KAWASE BIIKI

ノルウェークローネ(NOK) 為替予想2018後半

ノルウェークローネ 為替予想2018後半

 

★総評 【やや強い】

ノルウェークローネは、上昇予想とします。ファンダメンタルズが改善されたため、徐々に値を上げていく展開を予想していますが、コツコツドカンといった感じでの下落の可能性もあり、迷うところです。

ノルウェークローネは2016年のエネルギー資源価格の下落に伴って大きく値を下げ、現在はそこからの回復局面にあります。足下の動きは、ヨーロッパ通貨が全体的に弱い局面にある中では、比較的下落幅が小さいですが、下落基調となっています。最近のリスクオフ局面では、他のヨーロッパ通貨や新興国通貨とは別のタイミングで上下しているイメージがあり、ちょっと要領を得ない動きとなっています。

国債格付けが高い先進資源国で、オセアニア通貨やカナダドルと似たようなイメージの通貨です。貿易に占めるエネルギー資源(天然ガス・原油)の割合が非常に高いというのが特徴になっています。そのため、エネルギー資源価格次第でいかようにも価格が上下することがあり注意する必要があります。

 

 

★経済状況

直近のエネルギー資源価格の高騰を受け、ノルウェー経済は底堅い動きです。経済成長率は弱いながらもプラスを維持、失業率は3%台で下落が続いています。

貿易指標を見ても、貿易収支・経常収支共に黒字で、黒字幅を徐々に拡大させております。リーマンショック後、最も低調だった2016序盤には、マイナス成長・貿易赤字・失業率4.5%超だったので、そこからの堅調な回復が見てとれます。エネルギー資源の輸出国で、以前は天然ガスが主な輸出品だったのですが、ガス田の閉田と直近の原油高によって、原油の輸出が天然ガスの輸出額を超えたようです。

ノルウェー経済の懸念材料は、民間債務の大きさです。個人を含めた債務水準が世界最悪クラスまで達していて、これがノルウェー経済を支えている部分が大きいのですが、今後、世界的に金利が上がる局面で不良債権化の恐れがあり、注意が必要になってきます。また、首都のオスロを中心に住宅バブルが発生しているため、こちらも先行きが懸念されます。

 

 

★金融政策

現在の政策金利は0.5%で事実上の0金利ですが、インフレ率が2%を超え、国内経済が堅調であることから、利上げが検討されています。中央銀行の声明では、8月か9月に行う公算が高いようです。

 

 

★トレードアイデア

・USD/NOK S

・GBP/NOK S

 

通貨ペアもタイミングも難しいトレードになりそうです。米国ドルが下落基調になったときに威力を発揮するようなポジションが理想ですが、あまりイメージが湧きません。上昇目線で見ることが出来る数少ない通貨のため、ポジションを取りたいところですが、実際のトレードは厳しいものになるような気がします。

 

 

 

| 為替予想 2018後 | 07:50 | comments(0) | trackbacks(0) |

イギリスポンド(GBP) 為替予想2018後半

イギリスポンド(GBP) 為替予想2018後半

 

★総評【やや弱い】

足下で弱い動きなっているイギリスポンドは、この動きが続くと予想します。もともと主要国の中ではファンダメンタルズが弱いイギリスで、値動きを見ても上値が重い傾向となっているため、今が売り時なのではないでしょうか。ただし、中期的なファンダメンタルズは回復基調を見せていて、下落幅は限定的なものとみています。どちらにせよ、大幅に上昇するという可能性が低い通貨のため、売り目線で気楽に考えていきたいところです。

今年の値動きは、年初から4月までは上昇、そこから直近まで間に全ての上昇をはき出すという、きれいな往って来い相場となっています。実はこれはそのままシカゴ投機筋の動きと重なっていまして、4月までは買いポジションが増加(たぶん利上げ期待から)、その後買いポジションが減少すると共にポンドも下落しています。現在の投機筋ポジションはネットでスクエアに近い水準のため、ここから相場を牽引する力があるのかは微妙ですが、常に警戒をしていきたいものです。

 

 

★経済状況

イギリス経済は好調をキープしています。経済成長率は鈍化傾向ですが、失業率が1970年代以来の水準となっていて、完全雇用を達成していると考えられます。ここから、経済を発展させる材料が乏しいのが、イギリスの弱点でもあるのですが、とりあえずは安定していると言って良いと思います。

貿易統計を見てみますと、貿易収支・経常収支は新興国を含めましても、最悪クラスのは赤字が続いていますが、通貨が下落したため、昨年辺りから、回復傾向を示していました。しかし、直近の値がまた大きく悪化しているため注意が必要です。この悪化の原因は、正直あまりよく分かりませんでした、そのため、もう少し様子を見たいところです。

債権は、個人・民間共に問題ない水準です。住宅価格は、ロンドンでバブルの気配がありましたが、現在は頭打ちと見られます。主に中国からとみられる海外からの投資が活発でしたが、これも減少したのかもしれません。

 

 

★金融政策

イギリスの経済政策は緩和的なものになっています。好調な経済と一時は3%を超えていたインフレ率を考慮しますと、利上げしても良い思われますが、中央銀行があまり積極的ではないようです。今後の政策金利については、中央銀行内でも意見が割れているようなので、もう少し様子を見たいところとなります。

 

 

★トレードアイデア

・GBP/JPY S

・EUR/GBP L

 

ポンドは、主要4通貨の中では最も下落目線で見ていく通貨で、そのまま主要通貨間のペアでの取引がよいのではないでしょうか。今すぐ売るなら日本円とのペアで、もう少し先でしたらユーロとのペアがリスクが低いと思われます。中長期的に見ても上昇する理由が弱いため、気長に保有する気持ちでよいでしょう。

 

 

 

| 為替予想 2018後 | 07:43 | comments(0) | trackbacks(0) |

ユーロ(EUR) 為替予想2018後半

ユーロ(EUR) 為替予想2018後半

 

★総評 【やや強い】

弱い動きを見せているユーロですが、反転上昇を予想します。昨年末の予想を外してしまっていますが、まだ懲りずに上昇を予想します。

足下では下落基調が続いているため、しばらくは弱い動きが続く可能性がありますが、ファンダメンタルズはかなり強固で、ここまで売られてきたこともあり、中期での下落の可能性は低くなっているのではないでしょうか。取引規模が大きな通貨のため、急上昇は起こりにくいと思われますが、上昇の余地はありそうです。

ここ数ヶ月の下落の要因は、投機筋による空売りの増加によるものと思われます。ユーロの買いポジションは、昨年急激に増え、これが昨年のユーロ上昇を支えました。しかし、今年の3月以降は、先行きの不安からか、売りポジションが増加しています。買いポジションの解消は進んでいないこともあり、この売りポジションの増加の動きが続く限りは、上昇は厳しいのかもしれません。そのため、実際に買いポジションを取る場合は、タイミングが重要になりそうです。一度じっくりと底を確認してから、長い期間での上昇に備えるのが安全性が高いトレードになると思われます。

ユーロ圏の金利水準は低い状態が続いているため、ユーロを調達通貨とした、キャリートレード(ユーロキャリトレード)が相当量存在していると思われます。なかなか実態が把握しにくいですが、相場を動かす力が大きいため、頭の片隅で存在を忘れないようにしていきたいところです。

 

 

★経済状況

高めの水準ながらも失業率は下落中、経済成長も安定しており、ヨーロッパ経済は好調のようです。生産系の指標にやや弱含みが見られますが、特に心配は無いと思われます。

貿易統計を見てみますと、貿易収支・経常収支とも黒字幅が大きく、非常に強い貿易環境と見てとれます。世界経済の成長を、ヨーロッパ貿易が享受しているようです。エネルギー資源価格の上昇は不安材料ですが、全体的に見れば、今後もこの好調な貿易が、ヨーロッパ経済を支えていくと考えられます。

債務状況は他の国々と比較してみましてもかなり健全、個人債務が急激に増えているような情報はありません。貯蓄率が高いのも、この地域の特徴です。ただ、民間ではリーマンショック以前の不良債権の処理がまだ残っているなど、懸念材料も存在しているようです。また、ドイツ銀行の経営が話題になっていますが、個別の金融機関の経営環境は怪しいところがありそうです。

 

 

★金融政策

先日のECB金融政策決定会合で量的緩和の終了スケジュールが決定しました。資産買い取り規模が、9月から現在の半分に当たる月150億ユーロへ縮小し、年末には終了することになりました。政策金利の引き上げについては、来年後半以降に慎重に行うかを決め、バランスシートの縮小は当面行わないという方針のようです。

全体的に見れば、緊縮的な方向に向かっているのですが、現在の経済状況を鑑みますと、慎重な判断に映ります。ただし、量的緩和の縮小幅は、決して小さいものではないため、新興国の為替・債券、その他の金融市場においても信用力の低いものを中心に影響出そうです。

 

 

★トレードアイデア

・EUR/NZD L

・EUR/CAD L

・EUR/TRY L

 

上昇目線で見ていますが、タイミングが問題になりそう。ユーロインデックスおよびユーロドルの底は確実に確認しておきたいところです。長期戦で問題は無いので、ここは慎重になるべきところでしょう。ペアはファンダメンタルズが弱い通貨を挙げましたが、タイミング合うのかはなんともいえません。流動的に見ていきたいところとなります。長期的に見ればトルコリラとのペア辺りが安全かもしれません。

 

 

 

| 為替予想 2018後 | 07:34 | comments(0) | trackbacks(0) |

中国人民元(CNY) 為替予想2018後半

中国人民元(CNY) 為替予想2018後半

 

★総評【中立】

中国人民元は、長期的には弱気予想も、直近では下落する理由も弱く「中立予想」とします。対米国ドルでの下落が指摘されますが、実行レートベースでは上昇しているため、中国人民元は弱い動きにはなっていません。ファンダメンタルズに弱いところもなく、しばらくは、強い動きになる可能性もあります。

中国で為替を管理するCFETS(中国外国為替取引システム)の関与が強まっていて、最近の人民元は完全な管理通貨になっています。変な動きがなくなってしまい面白味はないですが、他の通貨に与える影響が少なくなるため安心感はあります。政治的な動きから為替を上下させるといった雰囲気もなく、とりあえずはこのシステムが中国人民元を安定させることに寄与しているようです。

 

 

★経済状況

中国経済は、好調とみられています。失業率に信用のある統計がないため、実態が見えにくい部分もありますが、なにか経済的な混乱のようなものは見られず、落ち着いた成長が見られそうです。

貿易指標は貿易収支・経常収支共に黒字、ただし、年々黒字幅が縮小しているのは心配されるところです。石炭や原油価格が高騰していることも、貿易統計の悪化に拍車をかけそうです。また、中国国内の人件費が上昇しているため、輸出競争力に限りが見え始めていていて、この辺りの先行きも心配されます。米中間の貿易戦争懸念ですが、どこまで影響があるのかは今のところ判断しかねるところです。規模が決して小さくないため、予断の許さないところです。当然良い影響はありません。

中国国内では、不良債権の増加が懸念されますが、この処理はあまり進んでいない印象で、今後問題になる可能性があります。債務関連では、個人の債務は水準的には問題ないですが、増加傾向は気になるところです。また昨年から不動産価格が再上昇していて、こちらはバブルの懸念があります。海外に投資されていた資金が、規制などの影響で国内不動産に回帰しているようにも見えます。

 

 

★金融政策

人民銀行の金融政策はやや緩和的な動きに見えます。政策金利の変更ではなく、銀行の預金準備率を引き下げることで、資金の流動性を拡大しているようです。債務水準よりは、資金の流動性に不安があるのかもしれません。ここからも預金準備率の引き下げは続きそうです。また、中央銀行からは為替に関する声明は特にありません。

 

 

★トレードアイデア

・特になし

 

今は中国人民元を取引するタイミングではないように思えます。中国人民銀行やCEFTSが明確に人民元安を所望し始めてからが、取引するリスクを低下させることが出来そうです。目先の動きはやや上昇する位に見ていた方が賢明と思われます。

 

 

| 為替予想 2018後 | 18:30 | comments(0) | trackbacks(0) |

ニュージーランドドル(NZD) 為替予想2018後半

ニュージーランドドル(NZD) 為替予想2018後半

 

★総評 【弱い】

ニュージーランドドルは下落を予想します。足下の下落基調や資金が主要国に流れているという条件は、オーストラリアと同様なのですが、こちらの方が貿易指標が悪いため、より弱い動きなると予想しました。タイミングが難しいところはありますが、下落する場合は大きな動きになる可能性があります。

ニュージーランドは国債格付けが高く、金利を求める資金が集まりやすいという特徴があります。ニュージーランドの経済規模は小さい(人口400万人台)ため、そういった集まった資金が為替を上昇させ、貿易統計を悪化させるということになります。さらにリスクオフの環境ですと、投資資金は一度に流出するため、リーマンショック・バーナンキショック・人民元ショックと国際的な金融ショックの際には、ニュージーランドドルは大幅な価格下落を経験してきています。

現在のように、世界的に債務増加が懸念される状況ですと、ショックで相場全体が大きくリスクオフに傾く危険性があり、そのような場合は、ニュージーランドドルの下落幅は、大きくなると考えられます。

 

 

★経済状況

低成長ながら、失業率が低下中と経済は安定しているようです。

貿易統計を見ると、長期的には改善傾向を示していますが、貿易収支は赤字、経常収支は大幅な赤字が続いています。乳製品や食肉といった食品コモディティの価格は、安定していて、輸出金額に大きな変化は少なく。一方、エネルギー資源の輸入国であるため、足下の原油価格の高騰は、貿易指標を悪化させる要因になりそうです。

ニュージーランドもオーストラリアと同様、個人・民間の債務水準が高く、これが経済に悪影響を与える恐れが心配されています。また、バブルが懸念された住宅価格の高騰は、終了していて、これが住宅ローン市場などに与える影響を見定めたいところです。

 

 

★金融政策

インフレ率が低下傾向のため、実質金利が増加中です。直近のインフレ率は年0.6%と中央銀行の目標値を下回っていて、この水準では利上げを行う可能性は低いとみています。当分は現在の政策金利が維持される可能性が高そうです。

 

 

★トレードアイデア

・NZD/JPY S

・NZD/EUR S

 

積極的に下落を狙っていきたい通貨となります。相手は日本円やユーロといった主要国が安全でしょう。米国ドルもありかもしれません。足下で下落基調なため、この流れに乗りながら売りすすめ、大幅な下落を待つというのが理想的な動きになりそうです。

 

 

 

| 為替予想 2018後 | 18:27 | comments(0) | trackbacks(0) |

オーストラリアドル(AUD) 為替予想2018後半

オーストラリアドル(AUD) 為替予想2018後半

 

★総評 【中立】

オーストラリアドルは、予想が難しく中立予想とさせていただきます。資源国通貨の中では相対的には良いファンダメンタルなのですが、足下で下落基調を強めていること、また、世界的に資源国通貨は売られやすい環境にある等の理由から下落の可能性もあり、中期間での予想がなかなか難しくなっていると考えます。

より長めな期間を考えますと、上昇で見ていきたいのですが、その前に、一度大きく下落していただけると助かるというのが本音です。現在投機筋のポジションがやや売りに傾いているため、オーストラリアドルの下落と共に、このポジションが増えるようですと、その後の上昇が期待できるのではないでしょうか。

オセアニア通貨では、お隣ニュージーランドの方がファンダメンタルズ的には悪く、そちらの下落を狙うトレードがシンプルな取引にはなりそうです。

 

 

★経済状況

オーストラリア経済は堅調です。3%台の経済成長率と下落基調の失業率は、好景気を示しています。

貿易統計は、貿易収支が、年初に一度赤字に転落しましたがその後持ち直し黒字基調を維持、経常収支は赤字も、赤字幅は縮小傾向です。主要輸出品である石炭・鉄鉱石価格が2016年に底を打ち、その後は反転。これが貿易統計の改善に寄与しています。不安材料は、最近やや中国との政治的な関係に溝が出来ていることです。貿易との関係は不明ですが、気になることではあります。

オーストラリアはカナダと共に、かなり高い水準で民間・個人債務が膨らんでいます。この水準からさらに大きくなる可能性は低いのですが、世界的な金利の上昇がこの辺りの利払いに影響を与えるようになりますと、経済への波及効果は大きくなりそうです。また、上昇が続いていた住宅価格ですが、シドニーなど都市部では下落に転じたようです。先行きも下落予想が増え、不動産バブルが収まりそうな気配です。もちろん不動産価格が急下落し、住宅ローンの不良債権化の恐れも残っています。

 

 

★金融政策

現在政策金利は1.5%ですが、この水準が維持されそうです。好景気と安定したインフレ率(2%弱)からもう何段階かの利上げが出来ると思われますが、オーストラリア準備銀行は緩和的なスタンスが好みのようです。バブルの恐れがあるオーストラリア経済で緩和的な金融スタンスはやや危険な感じがします。また、オーストラリア準備銀行はオーストラリアドルの上昇を懸念しているようです。

 

 

★トレードアイデア

・AUD/NZD L

 

基本的には直ちにポジションを取るべき通貨では無いと思われます。足下では下落基調、先行きはやや上目線のため、一度下落が欲しいところです。その後であれば、似たようなタイミングで動くニュージーランドドルとのペアが自然な気がします。オーストラリアドル「買い」・ニュージーランドドル「売り」のポジションがシンプルかつ健全なポジションになりそうです。

 

| 為替予想 2018後 | 18:38 | comments(0) | trackbacks(0) |

日本円(JPY) 為替予想2018後半

日本円(JPY) 為替予想2018後半

 

★総評 【やや強い】

日本円は強気の予想をします。大きな値動きになることはないかもしれませんが、底堅い展開になる可能性が高そうです。為替市場全体で、新興国資源国から先進主要国への資金の移動の流れが出来ているため、日本円は上昇しやすい環境にあると考えられます。

日本円は、全通貨の中でも最上位に安定したファンダメンタルズを持ち、大幅な下落の心配が無いのが強みです。ただ現状としては日本側で強調できる部分は少なく、何か上昇するきっかけが欲しいところとなります。同じく経常黒字の先進国通貨であるユーロと比較では、ユーロがあまりにも頼りない動きをしているため、日本円の方がやや優位かなとみていますが、大きな差は無いのかもしれません。

市場環境がリスクオフに傾いた場合に短期間で上昇する特性があるため、ここからの相場環境では、ショートポジションを持つのは非常に危険であると考えています。

 

 

★経済状況

ここ数年、特に変化があったわけではなく、低調ながら落ち着いた経済成長を続けています。低い失業率が続いていて、先行きを見ても、心配は少なそうです。

貿易統計は、貿易収支は単月で赤字になることもありますが、基調としては黒字。経常収支は大幅な黒字が続いています。原油価格の上昇に伴う、貿易収支の悪化が気になるところですが、現状ではまだ影響は見られていません。今後多少の影響は出てくるのかもしれません。日本は対外債権国のため、世界の金利が上昇している現状では、金利収入の増加が見込まれます。これが経常収支を改善させる効果がありそうです。

世界的に債務が増加している状況ですが、日本では政府債務以外は、それ程心配される状況ではありません。不動産価格を見ても、局所的な上昇はありますが、他国と相対的に比較すると問題の無い水準であると考えられます。こういった経済環境は、これからの世界経済で優位に働くことになりそうです。

 

 

★金融政策

このところ大きな変化がない金融政策が続いていて、これがこのまま継続される可能性が高いとみています。この下半期で量的緩和の縮小が行われるようなことはないでしょう。ただ、実際には国債の買い取り量は減ってきていて、ステルステーパリングといわれても仕方がない面もあります。

他の主要国の中央銀行が、金融政策を緊縮的に変化させている局面のため、相対的に緩和的な金融政策との見方がされることになりそうです。

 

 

★トレードアイデア

・TRY/JPY S

・NZD/JPY S

・CAD/JPY S

 

分かりやすく上昇目線で見ていく通貨のため、下落予想の通貨とのペアになります。新興国資源国通貨の中で、ファンダメンタルズが弱い通貨を選んでみました。タイミングは難しそうですが、大幅下落の可能性が高いトルコリラ。中長期で楽しめそうな、ニュージーランドドル・カナダドルと割と選択肢はありそうです。ここにイギリスポンド・南アフリカランドまでは考慮してよいと思っています。

対米国ドルでも上昇すると考えていますが、こちらは値幅が小さいと想定していて、投資妙味がないと判断しています。

 

| 為替予想 2018後 | 18:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
■ LATEST ENTRIES
■ CATEGORIES
■ ARCHIVES
■ SEARCH
■ LINKS
■ PROFILE