KAWASE BIIKI

中国人民元(CNY) 為替予想2018後半

中国人民元(CNY) 為替予想2018後半

 

★総評【中立】

中国人民元は、長期的には弱気予想も、直近では下落する理由も弱く「中立予想」とします。対米国ドルでの下落が指摘されますが、実行レートベースでは上昇しているため、中国人民元は弱い動きにはなっていません。ファンダメンタルズに弱いところもなく、しばらくは、強い動きになる可能性もあります。

中国で為替を管理するCFETS(中国外国為替取引システム)の関与が強まっていて、最近の人民元は完全な管理通貨になっています。変な動きがなくなってしまい面白味はないですが、他の通貨に与える影響が少なくなるため安心感はあります。政治的な動きから為替を上下させるといった雰囲気もなく、とりあえずはこのシステムが中国人民元を安定させることに寄与しているようです。

 

 

★経済状況

中国経済は、好調とみられています。失業率に信用のある統計がないため、実態が見えにくい部分もありますが、なにか経済的な混乱のようなものは見られず、落ち着いた成長が見られそうです。

貿易指標は貿易収支・経常収支共に黒字、ただし、年々黒字幅が縮小しているのは心配されるところです。石炭や原油価格が高騰していることも、貿易統計の悪化に拍車をかけそうです。また、中国国内の人件費が上昇しているため、輸出競争力に限りが見え始めていていて、この辺りの先行きも心配されます。米中間の貿易戦争懸念ですが、どこまで影響があるのかは今のところ判断しかねるところです。規模が決して小さくないため、予断の許さないところです。当然良い影響はありません。

中国国内では、不良債権の増加が懸念されますが、この処理はあまり進んでいない印象で、今後問題になる可能性があります。債務関連では、個人の債務は水準的には問題ないですが、増加傾向は気になるところです。また昨年から不動産価格が再上昇していて、こちらはバブルの懸念があります。海外に投資されていた資金が、規制などの影響で国内不動産に回帰しているようにも見えます。

 

 

★金融政策

人民銀行の金融政策はやや緩和的な動きに見えます。政策金利の変更ではなく、銀行の預金準備率を引き下げることで、資金の流動性を拡大しているようです。債務水準よりは、資金の流動性に不安があるのかもしれません。ここからも預金準備率の引き下げは続きそうです。また、中央銀行からは為替に関する声明は特にありません。

 

 

★トレードアイデア

・特になし

 

今は中国人民元を取引するタイミングではないように思えます。中国人民銀行やCEFTSが明確に人民元安を所望し始めてからが、取引するリスクを低下させることが出来そうです。目先の動きはやや上昇する位に見ていた方が賢明と思われます。

 

 

| 為替予想 2018後 | 18:30 | comments(0) | trackbacks(0) |

ニュージーランドドル(NZD) 為替予想2018後半

ニュージーランドドル(NZD) 為替予想2018後半

 

★総評 【弱い】

ニュージーランドドルは下落を予想します。足下の下落基調や資金が主要国に流れているというのは、隣国オーストラリアと同様なのですが、こちらの方が貿易指標が悪いため、より弱いと予想しました。タイミングが難しいところはありますが、実際下落する場合は結構大きめな動きになる可能性があり、注意が必要と考えています。

ニュージーランドは国債格付けが高い国のため、金利を求める資金が集まりやすいという特徴があります。しかし、ニュージーランドの経済規模自体はかなり小さく(人口400万人台)、そういった集まった資金が為替を上昇させ、貿易系の統計を悪化させるということにいなります。さらに一旦リスクオフの環境になりますと、投資資金は一度に流出するため、リーマンショック・バーナンキショック・人民元ショックと国際的な金融ショックの時は、必ずと一定ほど大幅な下落を経験してきています。

現在のように、世界的に債券の増加が懸念される状況ですと、何か一度のショックで、相場全体が大きくリスクオフに傾く危険性があり、そのような場合は、ニュージーランドドルの下落幅は、極端に大きくなると考えられます。

 

 

★経済状況

低成長ながら、失業率が低下中と経済は安定しているようです。

貿易統計を見ると、長期的には改善傾向を示していますが、貿易収支は赤字、経常収支は相変わらずの大幅な赤字が続いています。乳製品や食肉といった食品コモディティの価格は、ここ数年安定していて、輸出金額に大きな変化は少なく。一方、エネルギー資源の輸入国であるため、足下の原油価格の高騰は、影響が大きくなる可能性があり、ここからの貿易統計には注意が必要となりそうです。

ニュージーランドもオーストラリアと同様、個人・民間の債務水準が高く、これが今後経済に悪影響を与える恐れが心配されます。また、バブルが懸念された住宅価格の高騰は、終了していて、これが住宅ローン市場などに与える影響を見定めたいところです。

 

 

★金融政策

このところインフレ率が低下傾向のため、実質金利は増加中。直近のインフレ率は年0.6%と中央銀行の目標値を下回っていて、この水準では利上げを行う可能性は低いとみています。当分は現在の政策金利が維持される可能性が高そうです。

 

 

★トレードアイデア

・NZD/JPY S

・NZD/EUR S

 

積極的に下落を狙っていきたい通貨となります。相手は日本円やユーロといった主要国が安全でしょう。米国ドルもありかもしれません。足下で下落基調なため、この流れに乗りながら売りすすめ、大幅な下落を待つというのが理想的な動きになりそうです。

 

| 為替予想 2018後 | 18:27 | comments(0) | trackbacks(0) |

オーストラリアドル(AUD) 為替予想2018後半

オーストラリアドル(AUD) 為替予想2018後半

 

★総評 【中立】

オーストラリアドルは、予想が難しく中立予想とさせていただきます。資源国通貨の中では相対的には良いファンダメンタルなのですが、足下で下落基調を強めていること、また、世界的に資源国通貨は売られやすい環境にある等の理由から下落の可能性もあり、中期間での予想がなかなか難しくなっていると考えます。

より長めな期間を考えますと、上昇で見ていきたいのですが、その前に、一度大きく下落していただけると助かるというのが本音です。現在投機筋のポジションがやや売りに傾いているため、オーストラリアドルの下落と共に、このポジションが増えるようですと、その後の上昇が期待できるのではないでしょうか。

オセアニア通貨では、お隣ニュージーランドの方がファンダメンタルズ的には悪く、そちらの下落を狙うトレードがシンプルな取引にはなりそうです。

 

 

★経済状況

オーストラリア経済は堅調です。3%台の経済成長率と下落基調の失業率は、好景気を示しています。

貿易統計は、貿易収支が、年初に一度赤字に転落しましたがその後持ち直し黒字基調を維持、経常収支は赤字も、赤字幅は縮小傾向です。主要輸出品である石炭・鉄鉱石価格が2016年に底を打ち、その後は反転。これが貿易統計の改善に寄与しています。不安材料は、最近やや中国との政治的な関係に溝が出来ていることです。貿易との関係は不明ですが、気になることではあります。

オーストラリアはカナダと共に、かなり高い水準で民間・個人債務が膨らんでいます。この水準からさらに大きくなる可能性は低いのですが、世界的な金利の上昇がこの辺りの利払いに影響を与えるようになりますと、経済への波及効果は大きくなりそうです。また、上昇が続いていた住宅価格ですが、シドニーなど都市部では下落に転じたようです。先行きも下落予想が増え、不動産バブルが収まりそうな気配です。もちろん不動産価格が急下落し、住宅ローンの不良債権化の恐れも残っています。

 

 

★金融政策

現在政策金利は1.5%ですが、この水準が維持されそうです。好景気と安定したインフレ率(2%弱)からもう何段階かの利上げが出来ると思われますが、オーストラリア準備銀行は緩和的なスタンスが好みのようです。バブルの恐れがあるオーストラリア経済で緩和的な金融スタンスはやや危険な感じがします。また、オーストラリア準備銀行はオーストラリアドルの上昇を懸念しているようです。

 

 

★トレードアイデア

・AUD/NZD L

 

基本的には直ちにポジションを取るべき通貨では無いと思われます。足下では下落基調、先行きはやや上目線のため、一度下落が欲しいところです。その後であれば、似たようなタイミングで動くニュージーランドドルとのペアが自然な気がします。オーストラリアドル「買い」・ニュージーランドドル「売り」のポジションがシンプルかつ健全なポジションになりそうです。

 

| 為替予想 2018後 | 18:38 | comments(0) | trackbacks(0) |

日本円(JPY) 為替予想2018後半

日本円(JPY) 為替予想2018後半

 

★総評 【やや強い】

日本円は強気の予想をします。大きな値動きになることはないかもしれませんが、底堅い展開になる可能性が高そうです。為替市場全体で、新興国資源国から先進主要国への資金の移動の流れが出来ているため、日本円は上昇しやすい環境にあると考えられます。

日本円は、全通貨の中でも最上位に安定したファンダメンタルズを持ち、大幅な下落の心配が無いのが強みです。ただ現状としては日本側で強調できる部分は少なく、何か上昇するきっかけが欲しいところとなります。同じく経常黒字の先進国通貨であるユーロと比較では、ユーロがあまりにも頼りない動きをしているため、日本円の方がやや優位かなとみていますが、大きな差は無いのかもしれません。

市場環境がリスクオフに傾いた場合に短期間で上昇する特性があるため、ここからの相場環境では、ショートポジションを持つのは非常に危険であると考えています。

 

 

★経済状況

ここ数年、特に変化があったわけではなく、低調ながら落ち着いた経済成長を続けています。低い失業率が続いていて、先行きを見ても、心配は少なそうです。

貿易統計は、貿易収支は単月で赤字になることもありますが、基調としては黒字。経常収支は大幅な黒字が続いています。原油価格の上昇に伴う、貿易収支の悪化が気になるところですが、現状ではまだ影響は見られていません。今後多少の影響は出てくるのかもしれません。日本は対外債権国のため、世界の金利が上昇している現状では、金利収入の増加が見込まれます。これが経常収支を改善させる効果がありそうです。

世界的に債務が増加している状況ですが、日本では政府債務以外は、それ程心配される状況ではありません。不動産価格を見ても、局所的な上昇はありますが、他国と相対的に比較すると問題の無い水準であると考えられます。こういった経済環境は、これからの世界経済で優位に働くことになりそうです。

 

 

★金融政策

このところ大きな変化がない金融政策が続いていて、これがこのまま継続される可能性が高いとみています。この下半期で量的緩和の縮小が行われるようなことはないでしょう。ただ、実際には国債の買い取り量は減ってきていて、ステルステーパリングといわれても仕方がない面もあります。

他の主要国の中央銀行が、金融政策を緊縮的に変化させている局面のため、相対的に緩和的な金融政策との見方がされることになりそうです。

 

 

★トレードアイデア

・TRY/JPY S

・NZD/JPY S

・CAD/JPY S

 

分かりやすく上昇目線で見ていく通貨のため、下落予想の通貨とのペアになります。新興国資源国通貨の中で、ファンダメンタルズが弱い通貨を選んでみました。タイミングは難しそうですが、大幅下落の可能性が高いトルコリラ。中長期で楽しめそうな、ニュージーランドドル・カナダドルと割と選択肢はありそうです。ここにイギリスポンド・南アフリカランドまでは考慮してよいと思っています。

対米国ドルでも上昇すると考えていますが、こちらは値幅が小さいと想定していて、投資妙味がないと判断しています。

 

| 為替予想 2018後 | 18:34 | comments(0) | trackbacks(0) |

2018年上半期まとめと下半期の見通し

まずは上半期のおさらいから。

 

年初の為替市場は、米国ドル安・ユーロ高で始まりました。2月中旬まではこの動きが続き、その後値動きが縮小、レンジ相場になります。レンジ相場は2ヶ月ほど続いたのですが、4月に入り急に動きが出てきます。米国ドルが上昇、ユーロと新興国通貨が急な下落とないります。結局、上半期全体を見ますと、米国ドル高・ヨーロッパ通貨・新興国資源国通貨安で終了しそうな感じです。

米国ドルは上下に動いたため、値幅はあったのですが、現在の米国ドルの水準は昨年末と比べ、2〜3%程度高とそれ程大きな動きにはなっていません。主要国通貨では日本円が3月まで上昇も、その後下落。イギリスポンドは4月頃まで堅調も、その後下落と、4月頃を境目に「往って来い」の動きになっています。

より大きく動いたのは、新興国通貨で、トルコリラ・メキシコペソ等、個人投資家に人気の通貨で、大幅な下落が見られました。直近では南アフリカランドも下落基調を示しています。

また、原油価格が昨年後半から大幅に上昇していますが、産油国通貨はロシアルーブル・ノルウェークローネ・カナダドル・メキシコペソと対米国ドルで全ての通貨が値下がりとなりました。こちらはやや意外な感じがします。

 

上半期の為替市場がこのような動きになった要因は大きく2つです。米国FRBのバランスシート縮小に伴う、米国長期債の金利上昇。そして昨年後半から積み上がっていた、ユーロの投機筋ロングポジション(米国ドルのショートポジション)の解消です。

特に、ERBのバランスシートの縮小は徐々に加速していて、これが新興国通貨に与えた影響は相当大きかったと考えられます。

 

この半年の相場は、後から考察する分には分かり易い相場だったのですが、実際の値動きを見ている時には、理解しづらい動きも多く、面倒くさい相場環境だと思えていました。主要国通貨間の値幅がそれ程大きくなく、どの通貨をベースで考えれば良いのか、常に迷わされる値動きでありました。一番シンプルな動きだったのは、新興国通貨の下落で、この動きを狙うというのが正解であったと思われます。個人的にはユーロの上昇予想をしていたので、これが大きく外れた時点で、様子見を決め込むという状況となっていました。

 

 

下半期の予想ですが、こちらも難解です。

基本的には、上半期の相場と同様、新興国通貨の下落を狙うのが一番確実性が高いと予想します。

 

年後半のスケジュールで、為替市場への影響が大きそうなものが、7月のFRBのバランスシート縮小の加速(資産売却の拡大)と、9月のECBの量的緩和の縮小です。ここにさらに、FRBは2回の利上げが想定されることから、市場全体が緊縮的な動きになることが想定されます。

 

そうなりますと、やはり厳しいのは新興国資源国通貨です。ファンダメンタルズが良くない、トルコリラ・ニュージーランドドル辺りを中心に下落が予想されます。

主要国通貨では、日本円が手堅い動きになりそうですが、決め手に欠けます。相場の中心をになってほしい米国ドルは、ここから上抜ける力は小さいのですが、下落する理由も無いため、なんともいえない動きになりそうです。

 

世界経済が堅調なため、急な全面リスクオフのような動きにはならないと思われます。それでも、個別に新興国・資源国通貨で大きな下落になるもの出てくるのではないでしょうか。株式市場や債券市場を見ながら、世界全体の動きをじっくりと観察していたいところです。

ここからの為替相場は、経常赤字の国の通貨は絶対ダメ、(国債格付けが低いような)新興国の通貨は絶対ダメという、ある意味分かり易いといえば、分かり易い相場になると思われます。主要国通貨感の値動きは小さいかもしれないため、新興国通貨市場が主戦場になりそうです。

 

 

 

明日から、個別通貨の予想をしていきたいと思います。よろしくお願いいたします。

 

| コラム | 06:10 | comments(0) | trackbacks(0) |

マンスリー為替レポート2018・5

マンスリーって付けましたが、たぶん不定期。

 

為替市場は、米国ドル独歩高、新興国通貨安が続いています。米国ドルインデックス(ドル指数・DXY)は、93.8と昨年12月以来の高値、米国ドルは年初から2月上旬までは、下落基調でしたが、この動きをすべて戻したことになります。下落が大きな通貨は、メキシコペソやトルコリラ・ロシアルーブルなど、個別に事情はありそうですが、総じて信用力が低い国の通貨が大きく売られています。ただ、ユーロやオセアニア通貨・日本円も対ドルでは下落していて、米国ドル独歩高の動きであるのは間違いありません。

このような動きは、米国長期債の金利上昇を受けてのものと考えられますが、根本的には、米国FRBのバランスシート縮小の影響とみています。

 

 

米国FRBは昨年2017年10月からバランスシートの縮小に着手しています。当初は月100億ドルでしたが、3ヶ月ごとに縮小幅を広げ、現在は月300億ドルペースで縮小を行っています。月300億ドルというのは、金融市場の規模からすればそれ程大きくは見えませんが、一方的な売却になるため、その影響はイメージよりも大きくなります。

このバランスシート縮小には金融市場から資金を奪う効果があります。FRBが大量の有価証券を売却するため、売却された金額分だけのその他の商品が、市場では買われず、値を落とす必要が出てくるということです。

今回、これの影響を直接受けたのが、米国の長期債であり、長期債が値下がり(金利が上昇)したことで影響を受けたのが、新興国債券や低格付け債券だったのだと思われます。また、米国株式市場にも一定の影響を与えたと考えられます。

バランスシートの縮小は、7月からは月400億ドル、10月からは月500億ドルのペースと加速するため、米国長期金利上昇からの、米国ドル独歩高の展開は長く続く可能性がありそうです。

 

 

もうひとつ、為替市場に大きな影響を与えそうなのが原油価格の動向です。原油価格はWTIが昨年6月に1バレル=45ドルを割り込んでいましたが、その後急上昇して、足下で、1バレル=71ドル台で推移しています。また北海ブレント原油は、先週一時1バレル=80ドルの大台を突破しました。

需給の逼迫に加え、投機筋の買いが増加したことが、原油価格上昇の理由になりますが、今年3月後半辺りからは、投機的な買いは減少していて、実需層が値段を形成している格好になります。この価格帯になりますと、米国シェールオイルの増産が加速するという見方もありましたが、現在のところ増産幅は少ないものなっていて、需要の増加に追いついていません。需給はさらにタイトになる可能性はあります。もちろん、足下の動きには、シリア情勢やイランの核合意の問題などといった地政学的な影響も否定はできません。

 

原油価格の為替に与える影響ですが、好影響側で大きいのはロシアルーブル・ノルウェークローネ・カナダドルまで。ロシアは為替が下落していることもあり、経常収支が過去最高になる可能性もあります。悪影響側では、日本円・中国元・ユーロといった主要国通貨の他、ニュージーランドドルやポーランドズロチ・南アフリカランドまで幅広く影響がありそうです。

特に、上記のバランスシート縮小の影響を受けそうな通貨で、原油価格の上昇でも悪影響を受けそうな通貨は、かなり厳しいものになると考えられます。現在のところ、原油価格の上昇の影響は、まだ為替には織り込まれてなく、これからの動きに注意が必要になります。

 

 

 

正直、昨年FRBがバランスシート縮小を開始した段階で、現在のように為替に影響を与えるとは想像できませんでした。米国ドル自身の動きが、かなり想定と違っていて、相場を見誤りやりました。

ここからは、バランスシート縮小がさらに加速させるということも、気にしなければならないでしょうし、ECBが、量的緩和を縮小させると言うことも、考慮する必要が出てきそうです。相場が不安定化する恐れもあります。

そのような状況の中で一番確実なのは、新興国通貨が下落するということでしょうから、ここら辺を中心に、ポートフォリオを作成するというのが、リスクの少ない行動になるのではないでしょうか。

 

 

| コラム | 11:19 | comments(1) | trackbacks(0) |

各国の石油輸出入・天然ガス輸出入・経常収支一覧

各国の石油輸出入・天然ガス輸出入・経常収支一覧です。

 

石油輸出入額

対GDP比

2015

天然ガス輸出入額

対GDP比

2015

経常収支

対GDP比

2017

 
日本 -1.1% -1.0% 4.0%
オーストラリア -1.2% 1.0% -2.3%

ニュージーランド

-1.7% 0.0%

-2.7%

中国 -1.2% -0.2% 1.3%
 
ユーロ圏(※1) -1.3% -0.7% 3.5%

イギリス

-0.3% -0.2% -4.0%
ノルウェー 7.2% (※2)7.4% 5.1%

ロシア

11.4% 3.4% 2.6%
ポーランド -1.7% no data 0.1%
トルコ -0.6% no data -5.5%
南アフリカ -3.0% -0.1% -2.2%
 
米国 -0.5% 0.0% -2.4%
カナダ 2.4% 0.3% -2.9%
メキシコ 0.2% -0.3% -0.4%
ブラジル -0.2% -0.3% -1.6%
 

 

元データ 世界経済のネタ帳

 

 

値は+が純輸出。−が純輸入を表します。

 

※1 ユーロ圏の石油輸出入額・天然ガス輸出入額はユーロ圏主要6カ国(ドイツ・フランス・イタリア・スペイン・オランダ・ベルギー)を使用。経常収支のみユーロ圏の値となっています。

 

※2ノルウェーの天然ガスの輸出入額データは輸入額データが欠損しているため、輸入額を0で計算しています。

 

 

| 経済データ | 07:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
■ LATEST ENTRIES
■ CATEGORIES
■ ARCHIVES
■ SEARCH
■ LINKS
■ PROFILE