策金利を急低下させています。インフレ率が2%台になっているため、これからも利下げが進んでいくものと考えられます。

 

★トレードアイデア

・USD/BRL S

特にポジションを持つべき水準とは思えませんが、持つならば上方向で見ていきたいところです。地理的な特異性が魅力で、アメリカドルを売りで持つ場合に、通貨を分散させたいのであれば選択肢に入れていもいいと思います。資源価格の動向は当然注目材料です。

 

| 為替予想 2018前 | 23:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< メキシコペソ(MXN) 為替予想2018前半 | main | 為替予想2018前半 まとめ >>









http://www.kawase-biiki.com/trackback/934
■ LATEST ENTRIES
■ CATEGORIES
■ ARCHIVES
■ SEARCH
■ LINKS
■ PROFILE