KAWASE BIIKI

買いたい通貨・売りたい通貨2018年3月

【為替予想2018年 3月〜】

 

★強い   ・ユーロ

 

★やや強い ・日本円(▼)          ・ロシアルーブル        ・ポーランドズロチ

 

★中立   ・オーストラリアドル(▼)   ・中国人民元(△)       ・南アフリカランド

     ・ブラジルレアル

     

★やや弱い ・イギリスポンド  (▼)                ・ノルウェークローネ(△)   ・アメリカドル

      ・メキシコペソ         

 

★弱い   ・ニュージーランドドル     ・トルコリラ          ・カナダドル(▼)

 

 

・強い    今後半年〜1年で、実質実効為替レートが  +15% 〜

・やや強い  今後半年〜1年で、実質実効為替レートが  +5% 〜 +15%

・中立    今後半年〜1年で、実質実効為替レートが  - 5% 〜 +5%

・やや弱い  今後半年〜1年で、実質実効為替レートが  - 5% 〜 -15%

・弱い    今後半年〜1年で、実質実効為替レートが  -15% 〜

  

(△)は、昨年末の予想と比べ、予想を改善させた通貨。

(▼)は、昨年末の予想に比べ、予想を悪化させた通貨。

 

日本円の予想変更ですが、これはここまで日本円が上昇してきたことを反映した結果で、日本円のファンダメンタルズが為替の上昇以外の部分で悪化したわけではありません。その他の通貨の予想は直近の経済指標などを考慮しています。オーストラリアやカナダはなにか良くない雰囲気が出てきています。

 

 

2018年の為替市場は昨年までと打って変わって、ボラティリティが出てやや忙しい展開です。1月はユーロが上昇し米国ドルが下落、2月以降は日本円が上昇し、新興国・資源国通貨が大きく売られました。2月以降米国ドルの動きが鈍くなっていて、日本円が為替市場全体を主導した動きになっています。

2月の米国株の下落から、金融市場全体がややリスクオフムードになり、直近の米国の貿易関税の話題からそのリスクオフが強まったといった印象です。FRBのバランスシート縮小を相まって、新興国通貨には厳しい相場環境となっています。キャリートレードの巻き戻しが起こっているといっても良いと思います。

 

今後の予想ですが、全体としては現在のリスクオフの相場環境が続くと予想します。米国の株価の影響とFRBのバランスシート縮小の影響が大きく、金融資産を縮小する動き、新興国から資金を引き揚げる動きはしばらく継続することになりそうです。

そのため為替市場では、日本円高、新興国通貨安が基本的な予想となります。その中で、割安感が強いユーロと、今回の問題の震源地である米国の通貨ドルが、いつ動き出すのかがポイントになりそうです。この米国ドルが大きく下落するようですと、市場全体の動きが大きくなり、ユーロは当然大きく上昇することになるでしょうが、新興国通貨も、上昇する可能性が出てきそうです。

注目は世界各国の金利状況です。米国が粛々と利上げを続ける中、その他の国の中央銀行がどのように動くのか、特に、民間・個人の債務額が大きくなっているカナダやオーストラリアの動向が気になるところです。さらに、好調なユーロ圏経済の中で、ECBの量的緩和縮小・利上げの話題も注目を浴びる機会が増えることになりそうです。

 

 

| コラム | 12:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< 実質実効為替レートの回帰性に関するよくある勘違い | main | 各国の石油輸出入・天然ガス輸出入・経常収支一覧 >>









http://www.kawase-biiki.com/trackback/941
■ LATEST ENTRIES
■ CATEGORIES
■ ARCHIVES
■ SEARCH
■ LINKS
■ PROFILE