KAWASE BIIKI

2018年8月10日のトルコリラ下落を考察する

8月10日にトルコリラが大きく下落しました。

この理由を考察します。

 

今回の下落に関しては、

問1 「なぜ、トルコリラは下落しているのか。」

問2 「なぜ、2018年はトルコリラの下落幅が大きいのか。」

問3 「なぜ、2018年8月10日にトルコリラが大きく下落したのか。」

の三つに分けて解説していきます。

 

本題に入る前に「通貨と物価」の関係についておさらいしておきます。

「通貨は、物価が上昇すると下落し、逆に物価が下落すると、通貨が上昇する」という関係があります。これは、(需給が変化せず)物価が2倍になった場合に、通貨側から見た場合、通貨の価値が半分になっていると考えれば分かり易いと思います。

 

このように通貨は、自然と価値が変動してしまうため、その価値を保存することが困難になります。そのため、物価変動分の利息を付与することによって通貨の価値の保持を可能にしています。つまり、インフレ率10%の通貨に10%の利息を付与することで価値を保存させるということです。これは、「インフレにより通貨そのものの価値が10%下落するけれど、利息を10%付与することで、その穴埋めをしてくれますよ。」という意味です。

 

このような仕組みが備わっているため、為替取引という視点で見た場合では、

「高金利通貨も低金利通貨も存在せず、全ての通貨は損得のない対等な関係である」

ということになります。これは為替の基本のひとつになります。

 

超長期(数十年)単位でトルコリラの下落が続いているというのは、トルコは長年にわたりインフレ率が高い状態が続いているからです。ただし、このところのトルコリラは、このインフレ率を調整したレートで見た場合でも、価格の下落が続いています。これは、為替に物価以外の価格変動要因が関わっているためです。今回はその辺りを解説していきたいと思います。

 

 

 

それでは本題に入ります。

まず、一般的な資金の流れを単純化して、貿易と投資の2種類とし、以下のように分けます。

 

★貿易

・入ってくる資金   嵳⊇弌

・出ていく資金   ◆嵳入」

 

★投資

・入ってくる資金  「海外からの投資」

・出ていく資金   ぁ岾こ阿悗諒嶌僉

 

トルコの場合、貿易赤字国のため、 嵳⊇弌弑盂曚茲蠅癲↓◆嵳入」金額の方が大きく、その貿易赤字を穴埋めしてきたのが、「海外からの投資」になっています。この海外からの投資は、トルコ国債や企業の社債、為替市場(FX)からの流入などがあります。

「海外からの投資」は基本的には債務のため、いつかは返さなければならないお金です。現状ではこの債務が増え、「入ってくる資金」と「出ていく資金」がつり合っているため、実質的にはトルコに資金が入っていない状態になっています。(2009年頃から投資資金は飽和していると推測されます)

 

トルコの貿易を見ていきます。

トルコは輸出産業は、自動車・自動車部品・機械機器・貴金属・衣料品・鉄鋼・食品などで、輸出先はEU圏内が5割を占めます。

また、サービス業として、観光による外貨獲得の割合が高いのが特徴になっています。

 

輸出量は伸びているのですが、伸び悩んでいます。

その理由としましては、

1.トルコ国内での人件費の高騰。

2.ECBの量的緩和に伴うユーロ安。

3.ハンガリー・チェコ・スロバキアといった東ヨーロッパ圏の国々との価格競争の激化。

4.2014年頃からの、テロやクーデター未遂による治安イメージ悪化からの観光収入の大幅減少。

等があります。

 

一方の輸入品は、機械機器・鉱物燃料・電気機器・自動車・自動車部品・鉄鋼・プラスチック製品などとなっています。

こちらは増加しています。

輸入が増加した背景には、

1.人口の増加(特に若い消費者の人口)。

2.エネルギー資源価格の高騰。

3.政府の経済政策による消費の活性化。

等が考えられます。

 

特に「3」については、GDP成長率がプラスに働くため、為替の上昇を連想させますが、実際には輸入が増加するため、為替を下落させる効果があります。「経済が成長することは、為替にとって上昇材料ではない。」ということは覚えておく必要があるでしょう。

 

トルコの貿易で興味深いのは、輸出は(米国ドルベースでも)増加しているにも関わらず、輸入がより速く増加したため、貿易赤字が増加しているという点です。

この辺りについては、トルコの国内政治にも関わるため難しいのですが、ちょっと「国民に贅沢させすぎてしまったな」位のイメージで良いと思います。

 

つまりトルコは、 嵳⊇弌廚伸び悩み、◆嵳入」が増加、「海外からの投資」はすでに飽和状態で、利払いの増加からぁ岾こ阿悗諒嶌僉廚増加している、という全方位で通貨が下落しやすい状態であったということです。特にトルコの場合は、貿易の赤字幅がかなり大きく、海外からの投資資金で賄いきれなくなるのは明らかでした。トルコリラの下落は必然と言うことになります。

 

ここまでが、問1 の「なぜトルコリラは下落しているのか。」の答えになります。

 

 

 

それでは、問2 「なぜ2018年はトルコリラの下落幅が大きいのか。」ですが、

これは、主要国中央銀行の金融政策が緊縮化したことによって、金融市場に入ってくる資金が減少しているためとなります。

 

2017以降の主要国中央銀行の金融政策を見てみますと、

 

・米国FRB 政策金利の引き上げ6回(計1.5%)

       バランスシートの縮小(3ヶ月ごとに縮小幅を拡大)

・欧州ECB 債券の買い入れ額の縮小      

・日本日銀  債券の買い入れ額の縮小

       長期金利目標の柔軟化

 

と金融政策が緊縮化しています。

リーマンショック以降、主要国の中央銀行は金融政策を緩和的にし、金融市場に資金を供給してきましたが、この供給量が減少したり、引き揚げられているといった格好です。米国FRBのバランスシート縮小だけをみても、現在までに2000億米国ドル(22兆円)以上の資金が金融市場から引き揚げられていて、影響は大きくなっています。

 

金融市場に流入する資金が減少するため、当然金融商品の価格は下落しやすくなります。

特にこういった状態では、信用力の低い金融商品から順に、買い手がいなくなるため、トルコへの投資、トルコ側から見た場合の「海外からの投資」が大きく減少することとなりました。トルコリラはこの動きを受け、下げ幅を広げることとなりました。

アルゼンチン国債や仮想通貨が、昨年後半辺りからさえない動きになっているのも、同じ理由になります。

 

 

 

そして、問3 「なぜ2018年8月10日にトルコリラが大きく下落したのか。」といいますと、

これは、

・日本のお盆休み前で、欧州のバカンスシーズンで流動性が乏しかった。

・欧州金融機関におけるトルコへの融資の問題のニュースが流れた。

・米国の経済制裁。

と悪い条件が重なったためです。

 

ただ、実際のニュースは何でも良かったのだと思います。今まで解説してきたような理由のため、トルコリラは大きな下落を必要としていました、理由はいくらでも付けられたのです。現実では流動性が低くなるタイミングで下落するという、自然な動きになったということになります。

 

 

 

このように、トルコリラが下落した要因は複合的なものでした。一番影響が大きかったのは、主要国の金融政策の変更だと思われますが、本質はトルコの産業の弱さであり、海外からの資金に依存した経済システムが限界を迎えたのだと思われます。

貿易の強さが確立していない新興国通貨が、主要国の金融政策の緊縮化から下落するというのは、1990年代にアジア通貨危機がありますが、今回も同様のケースとみています。海外からの資金に依存した新興工業国が陥りやすい罠に、トルコも見事に嵌ってしまったのだと思われます。

 

今後のトルコリラの動きになりますが、今回急激な動きを見せたため、しばらくは不安定な動きが続くのではないかと思われます。しかし、そういった動きは意味のあるものではありません。

トルコリラにはまだ割高感が残っており、さらに主要国の金融政策の緊縮化はこれからも加速するため、中期的に下落すると予想します。トルコの輸出競争力の回復には、もう一段階・二段階の人件費の下落が必要になります。トルコリラが安定した動きを見せるのは少し先の話になりそうです。

 

 

 

その他の通貨の最新予想は→→ 「為替予想2018年後半」

 

ご意見ご感想質問等を、コメント欄またはtwitterでお待ちしております。是非ご利用ください。

 

 

| コラム | 09:18 | comments(0) | trackbacks(0) |

実質実効為替レート2018年6月

2018年6月の実質実効為替レートです。
    2018.6   2017.12比
・ アジア・オセアニア
   日本円 【JPY】       74.9 1.9%
   オーストラリアドル 【AUD】 103.8 -2.2%
   ニュージーランドドル 【NZD】 105.1 0.2%
   中国人民元 【CNY】 128.3 3.8%
  
・ ヨーロッパ・その他
   ユーロ 【EUR】 96.5 1.4%
   イギリスポンド 【GBP】 86.7 0.3%
   ノルウェークローネ 【NOK】 92.1 5.2%
   ロシアルーブル 【RUB】 102.0 -4.1%
   ポーランドズロチ 【PLN】 99.7 -2.5%
   トルコリラ 【TRY】 80.1 -9.9%
   南アフリカランド 【ZAR】 87.6 1.1%
 
・ 北アメリカ・中南米
   アメリカドル 【USA】 107.8 5.6%
   カナダドル 【CAD】 94.1 -1.8%
   メキシコペソ 【MXN】 76.7 -4.0%
   ブラジルレアル 【BRL】 97.0 -1.5%
 
データ期間 1994年1月〜
データ期間中の平均値を100とする。
元データはBIS国際決済銀行から。

 

 

2018年上半期の為替動向は、主要通貨が軒並みプラス、新興国・資源国通貨がマイナスと明暗がはっきりした動きになりました。値動きがおおきかった印象もありますが、全体としては小幅な動きにとどまっているようです。

 

上昇した通貨で目立つのは米国ドルです。5%を超える上昇を見せました。年初は弱い動きでしたが、3月頃から値を押し上げています。その他ユーロ・日本円・ポンドと人民元といった規模の大きな通貨も価格を上昇させています。

下落した通貨で目立つのは、やはりトルコリラでしょう、ほぼ1割の下落となります。主要国へ資金が流れる環境では、信用力の低い通貨は下落しやすくなります。ロシアルーブル・メキシコペソも、やや大きめな下落となりました。

 

 

| 実質実効為替レート | 09:01 | comments(0) | trackbacks(0) |

為替予想2018後半 まとめ

為替予想 2018後半

 

★強い ・なし
★やや強い ・日本円 ・ユーロ ・ノルウェークローネ
★中立 ・オーストラリアドル ・中国人民元 ・ロシアルーブル
・ポーランドズロチ ・アメリカドル ・ブラジルレアル
★やや弱い ・イギリスポンド ・南アフリカランド ・メキシコペソ
★弱い ・ニュージーランドドル ・トルコリラ ・カナダドル

 

 

★想定環境

・世界経済は堅調、経済成長は低成長も、失業率の下落が続く、ただし、ここまで程の勢いはない。

・原油価格は、WTI1バレル=65〜85ドルまで上昇。

・その他資源価格には大きな変動はない。

・アメリカFRBの利上げは2回、バランスシートの縮小は予定取り行う。ECBの量的緩和縮小も、予定通り行われる。

・イギリス・カナダの利上げが行われる。

・株式市場は上値の重い展開。資金流出が多い国では下落もある。

・債券市場は、全体的に価格が下落、金利が上昇する。

・中国で信用収縮が強まる他、世界中で不動産価格の上昇が弱まり、一部不動産の上昇が大きかった地域では、下落が進む。

 

 

下半期の大きなテーマは2つです。一つ目は、主要国中央銀行の金融政策の緊縮化です。アメリカFRB、ヨーロッパECBを中心に、金融政策の緊縮化が予定されており、これにより世界的に金融市場の流動性が減少することが予想されます。信用力が低い金融商品を中心に値を落とす可能性があります。またそういった商品が高レバレッジで保有されていた場合、売りが売りを呼ぶ展開になり、価格が急落することも考えられ注意が必要です。

もう一つは、足下で中国が通貨の切り下げを行うとの観測が出ていることです。中国人民元は、上半期は対米国ドルでは下落していたものの、実行レート(CFETS RMB INDEX)ベースでは上昇していて、中国当局も人民元高を容認していたと思われます。しかし、国内の資金の流動性が弱まったことを受け、通貨の切り下げ観測が出ているようです。実際先週の人民元の実効レートは下落しています。これはもう少し様子を見たい動きです。人民元の切り下げが続くとなれば、中国と関連が強い通貨を中心に影響がありそうです。

 

世界の経済状況は特に変化していないため、この半年で、なにかが起こるわけではないと考えています。どちらかというと、リスクオフ気味だけれど、値動きが無い状況というのが予想の中心です。そのため、各通貨の予想も中立のものが多くなっています。特に、ファンダメンタルズが良い通貨ほど、値動きが出にくいと思われます。

 

 

★トレードアイデア

・NZD/JPY S

・CAD/JPY S

・ZAR/JPY S

・EUR/TRY L

 

相場全体がリスクオフになりやすい環境のため、対リスクオフポジションを基本に。売りポジションは、ニュージーランドドル・カナダドル・南アフリカランド・トルコリラまで、イギリスポンドを入れるかどうかが迷うところ、買いポジションは日本円が最適と考えます。ユーロを買う場合は、ユーロの下落が終了し、上昇を確認できてからで良いでしょう。

トルコリラは、もしかしたら対ユーロで為替介入を行っている可能性があるため、そういった動きを見ながらの取引が理想となります。

 

| 為替予想 2018後 | 08:36 | comments(0) | trackbacks(0) |

ブラジルレアル(BRL) 為替予想2018後半

ブラジルレアル(BRL) 為替予想2018後半

 

★総評 【中立】

上半期大きく下落したブラジルレアルですが、ここからは、それ程大きくは下落しないかなとみています。もちろん足下では下落基調は続いているため、一度底値を確かめたいところ、上昇するのはもう少し先でしょうか。

2016年以降、ファンダメンタルズが大きく回復し、他の新興国資源国通貨と比較しても、良好な投資対象とみられます。ただ、米国経済への依存が高いため、米国ドルが高騰したり、米国へ資金が回帰している環境では、どうしても弱い値動きになりがちです。現在の相場環境はブラジルレアルにとっては厳しいものです。それでも、米国ドルが頭打ちになるようですと、上値の余地は残っているのではないでしょうか。もちろん産業構造が天然資源に依存している割合が高いため、そのあたりの価格変動リスクは考慮する必要はあります。

正直、現在のような、いつリスクオフが強まるか分からない相場環境でなければ、もう少し強気に予想しても良い通貨だと思っています。

 

 

★経済状況

ブラジル経済は回復局面ではあるのですが、弱い部分が残っている状態です。経済成長は小幅なプラス、失業率は12%台と高めな水準になっています。以前は二桁に乗せることもあったインフレ率が2%台で落ち着いてきています。

貿易指標は、貿易収支が黒字。経常収支は基調は赤字も、単季で黒字の月が出始めています。海外への利払いが多いブラジルで、経常黒字が出てきたということは、良い兆候と思われます。主要輸出品である、資源価格は鉱物資源は堅調も、食品資源価格は軟調な値動きとなっています。

債務関連では、政府債務残高はやや高めな水準も、民間・個人の債務水準は問題ありません。債務水準が2016年以降減少しているというのは、他の国にはあまり見られない現象です。

 

 

★金融政策

政策金利は下落局面も、6.5%と緊縮的な水準を維持しています。インフレ率が2.8%程度のため、利下げさせることは可能と考えられます。中央銀行の姿勢が分からないため、なんともいえませんが、為替が下落傾向にあるため、その辺りとの兼ね合いが難しいかもしれません。

 

 

★トレードアイデア

・特になし

 

基本的には、米国ドルが、下落傾向を示したときに、買いポジションを持ちたい通貨のため、今のタイミングではないと考えています。新興国通貨市場がクラッシュして場合などには、買いやすくなりそうです。

 

 

 

| 為替予想 2018後 | 08:18 | comments(0) | trackbacks(0) |

メキシコペソ(MXN) 為替予想2018後半

メキシコペソ)(MXN) 為替予想2018後半

 

★総評【やや弱い】

上半期は、大きく下落したメキシコペソですが、もうしばらくはこの下落が続くと予想します。ファンダメンタルズは悪くなく、改善傾向を示していますが、相場の地合がメキシコペソに向いていません。主要国の金融政策の緊縮化から、投資資金が米国に向かいやすい環境にあるため、米国からの投資が大きなウエイトを占めるメキシコにとっては、資金が引き揚げられやすい状態にあります。

米国の隣国で、経済的な依存度も高いため、米国ドルが上昇する局面での下落幅が多きな通貨になります。それでも、この上半期の下落は、メキシコ経済の現状から見て、やや下落しすぎの感はあります。ただ、上昇理由があまりないというのも事実で、メキシコペソの上昇は厳しそうです。年々工業生産が増えていて、工業国としての色彩を強めていますが、工業的な優位性が対アメリカにしか無いことが、この国の弱点な気がします。

大統領選挙や米国との貿易摩擦など、不確定要素が多いことも、メキシコペソにとってのマイナス材料になりそうです。

 

 

★経済状況

メキシコ経済はまずまずの状況です。経済成長率は+1%程度、失業率は3%前後で低下傾向を示しています。低成長、低失業率は世界的トレンドですが、新興国で1%の経済成長率はやや寂しい感じがします。

貿易指標を見ますと、貿易収支はほぼ拮抗水準、2016年頃には大きめな赤字があったのですが、為替が下落したことで、改善されたようです。経常収支はまだ赤字が残っています。メキシコは産油国であり、原油輸出国ではあるのですが、産油量は年々減少しています。直近の原油価格の高騰も、メキシコの経済や貿易に与える影響は少ないものとみられます。

債務水準は、特に問題ない水準です。民間債務・対外債務水準が、長期で見て増加傾向にあることは、やや気がかりといったところでしょうか。

 

 

★金融政策

現在の政策金利は7.75%と緊縮的な水準、インフレ率が下落傾向なため、今後利下げしても良いと思われますが、中央銀行としては、より緊縮的な方向性を嗜好しているようです。中央銀行としては、通貨防衛の意思はありそうです。

 

 

★トレードアイデア

・USD/MXN L

 

下落を予想していますが、すでに下落しているため、下落幅はそれ程大きくなることないと思われます。不確定要素が多く、タイミングも難しいため、あまりポジションを取りたくないというのが、正直な印象です。米国ドルの上昇が続くような場合に、売りで持ちたい通貨ではあります。

 

 

| 為替予想 2018後 | 08:15 | comments(0) | trackbacks(0) |

カナダドル(CAD) 為替予想2018後半

カナダドル(CAD) 為替予想2018後半

 

★総評【弱い】

カナダドルは、大幅な下落を予想します。直近で大きな変化もなく、ファンダメンタルズの弱さから、淡々と価格を切り下げることになりそうです。リーマンショック後に、外国からの資金流入が大きかったこともあり、米国に資金が流れやすい相場環境では、資金の流出が大きくなると考えています。

金融政策の緊縮化、資源価格の高騰、投機筋売りポジションの巻き戻しと、上昇するため材料は揃っているのですが、カナダのファンダメンタルズを改善させる効果は小さく、カナダドルの中長期での下落は続くことになりそうです。

アメリカとの貿易摩擦に関しては影響はそれ程ではないと見ていますが、一応警戒は必要と考えています。

 

 

★経済状況

カナダ経済はひとまず堅調です。経済成長率はギリギリプラスを維持という水準ですが、失業率がリーマンショック後の最低水準まで下落しているなど、底堅さがみられます。小売りの指標などに弱い動きもありますが、すぐに何かあるわけでは無さそうです。

貿易指標を見てみると、貿易収支・経常収支がともに大きな赤字と、状況はよくありません。米国への工業製品の輸出は好調のようですが、国内の消費の伸びが大きく、赤字幅が膨らんでいるようです。エネルギー資源価格の上昇はまだ折り込めていないため、改善は見込めそうです。

カナダ経済で特徴的なのは、大きな個人・民間の債務残高です。個人債務は住宅価格が下落に転じたため、残高が頭打ちとなっていますが、民間の債務はいまだに残高を伸ばしています。これから金利が上昇していく局面で、この巨額の債務が経済・金融に問題を引き起こすことになりそうです。

 

 

★金融政策

年後半に利上げが予定されています。現在の政策金利は1.25%。インフレ率が2%前後なので、数回程度の利上げは可能だと思われます。ただ上記のように、債務が大きく積み上がっているため、利上げ後の経済の変化に注意が必要でしょう。

 

 

★トレードアイデア

・CAD/JPY S

・EUR/CAD L

 

下目線で見ていく通貨で、時期も今が悪くないタイミングと考えています。通貨ペアとしては対日本円・対ユーロあたりが無難でしょうか。短期的に上昇するようなことがあっても、中長期での下落目線はしばらく変える必要は無さそうです。

 

 

 

| 為替予想 2018後 | 09:56 | comments(0) | trackbacks(0) |

アメリカドル(USD) 為替予想2018後半

アメリカドル(USD) 為替予想2018後半

 

★総評【中立】

4月以降強い相場が続いていたアメリカドルは、この水準が維持されると予想します。ファンダメンタルズが良いわけではありませんが、FRBのバランスシート縮小の影響を受けて、投資資金がアメリカに回帰しているため、アメリカドルは上昇しやすい環境にあるとみられます。他の主要通貨も特段強くなる材料もないため、アメリカドルの堅調な推移が続きそうです。

不安材料としましては、ちょうど直近のIMM投機筋のポジションがアメリカドル売り持ちから、アメリカドル買い持ちに転換するなど、さすがに買われすぎ感が出ていることでしょうか。そのため、ここからのさらなる上昇は難しく、この水準が上限に近いと考えています。ファンダメンタルズの改善も期待できない状況であるため、より長期で見た場合では、どちらかというと下落を予想しています。

トランプ大統領が貿易関連の各国への制裁につきましては、額面通り受け取れば、長期でのアメリカドルの下落につながるものです。ただし、現実的にどのようなところで落ち着くのかは予想が難しく、事態の推移を見守るのが精一杯だと考えています。

 

 

★経済状況

ご存じの通り、米国経済は好調を維持しています。2%を超える経済成長率と、急下落している失業率は、好調な米国経済の象徴であると同時に、世界経済の発展を示しているように見えます。ただ個人消費関連の指標などに弱含む値が出ているなど、先行きにつきましては心配されるところもありそうです。

貿易統計は、貿易収支・経常収支ともに大幅な赤字、赤字幅が拡大しているわけではありませんが、改善も見られません。輸出・輸入がどちらも伸びていて、貿易量の拡大が見られます。日中欧各国では、原油価格の上昇が悪材料となりますが、アメリカはエネルギー資源輸出国になったため、この影響は回避できそうです。

債務関連の指標では、国債の増加が目立ちます。金利が上昇している局面での国債の拡大は、アメリカドルの流出を招くことになると考えられます。民間債務では、水準的には危険というほどではないのですが、質の悪化が心配されています。発行条件が緩い債券や、担保の価値が低い債券、高レバレッジのものなどの割合が増加しているようです。個人の債券では、大きな割合を占める住宅ローンは、それ程問題では無さそうですが、より小口の、学生ローンやオートローン・クレジットカード残高の増加が懸念材料になっています。

 

 

★金融政策

今年に入り、2回の利上げを行い、政策金利は2.0%となっています。今年中に後2回の利上げを行うとの見方が多いですが、現在の経済状況を見る限り、問題なく行われると思われます。より為替への影響が大きいと考えられる、バランスシートの縮小ですが、こちらも年内7月と10月に縮小幅を拡大させる予定となってとなっています。市場からの資金引き上げが加速するため、信用力の低い資産を中心に、大きく値を下落させる可能性がありそうです。

 

 

★トレードアイデア

・特になし

 

足下でアメリカドルを取引する必要性は感じません。先行きを考えますと下落方向の予想が自然でしょうか。対ユーロ・対ロシアルーブルあたり長期的なポジション形成を考えたいところです。

 

 

| 為替予想 2018後 | 09:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
■ LATEST ENTRIES
■ CATEGORIES
■ ARCHIVES
■ SEARCH
■ LINKS
■ PROFILE