KAWASE BIIKI

オーストラリアドル(AUD) 為替予想2019前半

オーストラリアドル(AUD)為替予想2019前半

 

★総評 【中立】 

半年〜1年で、実質実効為替レートが  - 5% 〜  + 5%

 

オーストラリアドルは予想が難しい状況、とりあえずの中立予想ですが上下大きく動く可能性があります。ファンダメンタルズは改善も、経済状況は先行き不安、金融政策もやや緩和的に動く可能性があり、強い予想は出来ませんでした。資源価格の動向は強気材料も、中国経済の先行きや、オーストラリア経済自体が弱気材料となっています。

現状水準から20%以上の下落をしたような場合では「買い」で良いと思われますが、現状ではあまり手を出したくないというのが本音であります。

 

 

★経済状況

オーストラリア経済は、足下好調、安定した経済成長と改善された失業率、2%前後のインフレ率といかにも好景気感がある数値になっています。資源価格(主に石炭や鉄鉱石・天然ガス)がやや上昇したため、貿易指標が改善、貿易収支はソコソコの規模の黒字、経常収支は赤字も値は改善しています。

オーストラリア経済で問題になるのは債務水準です。民間・個人ともに債務がほぼ限界まで積み上がっていて、債券市場の動向によっては、景気自体に大きな影響を与えそうです。

さらに、ついに下落が始まった住宅価格もオーストラリア経済のアキレス腱になる可能性があります。オーストラリアの個人消費は、住宅価格の上昇に伴う個人債務の増加が支えていた面があり、住宅価格が下落することにより、個人消費の落ち込みが懸念されます。元々オーストラリアの個人貯蓄率が低いため、借り入れが増やせない状況では、消費額は増加できなくなると思われます。

 

 

★金融政策

インフレ率が2%に近づいたため、利上げも検討されましたが、現状ではそうした期待はなくなっています。オーストラリア中銀が、民間・個人の債務水準を気にしている素振りがあり、金融政策が緊縮的に動く可能性は低いと思われます。次の金融政策の変更が利上げになるのか利下げになるのかは、意見が分かれるところでありますし、オーストラリアドルの行方も左右することになりそうです。

 

 

★トレードアイデア

・特になし

 

現状ではポジションを持つ必要を感じません。資源価格動向にもよりますが、長期的には上昇方向で見ていきたいと考えています。

 

 

| 為替予想 2019前半 | 13:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< 日本円(JPY) 為替予想2019前半 | main | ニュージーランドドル(NZD) 為替予想2019前半 >>









http://kawase-biiki.com/trackback/973
■ LATEST ENTRIES
■ CATEGORIES
■ ARCHIVES
■ SEARCH
■ LINKS
■ PROFILE