KAWASE BIIKI

南アフリカランド(ZAR) 為替予想2018後半

南アフリカランド(ZAR)為替予想2018後半

 

★総評【やや弱い】

昨年後半に大きく上昇した南アフリカランドですか、ここからは厳しい状況になると予想します。ファンダメンタルズも相場環境も南アフリカランドに対しての逆風となっていて、下落方向への予想をしなければならない状況であると感じます。

昨年の南アフリカランドの急上昇は、政治的な理由がきっかけでしたが、パラジウム価格が上昇したため、貿易指標が大きく改善するなど、裏付けのあるものでした。しかし、年明けに相場環境が一変します。主要国中央銀行の金融政策の緊縮化から、米国長期金利が上昇、これに伴い新興国から主要国へ資金の移動が強まりました。より信用力の低い国から資金が移動しやすいため、信用力の低い南アフリカにとっては厳しい環境となりました。また、長期金利が上がったことで、金利を生まない貴金属の価格が下落しやすい状況になり、これも南アフリカにとっては痛手となりました。

今後も、主要国中央銀行の金融政策が緊縮化が加速するため、南アフリカランドにとっては厳しい環境が予想されます。貴金属価格も下落しやすくなると考えられ、下押し圧力が強まりそうです。

 

 

★経済状況

南アフリカの経済状況は、よくありません。25%を超える失業率はいつものことなのですが、高い水準で維持されています。経済成長はマイナス成長となっています。

貿易指標を見ていきますと、貿易収支は基調は黒字ですが、単月で赤字も見られます。中期で見ての方向感は悪化中です。経常収支は大きな赤字が続いています。これらの値は、2015年辺りに比べますと良化しているのですが、足下での悪化傾向が気になりなるところです。主要輸出品である、プラチナ・パラジウムの価格が2018年に入ってから15%程下落していて、これが貿易収支を悪化させる要因になっています。また、エネルギー資源の輸入国であるため、原油価格の上昇はマイナス材料になっています。

債務についても全体的な債務水準は問題なさそうですが、政府債水準が上昇しているのが気になるところです。また、対外債務規模が増加していることも、この先問題になりになる可能性があります。

 

 

★金融政策

現在の政策金利は6.5%ですが、インフレ率が4%で安定しているため、もう一段落下落させる余地はあるとみています。経済状況が悪化しているため、緩和的なスタンスを採りたいところですが、為替下落とのバランスが難しいところかもしれません。

 

 

★トレードアイデア

・ZAR/JPY S

・EUR/ZAR L

 

下落を基本としてみていく通貨と思われます。足下の下落基調が続くとして、対日本円・対ユーロが安定感のあるポジションになりそうです。現在上昇する材料は乏しそうですが、急に上下する通貨のため、取り扱いは難しそうです。

 

 

 

| 為替予想 2018後 | 09:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< トルコリラ(TRY) 為替予想2018後半 | main | アメリカドル(USD) 為替予想2018後半 >>









http://www.kawase-biiki.com/trackback/955
■ LATEST ENTRIES
■ CATEGORIES
■ ARCHIVES
■ SEARCH
■ LINKS
■ PROFILE