KAWASE BIIKI

メキシコペソ(MXN) 為替予想2018後半

メキシコペソ)(MXN) 為替予想2018後半

 

★総評【やや弱い】

上半期は、大きく下落したメキシコペソですが、もうしばらくはこの下落が続くと予想します。ファンダメンタルズは悪くなく、改善傾向を示していますが、相場の地合がメキシコペソに向いていません。主要国の金融政策の緊縮化から、投資資金が米国に向かいやすい環境にあるため、米国からの投資が大きなウエイトを占めるメキシコにとっては、資金が引き揚げられやすい状態にあります。

米国の隣国で、経済的な依存度も高いため、米国ドルが上昇する局面での下落幅が多きな通貨になります。それでも、この上半期の下落は、メキシコ経済の現状から見て、やや下落しすぎの感はあります。ただ、上昇理由があまりないというのも事実で、メキシコペソの上昇は厳しそうです。年々工業生産が増えていて、工業国としての色彩を強めていますが、工業的な優位性が対アメリカにしか無いことが、この国の弱点な気がします。

大統領選挙や米国との貿易摩擦など、不確定要素が多いことも、メキシコペソにとってのマイナス材料になりそうです。

 

 

★経済状況

メキシコ経済はまずまずの状況です。経済成長率は+1%程度、失業率は3%前後で低下傾向を示しています。低成長、低失業率は世界的トレンドですが、新興国で1%の経済成長率はやや寂しい感じがします。

貿易指標を見ますと、貿易収支はほぼ拮抗水準、2016年頃には大きめな赤字があったのですが、為替が下落したことで、改善されたようです。経常収支はまだ赤字が残っています。メキシコは産油国であり、原油輸出国ではあるのですが、産油量は年々減少しています。直近の原油価格の高騰も、メキシコの経済や貿易に与える影響は少ないものとみられます。

債務水準は、特に問題ない水準です。民間債務・対外債務水準が、長期で見て増加傾向にあることは、やや気がかりといったところでしょうか。

 

 

★金融政策

現在の政策金利は7.75%と緊縮的な水準、インフレ率が下落傾向なため、今後利下げしても良いと思われますが、中央銀行としては、より緊縮的な方向性を嗜好しているようです。中央銀行としては、通貨防衛の意思はありそうです。

 

 

★トレードアイデア

・USD/MXN L

 

下落を予想していますが、すでに下落しているため、下落幅はそれ程大きくなることないと思われます。不確定要素が多く、タイミングも難しいため、あまりポジションを取りたくないというのが、正直な印象です。米国ドルの上昇が続くような場合に、売りで持ちたい通貨ではあります。

 

 

| 為替予想 2018後 | 08:15 | comments(0) | trackbacks(0) |

カナダドル(CAD) 為替予想2018後半

カナダドル(CAD) 為替予想2018後半

 

★総評【弱い】

カナダドルは、大幅な下落を予想します。直近で大きな変化もなく、ファンダメンタルズの弱さから、淡々と価格を切り下げることになりそうです。リーマンショック後に、外国からの資金流入が大きかったこともあり、米国に資金が流れやすい相場環境では、資金の流出が大きくなると考えています。

金融政策の緊縮化、資源価格の高騰、投機筋売りポジションの巻き戻しと、上昇するため材料は揃っているのですが、カナダのファンダメンタルズを改善させる効果は小さく、カナダドルの中長期での下落は続くことになりそうです。

アメリカとの貿易摩擦に関しては影響はそれ程ではないと見ていますが、一応警戒は必要と考えています。

 

 

★経済状況

カナダ経済はひとまず堅調です。経済成長率はギリギリプラスを維持という水準ですが、失業率がリーマンショック後の最低水準まで下落しているなど、底堅さがみられます。小売りの指標などに弱い動きもありますが、すぐに何かあるわけでは無さそうです。

貿易指標を見てみると、貿易収支・経常収支がともに大きな赤字と、状況はよくありません。米国への工業製品の輸出は好調のようですが、国内の消費の伸びが大きく、赤字幅が膨らんでいるようです。エネルギー資源価格の上昇はまだ折り込めていないため、改善は見込めそうです。

カナダ経済で特徴的なのは、大きな個人・民間の債務残高です。個人債務は住宅価格が下落に転じたため、残高が頭打ちとなっていますが、民間の債務はいまだに残高を伸ばしています。これから金利が上昇していく局面で、この巨額の債務が経済・金融に問題を引き起こすことになりそうです。

 

 

★金融政策

年後半に利上げが予定されています。現在の政策金利は1.25%。インフレ率が2%前後なので、数回程度の利上げは可能だと思われます。ただ上記のように、債務が大きく積み上がっているため、利上げ後の経済の変化に注意が必要でしょう。

 

 

★トレードアイデア

・CAD/JPY S

・EUR/CAD L

 

下目線で見ていく通貨で、時期も今が悪くないタイミングと考えています。通貨ペアとしては対日本円・対ユーロあたりが無難でしょうか。短期的に上昇するようなことがあっても、中長期での下落目線はしばらく変える必要は無さそうです。

 

 

 

| 為替予想 2018後 | 09:56 | comments(0) | trackbacks(0) |

アメリカドル(USD) 為替予想2018後半

アメリカドル(USD) 為替予想2018後半

 

★総評【中立】

4月以降強い相場が続いていたアメリカドルは、この水準が維持されると予想します。ファンダメンタルズが良いわけではありませんが、FRBのバランスシート縮小の影響を受けて、投資資金がアメリカに回帰しているため、アメリカドルは上昇しやすい環境にあるとみられます。他の主要通貨も特段強くなる材料もないため、アメリカドルの堅調な推移が続きそうです。

不安材料としましては、ちょうど直近のIMM投機筋のポジションがアメリカドル売り持ちから、アメリカドル買い持ちに転換するなど、さすがに買われすぎ感が出ていることでしょうか。そのため、ここからのさらなる上昇は難しく、この水準が上限に近いと考えています。ファンダメンタルズの改善も期待できない状況であるため、より長期で見た場合では、どちらかというと下落を予想しています。

トランプ大統領が貿易関連の各国への制裁につきましては、額面通り受け取れば、長期でのアメリカドルの下落につながるものです。ただし、現実的にどのようなところで落ち着くのかは予想が難しく、事態の推移を見守るのが精一杯だと考えています。

 

 

★経済状況

ご存じの通り、米国経済は好調を維持しています。2%を超える経済成長率と、急下落している失業率は、好調な米国経済の象徴であると同時に、世界経済の発展を示しているように見えます。ただ個人消費関連の指標などに弱含む値が出ているなど、先行きにつきましては心配されるところもありそうです。

貿易統計は、貿易収支・経常収支ともに大幅な赤字、赤字幅が拡大しているわけではありませんが、改善も見られません。輸出・輸入がどちらも伸びていて、貿易量の拡大が見られます。日中欧各国では、原油価格の上昇が悪材料となりますが、アメリカはエネルギー資源輸出国になったため、この影響は回避できそうです。

債務関連の指標では、国債の増加が目立ちます。金利が上昇している局面での国債の拡大は、アメリカドルの流出を招くことになると考えられます。民間債務では、水準的には危険というほどではないのですが、質の悪化が心配されています。発行条件が緩い債券や、担保の価値が低い債券、高レバレッジのものなどの割合が増加しているようです。個人の債券では、大きな割合を占める住宅ローンは、それ程問題では無さそうですが、より小口の、学生ローンやオートローン・クレジットカード残高の増加が懸念材料になっています。

 

 

★金融政策

今年に入り、2回の利上げを行い、政策金利は2.0%となっています。今年中に後2回の利上げを行うとの見方が多いですが、現在の経済状況を見る限り、問題なく行われると思われます。より為替への影響が大きいと考えられる、バランスシートの縮小ですが、こちらも年内7月と10月に縮小幅を拡大させる予定となってとなっています。市場からの資金引き上げが加速するため、信用力の低い資産を中心に、大きく値を下落させる可能性がありそうです。

 

 

★トレードアイデア

・特になし

 

足下でアメリカドルを取引する必要性は感じません。先行きを考えますと下落方向の予想が自然でしょうか。対ユーロ・対ロシアルーブルあたり長期的なポジション形成を考えたいところです。

 

 

| 為替予想 2018後 | 09:48 | comments(0) | trackbacks(0) |

南アフリカランド(ZAR) 為替予想2018後半

南アフリカランド(ZAR)為替予想2018後半

 

★総評【やや弱い】

昨年後半に大きく上昇した南アフリカランドですか、ここからは厳しい状況になると予想します。ファンダメンタルズも相場環境も南アフリカランドに対しての逆風となっていて、下落方向への予想をしなければならない状況であると感じます。

昨年の南アフリカランドの急上昇は、政治的な理由がきっかけでしたが、パラジウム価格が上昇したため、貿易指標が大きく改善するなど、裏付けのあるものでした。しかし、年明けに相場環境が一変します。主要国中央銀行の金融政策の緊縮化から、米国長期金利が上昇、これに伴い新興国から主要国へ資金の移動が強まりました。より信用力の低い国から資金が移動しやすいため、信用力の低い南アフリカにとっては厳しい環境となりました。また、長期金利が上がったことで、金利を生まない貴金属の価格が下落しやすい状況になり、これも南アフリカにとっては痛手となりました。

今後も、主要国中央銀行の金融政策が緊縮化が加速するため、南アフリカランドにとっては厳しい環境が予想されます。貴金属価格も下落しやすくなると考えられ、下押し圧力が強まりそうです。

 

 

★経済状況

南アフリカの経済状況は、よくありません。25%を超える失業率はいつものことなのですが、高い水準で維持されています。経済成長はマイナス成長となっています。

貿易指標を見ていきますと、貿易収支は基調は黒字ですが、単月で赤字も見られます。中期で見ての方向感は悪化中です。経常収支は大きな赤字が続いています。これらの値は、2015年辺りに比べますと良化しているのですが、足下での悪化傾向が気になりなるところです。主要輸出品である、プラチナ・パラジウムの価格が2018年に入ってから15%程下落していて、これが貿易収支を悪化させる要因になっています。また、エネルギー資源の輸入国であるため、原油価格の上昇はマイナス材料になっています。

債務についても全体的な債務水準は問題なさそうですが、政府債水準が上昇しているのが気になるところです。また、対外債務規模が増加していることも、この先問題になりになる可能性があります。

 

 

★金融政策

現在の政策金利は6.5%ですが、インフレ率が4%で安定しているため、もう一段落下落させる余地はあるとみています。経済状況が悪化しているため、緩和的なスタンスを採りたいところですが、為替下落とのバランスが難しいところかもしれません。

 

 

★トレードアイデア

・ZAR/JPY S

・EUR/ZAR L

 

下落を基本としてみていく通貨と思われます。足下の下落基調が続くとして、対日本円・対ユーロが安定感のあるポジションになりそうです。現在上昇する材料は乏しそうですが、急に上下する通貨のため、取り扱いは難しそうです。

 

 

 

| 為替予想 2018後 | 09:32 | comments(0) | trackbacks(0) |

トルコリラ(TRY) 為替予想2018後半

トルコリラ 為替予想2018後半

 

★総評【弱い】

2018年前半の為替市場は、全体的に見れば大きな動きが少ない相場環境でしたが、唯一といって良いほど大きな動きを見せたのが、トルコリラです。6月26日現在、昨年末比対米国ドルで25%以上の下落をなっています。トルコリラの下落は2013年頃から続いていますが、足下で下落幅が大きくなっています。

下落の要因を考えますと。リーマンショック後のトルコリラは、ファンダメンタルズが相当悪い状況の中、海外からの投資資金で為替を支えられていました。2017年以降は米国のバランスシート縮小加速の影響で、資金が新興国から主要国に流れやすくなり、トルコに流入する資金の減少。さらにここにきて、これまですでに流入していた資金の逃避が大きくなったため、トルコリラの水準を支えられなくなったと考えられます。

今後のトルコリラの動きを考えましても、トルコリラのファンダメンタルズは回復していないため、基本的には大きな下落が続いていくものと推測されます。一度大きく下落しているため、短期的な巻き戻しや、金融引き締め、為替介入などの要因で上昇する可能性もありますが、より長期では、現在の水準を維持していくのは難しいでしょう。

 

 

★経済状況

世界的に好景気が続いている状況ですが、トルコ経済は微妙な状況です。7%を超える高い成長と、10%を超える失業率という状況は世界のトレンドと逆行しています。さらに、10%を超えるインフレ率が続いているため、トルコ国民は生活に苦労を強いられていると想像できます。

貿易統計を見ていきますと、貿易収支、経常収支がともにかなり大きな赤字となっていて、これが2010年頃から続いています。その間、為替が下落しているにもかかわらず、収支が改善していないことに、トルコの苦悩が見て取れます。新興工業国としてのトルコの競争力は弱まっているのでしょう。また、後述するように政策金利が上昇しているため、海外への支払いが増加していきます。これは経常収支の悪化要因となります。

債務関連では、個人・民間とも債務水準は問題ありません。問題は、国債を含めた対外債務の大きさでしょう。リーマンショック以前と比べますと、ドル建てではなく、自国通貨建ての債券が増えていそうなことが救いですが、それでもリスクオフの環境では、資金が一度に逃避するため、注意する必要がありそうです。

 

 

★金融政策

政策金利は、年初の時点で8.0%だったのですが、通貨防衛のため17.75%まで引き上げられています。直近のインフレ率が12%程度なので、この水準はかなりの緊縮的なものになります。この影響を受け、市中貸出金利は20%程度まで上昇。トルコの民間企業債務は水準的には問題ありませんが、増加中ではあります。その中でこの金利の上昇がどのような影響を及ぼすことになるのかは、あまり想像したくないものです。また対外債務が多い中での金利の引き上げは、海外への支払いを増加させるため、長期的な為替の安定化に効果があるのかは疑問が残ります。

 

 

★トレードアイデア

・TRY/JPY S

・EUR/TRY L

 

難しく考えず、主要国通貨とのペアで「売り」ポジションが基本になります。足下で選挙があったためバタバタする可能性がありますが、適当に落ち着きましたら長期で持てるポジションであると考えております。20%以上の大きめな値動きを狙ってみるのも楽しいかもしれません。

 

 

 

| 為替予想 2018後 | 09:27 | comments(0) | trackbacks(0) |

ポーランドズロチ(PLN) 為替予想2018後半

ポーランドズロチ(PLN) 為替予想2018後半

 

★総評【中立】

特に強調できるような強い材料があるわけでもないですが、下落する理由も少なく、安定した値動きが期待出来る通貨です。ファンダメンタルズ的にはソコソコ、欧州通貨や新興国通貨が売られやすい地合のため、上値を追っていくには厳しいと推測しています。

新興国の優等生ポーランド、リーマンショック後好調な東ヨーロッパ経済の中心的存在です。周辺国のハンガリーやチェコと共に貿易が発展が著しく、世界でも重要度が増している地域となっています。(ただし、政治的にはかなり不安定な地域です。EUとの距離感云々が云々です・・・・。)

通貨ズロチはユーロの動きに引きづられやすい部分はありますが、ユーロよりも堅調に上昇してきた印象があります。しかし、この通貨は、実はリーマショック前後の期間で比較した場合、世界一価格が上下した通貨の一つだったという過去を持っています。今は安定した推移を見せていますが、なにかの折には、急激に動く可能性があり、注意が必要となります。

 

 

★経済状況

ポーランド経済は、好調です。安定した経済成長が続き、失業率は6%台と水準は高めですが急下落しています。2003年頃は失業率が20%を超えていたことを考えますと、ポーランドの経済成長が分かるかと思います。

貿易統計は、貿易収支・経常収支共に小幅な黒字基調で、長期的にみても改善傾向が続いています。中国の一帯一路構想のヨーロッパ側の玄関口という側面もあるため、貿易量はこれからも伸びていくものと思われます。ただ、エネルギー資源輸入国であるため、ここからはエネルギー資源価格の高騰の影響を受けることになりそうです。

債務水準は、個人・民間共に問題の無い水準。やや対外債務割合が高いのが気になりますが、問題になることはないでしょう。住宅価格も上昇中ですが、バブルといった感じではありません。

 

 

★金融政策

政策金利もインフレ率も1%台で、特に緊縮的でも緩和的でもない金融政策を採っています。経済も好調で、利上げできる環境であると思われますが、失業率が高めなため、もう少しこの金利水準を維持する可能性が高いでしょうか。どちらにせよ、為替に影響を与えるほどの動きはないと見ています。

 

 

★トレードアイデア

・特になし

 

どちらといいますと上向きで見ていきたい通貨ですが、タイミングが今ではないと見ています。現在の相場環境が変化し、ユーロドルが上昇をするようなときに、ユーロの代わりにポジションを取ってみると、面白いのではないでしょうか。

 

 

 

| 為替予想 2018後 | 09:36 | comments(0) | trackbacks(0) |

ロシアルーブル(RUB) 為替予想2018後半

ロシアルーブル(RUB) 為替予想 2018後半

 

★総評【中立】

ロシアルーブルは、判断が難しいですが、上昇も下落も可能性があると思います。原油価格が上昇しているため、もう少し上昇しても良いと予想していたのですが、足下で対主要通貨で弱い動き見せているため、中立予想としました。外国からの資金の流入出で動きやすい通貨です。より長期的に見た場合は、上昇を予想します。

ロシアルーブルもノルウェークローネなど他のエネルギー資源国通貨と同じく、2016年に大きく下落して、現在は回復局面にあたります。原油価格上昇の恩恵を受け、ファンダメンタルズは急回復、この状況でしたら、基本的には大きな下落は心配しなくて良いでしょう。当然、原油価格次第な部分は大きく、値動きには細心の注意を払いたいところです。

その原油価格ですが、昨年からの上昇が続き、一時はWTIが1バレル=72ドルを超える水準まで上昇しましたが、現在は65ドル前後で推移しています。足下では需給が拮抗、米国シェール企業の増産が遅れている感じでしたが、最近になり増産の話題も増えてきました。OPECで増産の話題が出ていますが、生産が減少中のイラン・ベネズエラの減産分を埋めるだけになるのか、OPEC全体での生産量を増やすことになるのかは、意見が分かれている模様。実際に増産を行うのはサウジアラビアになりそうですが、生産余力は数十年前に比べるとだいぶ落ちているはずです。原油価格への影響が大きい投機筋のポジションですが、このところは減少中となっています。

 

 

★経済状況

2016年の最悪期は脱したようですが、足下の経済成長率がマイナスとロシア経済は厳しい環境が続いています。しかし、失業率は過去最低水準で、全くの不況というわけではなく、一時15%を超えていたインフレ率が、2%台で落ち着いているのも、良いことだと思われます。

貿易統計は、貿易収支・経常収支共に黒字、原油価格低迷時にも貿易収支の黒字を維持できたということが、ロシアの強みです。最近の値でも、原油価格の上昇は織り込めていないとみられ、この先貿易指標はさらに改善するでしょう。米国政府によるアルミ製品などへの経済制裁の影響が気になるところですが、規模を考えると大きな影響は出ないとみています。

債務水準については、規模的には問題が無いのですが、民間債務で対外債務の割合が高いことが問題になります。現状の金融市場を鑑みますと、投資資金が引き上げる動きが強まることが心配されます。

 

 

★金融政策

現在の政策金利は7.25%とかなりの緊縮的な政策金利となっています。現状もロシア中央銀行は利下げを行っていますが、インフレ率が2%台で安定しているため、ここからさらに利下げを行うことになりそうです。

 

 

★トレードアイデア

・特になし

 

長期的には買いで持ちたい通貨ですが、現状はじっと我慢です。投資資金が主要国へ流れているような相場環境では、上昇するのが厳しく、相場の雰囲気が変化するまで待つ必要があります。その後、米国ドルが下落するよう出れば、米国ドルとのペアでポジションを取るのが最適かと思われます。

 

 

 

| 為替予想 2018後 | 09:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
■ LATEST ENTRIES
■ CATEGORIES
■ ARCHIVES
■ SEARCH
■ LINKS
■ PROFILE