KAWASE BIIKI

カナダドル(CAD)  為替予想2019前半

カナダドル 為替予想2018前よ

 

★総評 【中立】

半年〜1年で、実質実効為替レートが  - 5% 〜  + 5%

 

カナダドルは中立と言いますか、予想が難しい状態である思っています。現在水準は足下で下落している分も考慮するとほぼ適切、ファンダメンタルズの方向性もやや悪化方向も、中期で改善していただけにどうなるか判断が付きかねます。上昇する可能性は少ないとみていて、徐々に下落するか、現状維持水準ぐらいが妥当と考えています。

 

 

★経済状況

カナダ経済はしっかりとした状況。経済成長率は1%台、失業率は20年来の低さまで下落しています。2018年年央に一時3%まで上昇したインフレ率は足下では低下中、直近で個人消費が伸び悩んでいることが不安材料になります。

貿易指標は、貿易収支は小幅赤字、経常収支は赤字になっています。赤字幅は直近少し拡大しています。原油の輸出国であるため、この辺りの価格変動が2019年の指標には影響が出てくると考えられます。貿易量自体は輸出・輸入共に大きくなっています。

債務水準を見ますと、民間企業も個人も高い水準を維持、リスクが高い状態です。住宅価格の下落が始まったことも含め、オーストラリアの状況と酷似しています。対外債務は水準が高いことと金額がさらに伸びていることが問題になりそうです。

 

 

★金融政策

カナダ中銀は2017年から5回利上げを行っています。現在の値は1.75%となっていて、中立的な水準と思われます。信用の伸びとインフレ率の高騰を危惧しているようで、2019年以降も井揚を予定しています。足下でインフレ率が落ち着いてきたため、今後の方向性に変化が見られる可能性は高そうです。

 

 

★トレードアイデア

・特になし

 

将来的には下落目線で、短期的にそれ程下落する可能性はないと思っているのですが、落ち始めたらついて行った方が吉なのかもしれません。難しいところです。

 

 

| 為替予想 2019前半 | 08:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< アメリカドル(USD) 為替予想2019前半 | main | メキシコペソ(MXN) 為替予想2019前半 >>









http://kawase-biiki.com/trackback/985
■ LATEST ENTRIES
■ CATEGORIES
■ ARCHIVES
■ SEARCH
■ LINKS
■ PROFILE