KAWASE BIIKI

2018年上半期まとめと下半期の見通し

まずは上半期のおさらいから。

 

年初の為替市場は、米国ドル安・ユーロ高で始まりました。2月中旬まではこの動きが続き、その後値動きが縮小、レンジ相場になります。レンジ相場は2ヶ月ほど続いたのですが、4月に入り急に動きが出てきます。米国ドルが上昇、ユーロと新興国通貨が急な下落とないります。結局、上半期全体を見ますと、米国ドル高・ヨーロッパ通貨・新興国資源国通貨安で終了しそうな感じです。

米国ドルは上下に動いたため、値幅はあったのですが、現在の米国ドルの水準は昨年末と比べ、2〜3%程度高とそれ程大きな動きにはなっていません。主要国通貨では日本円が3月まで上昇も、その後下落。イギリスポンドは4月頃まで堅調も、その後下落と、4月頃を境目に「往って来い」の動きになっています。

より大きく動いたのは、新興国通貨で、トルコリラ・メキシコペソ等、個人投資家に人気の通貨で、大幅な下落が見られました。直近では南アフリカランドも下落基調を示しています。

また、原油価格が昨年後半から大幅に上昇していますが、産油国通貨はロシアルーブル・ノルウェークローネ・カナダドル・メキシコペソと対米国ドルで全ての通貨が値下がりとなりました。こちらはやや意外な感じがします。

 

上半期の為替市場がこのような動きになった要因は大きく2つです。米国FRBのバランスシート縮小に伴う、米国長期債の金利上昇。そして昨年後半から積み上がっていた、ユーロの投機筋ロングポジション(米国ドルのショートポジション)の解消です。

特に、ERBのバランスシートの縮小は徐々に加速していて、これが新興国通貨に与えた影響は相当大きかったと考えられます。

 

この半年の相場は、後から考察する分には分かり易い相場だったのですが、実際の値動きを見ている時には、理解しづらい動きも多く、面倒くさい相場環境だと思えていました。主要国通貨間の値幅がそれ程大きくなく、どの通貨をベースで考えれば良いのか、常に迷わされる値動きでありました。一番シンプルな動きだったのは、新興国通貨の下落で、この動きを狙うというのが正解であったと思われます。個人的にはユーロの上昇予想をしていたので、これが大きく外れた時点で、様子見を決め込むという状況となっていました。

 

 

下半期の予想ですが、こちらも難解です。

基本的には、上半期の相場と同様、新興国通貨の下落を狙うのが一番確実性が高いと予想します。

 

年後半のスケジュールで、為替市場への影響が大きそうなものが、7月のFRBのバランスシート縮小の加速(資産売却の拡大)と、9月のECBの量的緩和の縮小です。ここにさらに、FRBは2回の利上げが想定されることから、市場全体が緊縮的な動きになることが想定されます。

 

そうなりますと、やはり厳しいのは新興国資源国通貨です。ファンダメンタルズが良くない、トルコリラ・ニュージーランドドル辺りを中心に下落が予想されます。

主要国通貨では、日本円が手堅い動きになりそうですが、決め手に欠けます。相場の中心をになってほしい米国ドルは、ここから上抜ける力は小さいのですが、下落する理由も無いため、なんともいえない動きになりそうです。

 

世界経済が堅調なため、急な全面リスクオフのような動きにはならないと思われます。それでも、個別に新興国・資源国通貨で大きな下落になるもの出てくるのではないでしょうか。株式市場や債券市場を見ながら、世界全体の動きをじっくりと観察していたいところです。

ここからの為替相場は、経常赤字の国の通貨は絶対ダメ、(国債格付けが低いような)新興国の通貨は絶対ダメという、ある意味分かり易いといえば、分かり易い相場になると思われます。主要国通貨感の値動きは小さいかもしれないため、新興国通貨市場が主戦場になりそうです。

 

 

 

明日から、個別通貨の予想をしていきたいと思います。よろしくお願いいたします。

 

| コラム | 06:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< マンスリー為替レポート2018・5 | main | 日本円(JPY) 為替予想2018後半 >>









http://kawase-biiki.com/trackback/944
■ LATEST ENTRIES
■ CATEGORIES
■ ARCHIVES
■ SEARCH
■ LINKS
■ PROFILE