KAWASE BIIKI

ファンダメンタルズ分析2-1 「為替と物価変動」

ファンダメンタルズ分析 2−1

「為替と物価変動」

 

 

通貨の基本的性質として、通貨と物価には、

「物価が上昇すると、上昇した物価の分だけ通貨価値が下落し、

逆に物価が下落すると、下落した物価の分だけ通貨価値が上昇する。」

という関係があります。

 

(需給が変化せず)物価が2倍になった場合に、同じ量の通貨では半分のものしか買えなくなる(通貨の価値が半分になっている)と考えれば分かり易いと思います。このような性質があるため、インフレ率の高い国通貨は下落しやすく、インフレ率の低い国の通貨は上昇しやすくなります。

 

 

 

・金利とスワップポイント

 

このように通貨には、物価変動により価値が変動するという性質があります。しかしこれは通貨を長期で保有する場合にはその価値を維持させることが困難になると言うことを表しています。そのため、通貨は保有者に物価変動分の利息を付与することによって通貨の価値の保持を可能にしています。

例えば、インフレ率10%の通貨に10%の利息を付与することで価値を保存させるということです。

これは、「10%のインフレにより通貨そのものの価値が10%下落するけれど、利息を10%付与することで、その下落分穴埋めをしてくれますよ。」という意味になります。

 

為替取引(FX)では、この物価変動に対する金利付与をスワップポイントという仕組みで実現しています。

「買い」ポジションに金利分のスワップポイントを付与、「売り」ポジションからは金利分のスワップポイントを徴収することで物価変動による通貨価値の変動に対応しているのです。

逆にいいますと、スワップポイントは物価変動による通貨価値を補正するための仕組みであり、これによって為替取引において損得が発生することはないということになります。

 

このような仕組みが備わっているため、為替取引においては、

「本質的には高金利通貨も低金利通貨も存在しない」

(高金利通貨は、高いスワップポイントがもらえるが、その分理論的価値が減少する。逆に低金利通貨はスワップポイントは少ないが、理論的な価値の減少が少ない。)

ということになり、これは大変重要な概念になります。

 

 

 

・実質金利と政策金利

 

しかし実際には、インフレ率と金利を全く同じにすることは困難なため、インフレ率と金利には差ができてしまいます。このインフレ率と実際に付与される利息の差を「実質金利」と言います。付与される金利の基準は、各国の中央銀行が決定し、「政策金利」と呼ばれます。

 

「実質金利」 = 「政策金利」 ー 「期待インフレ率」

 

この実質金利がプラスの場合はその通貨を保有していると利息による収益を得ることができ、マイナスの通貨を保有する場合は損失が出ることになります。

 

| ファンダメンタルズ分析 | 22:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< ファンダメンタルズ分析 2 - 2 「実質実効為替レート」 | main | ファンダメンタルズ分析1 「概要」 >>









http://kawase-biiki.com/trackback/991
■ LATEST ENTRIES
■ CATEGORIES
■ ARCHIVES
■ SEARCH
■ LINKS
■ PROFILE