KAWASE BIIKI

イギリスポンド(GBP) 為替予想2019前半

イギリスポンド(GBP) 為替予想2019前半

 

★総評【下落】

半年〜1年で、実質実効為替レートが  - 5% 〜   - 15%

 

EU離脱問題で何かと騒がしい英国の通貨ポンドですが、下落を予想します。割高感もありますが、ここに来てファンダメンタルズが悪化、素直に売りと見て良いと思います。EU離脱も問題ですが、どちらかというと産業成長力・競争力が弱いというのが、この国の経済の弱点でしょう。

さらに、より長期的に見た場合で見ても下落予想は変わらずで、実際にEU離脱をした場合にはもう一段階予想を下げる必要があるとみています。

 

 

★経済状況

英国の経済状況は悪くはありません。1%台の経済成長と安定した失業率は順調な経済を予感させます。2018年初頭3%と先進国の中では高めの水準で推移していたインフレ率が、2%台まで下落したことが特徴的でしょうか。

貿易指標は悪化しています。2016年後半辺りには一時改善傾向があった貿易収支がここにきて赤字幅が拡大。当然経常収支の赤字幅も拡大しました。内容は精査できていませんが、直近の輸入額の増加が気になるところです。

債務水準は、民間・個人共に大きく変動はないのですが、全体的に高い水準です。ロンドンを中心に問題となっていた住宅価格の高騰は解消中。世界的に住宅バブルは収束しているように思えます。

 

 

★金融政策

イングランド銀行は2017年と2018年に一回づつ利上げを行っていますが、今後については一旦利上げを休止する見通しです。インフレ率も落ち着いていますし、現状の経済状況で利上げを急ぐ必要はないでしょう。

 

 

★トレードアイデア

・EUR/GBP L

 

積極的にポジションを採るべきか悩み所ですが、もし持つとしたら「売り」になります。相手はユーロが安全でしょうか。タイミングは正直よく分からないところ、ユーロ側のタイミングで見た方が入りやすいと思われます。

 

 

| 為替予想 2019前半 | 08:49 | comments(0) | trackbacks(0) |

ユーロ(EUR) 為替予想2019前半

ユーロ(EUR) 為替予想2019前半

 

★総評【上昇】

半年〜1年で、実質実効為替レートが  +5% 〜  +15%

 

2018年は弱めの動きになったユーロですが、2019年前半は強気予想とします。現行水準は割安、ファンダメンタルズに大きな変化はなく、上昇するきっかけ待ちの状況です。米国ドルが下落するような状況になれば上昇が期待できると思われます。

ユーロは2017に上昇を開始、ここ1年ほどは安定した動きが続きました。明確な上昇を始めるには時間がかかる可能性がありますが、そろそろ良い頃かなと思っていたりもします。

足下ではIMM通貨先物ポジションも売越しになるなど、上昇する環境は整ってきました。欧州内の政治状況などは注意する必要はありますが、大きく下落する可能性は低いため、じっくりと時間をかけてタイミングを計りたいところです。

 

 

★経済状況

ユーロ圏経済はプラス成長と失業率の低下は続いていますが、失業率の低下は鈍化中です。個人消費などを見てみましても、経済状況は極端に悪いわけではないけれど、良いとも言いにくいという状況なのだと思われます。貿易指標は貿易収支・経常収支とも黒字を維持しています。しかし、直近の値は悪化傾向を示していて、天然資源価格の上昇が影響を与えていると思われます。貿易量は対米・対中とも増加しています。

債務については、個人・民間・金融機関は全体的に見て問題なし、国債については個別には色々ありますが、うるさく騒ぐほどの問題はなく、対外債務の水準も考えても悪くない環境であると思われます。

 

 

★金融政策

2018年年末で債券買い入れプログラムが終了し、2015年から続いた量的緩和が終了しました。経済状況を考えると、今後利上げできるかは微妙なところで、出来なくはないけれど、少し時間をおく可能性はありそうです。現在の予定では10月頃を計画しているようですが、後ずれする可能性は高そうです。よってこの半年に関しましては、特に動きはないのではないかと思われます。先行きについての議論に耳を傾けたいところです。

 

 

★トレードアイデア

・EUR/NZD L

・EUR/USD L

 

基本的には「買い」で良いと思います。ただ現状でユーロの底値が確認できているわけではないので、ユーロの底を明確に確認できてからがベストのタイミングでしょう。相手は下落しそうなニュージーランドドル・米国ドル・イギリスポンド等、状況によっては南アフリカランドなどの新興国通貨を混ぜるのも一興となります。

 

 

| 為替予想 2019前半 | 08:46 | comments(0) | trackbacks(0) |

中国人民元(CNY) 為替予想2019前半

中国人民元(CNY) 為替予想2019前半

 

★総評 【中立】

半年〜1年で、実質実効為替レートが  - 5% 〜  + 5%

 

注目の中国人民元ですが、動きが少ない展開になると予想します。現在の為替は適正水準付近。経済が低迷する雰囲気や、金融政策が緩和的な方向に動くなど不安要素はありますが、ここにきて貿易と生産が回復してきたため、現水準でしたら下落させる必要はないと考えています。より長期でみた場合では、下落方向の予想になります.

 

 

★経済状況

中国経済は6%台の経済成長が継続とまずまずの状況のようです。消費の伸びが鈍化していますが、まだ経済を支える力はありそうです。

貿易指標については、2018年前半は輸入が増えたことで、一時経常赤字に落ち込みましたが、直近は黒字に回復しています。輸出量が増えているため、米中貿易問題からの駆け込み輸出と見る向きもあります。しかし、数字を見る限り輸出の増加は一時的なものではなさそうです。ヨーロッパとの貿易が増えているので、昨年辺りに開通した「一帯一路」構想の中欧間の物流列車が本格稼働し始めたのだと思われます。貿易額自体も拡大中で、中国の貿易についてはイメージほど悪くはないようです。

中国で問題になるのは、債務についてでしょう。企業債務の増加がほぼ限界に到達、資金繰りの悪化から倒産している企業が増えているようです。この傾向は今後も続くことが予想されます。また、個人の債務水準が急上昇しています。住宅価格の値上がりが続いているため、個人の消費に使用できる資金が減少することが懸念されます。現状はまだそれ程気にする水準ではありませんが、この急上昇は後々問題になりそうです。

同様に、ここ数年で対外債務水準も急上昇しています。何年か後の話ですが、中国経済が債務に押しつぶされないか心配になります。

 

 

★金融政策

中国人民銀行は、緩和的な金融政策を推し進めています。銀行の預金準備率の引き下げや民間債務の買い取りなどを行い債務に苦しむ民間企業に資金が流れるようにしているようです。これらの政策は足下の景気に効果があったように見えます。

今後も緩和的な政策は拡大されることが予想されていて、ついに政策金利の引き下げも行われるのではないかと噂されています。そうなりますと人民元の水準にも影響を与えることになりそうです。

 

 

★トレードアイデア

・特になし

 

今すぐにポジションを取るべき通貨ではないと考えています。ゆっくりと経済状況を分析していきたいところです。

 

 

| 為替予想 2019前半 | 11:46 | comments(0) | trackbacks(0) |

ニュージーランドドル(NZD) 為替予想2019前半

ニュージーランドドル(NZD) 為替予想前半

 

★総評【大きく下落】

半年〜1年で、実質実効為替レートが   -15% 以上の下落

 

2018年後半は上下に動いたニュージーランドドルですが、2019年前半は下落すると予想します。現状の為替水準が割高で、ファンダメンタルが悪化中、金融政策は緩和的な予想が増加、IMM先物ポジションも買越しに転じていて、売り材料が並ぶ状況になってしまっています。為替相場全体の状況にもよりますが、リスクオフ環境が強まった場合では下落幅は大きくなる可能性が高いと考えています。

ただし、ニュージーランドドル他の通貨の動きに左右されやすい側面もあるため、キャリートレードが増加したり、米国ドルが大きく下落するような局面では上昇する可能性も残っているため実際の取引の際には気をつけたいところです。

 

 

★経済状況

ニュージーランド経済は、足下好調を維持しています。安定した経済成長が続き、失業率も大幅に改善しています。小売り売上高の伸びがここにきて鈍化してきているため、消費の減少から景気悪化の可能性が心配されています。

貿易指標は悪化中。貿易収支・経常収支とも大きめな赤字で、赤字幅は拡大中です。直近2018年3Q期の経常赤字は金額ベースでは過去最悪水準、GDP比で見た場合では2007年の最悪期の7割弱程度の水準となっています。エネルギー資源輸入国であるため、最近の原油価格の下落は恩恵を受けると思われます。

心配される債務水準ですが、個人の債務はこれ以上は増やせない状態、住宅価格の下落とともにオーストラリアと似たような状況となっています。その他、対外債務水準が増加していることも懸念材料です。

 

 

★金融政策

インフレ率が2%に近い水準で推移しているため、利上げの期待もあったのですが、時が経つにつれ、利上げ期待は減少している状況です。先日オーストラリアニュージーランド銀行(民間銀行です)のレポートで、金融政策の予測を利下げ方向に引き下げたことが話題になり、ニュージーランドドルの水準にも影響を与えました。

ニュージーランド経済の先行きは不安定要素が大きく、債務水準を鑑みても、利下げはともかく、利上げは難しい環境でしょう。経済状況を見ながらの緩和的な動きというのが、堅実な予想である思われます。

 

 

★トレードアイデア

・NZD/JPY S

・EUR/NZD L

 

基本的には下落目線で良いと思います。相手も主要国通貨で手堅くいきたいところです。この予想が投稿される年末年始のような市場流動性が少ない時期に、下落幅が大きくなる可能性が高くなりそうです。

 

 

| 為替予想 2019前半 | 23:54 | comments(0) | trackbacks(0) |

オーストラリアドル(AUD) 為替予想2019前半

オーストラリアドル(AUD)為替予想2019前半

 

★総評 【中立】 

半年〜1年で、実質実効為替レートが  - 5% 〜  + 5%

 

オーストラリアドルは予想が難しい状況、とりあえずの中立予想ですが上下大きく動く可能性があります。ファンダメンタルズは改善も、経済状況は先行き不安、金融政策もやや緩和的に動く可能性があり、強い予想は出来ませんでした。資源価格の動向は強気材料も、中国経済の先行きや、オーストラリア経済自体が弱気材料となっています。

現状水準から20%以上の下落をしたような場合では「買い」で良いと思われますが、現状ではあまり手を出したくないというのが本音であります。

 

 

★経済状況

オーストラリア経済は、足下好調、安定した経済成長と改善された失業率、2%前後のインフレ率といかにも好景気感がある数値になっています。資源価格(主に石炭や鉄鉱石・天然ガス)がやや上昇したため、貿易指標が改善、貿易収支はソコソコの規模の黒字、経常収支は赤字も値は改善しています。

オーストラリア経済で問題になるのは債務水準です。民間・個人ともに債務がほぼ限界まで積み上がっていて、債券市場の動向によっては、景気自体に大きな影響を与えそうです。

さらに、ついに下落が始まった住宅価格もオーストラリア経済のアキレス腱になる可能性があります。オーストラリアの個人消費は、住宅価格の上昇に伴う個人債務の増加が支えていた面があり、住宅価格が下落することにより、個人消費の落ち込みが懸念されます。元々オーストラリアの個人貯蓄率が低いため、借り入れが増やせない状況では、消費額は増加できなくなると思われます。

 

 

★金融政策

インフレ率が2%に近づいたため、利上げも検討されましたが、現状ではそうした期待はなくなっています。オーストラリア中銀が、民間・個人の債務水準を気にしている素振りがあり、金融政策が緊縮的に動く可能性は低いと思われます。次の金融政策の変更が利上げになるのか利下げになるのかは、意見が分かれるところでありますし、オーストラリアドルの行方も左右することになりそうです。

 

 

★トレードアイデア

・特になし

 

現状ではポジションを持つ必要を感じません。資源価格動向にもよりますが、長期的には上昇方向で見ていきたいと考えています。

 

 

| 為替予想 2019前半 | 13:38 | comments(0) | trackbacks(0) |

日本円(JPY) 為替予想2019前半

日本円(JPY) 為替予想2019前半

 

★総評 【上昇】 

半年〜1年で、実質実効為替レートが  +5% 〜  +15%

 

日本円は上昇を予想します。ファンダメンタルズがやや悪化傾向も、現行では割安水準。水準感だけですとユーロの方が割安なのですが、欧州経済のゴタゴタを考慮すると日本円の方が安心感はあると思います。IMM先物ポジションで売りポジションが溜まっていることもあり、これが調整されるだけでもある程度の値幅は期待でそうです。

相場環境が不安定になる中で、安心して保有できる通貨で、売りで持ってはいけない代表的通貨となります。2018年前半相場の中で最も堅実な通貨といえるのではないでしょうか。

 

 

★経済状況

低成長も相変わらずの低失業率で安定した経済環境です。完全雇用状態が続き、求人倍率が増加、その中で企業業績は好調を維持しています。

貿易指標はやや全体的にやや悪化中、これはここ半年の先進工業国のトレンドでもあります。経常収支は黒字を保っていますが、貿易収支は小幅の赤字。輸出が増加する中で、輸入額が大きく拡大しているため、資源価格の高騰が原因と考えています。

債務水準を見てみますと、金融機関も、民間も個人も特に強調する必要がない水準です。住宅価格もバブルという感じはなく、

他国と比較してみますと、安定感のある状況であるとみて良いのではないでしょうか。

 

 

★金融政策

日本銀行の金融政策に大きな変更は無さそうです。その中で債券の買入量については徐々に減少していくとを考えられます。難しいのは、他国の金融政策の影響です。米国がバランスシートを縮小、ECBが量的緩和を終了したため、主要中央銀行の金融政策の中では相対的に緩和的と考えられます。しかし、米国の利上げ停止やECBも利上げを躊躇しそうなことを考えますと、中期的にはむしろ相対的な緊縮感が強まるおそれもあり、慎重な判断が必要となりそうです

 

 

★トレードアイデア

・USD/JPY S

・NZD/JPY S

 

日本円は「買い」で問題なく相手を探すのが重要になりそうです。米国ドルとニュージーランドドルは売りやすい状態、その他ではファンダメンタルズが悪化している東ヨーロッパ通貨が狙い目でしょうか。トルコリラやメキシコペソ、南アフリカランドはもう少し指標を確認したいところです。

 

 

| 為替予想 2019前半 | 10:48 | comments(0) | trackbacks(0) |

2018年後半のまとめと、2019年の展望

年の瀬も押し迫ってきたと言うことで、2018年後半相場のまとめです。

 

2018年後半の為替市場はやや波乱含みの展開でした。8月にトルコリラを中心に新興国通貨が大きく下落し、トルコリラの下落幅は対米国ドルで一時30%を超えるなど暴落と言って良い水準になります。しかし新興国通貨の値動きはこれがハイライトで、その後は値を戻すなど値動きが少ない展開になりました。結局その後の相場の主役は米国ドルに代わり、年後半の米国ドルは徐々にに値を切り上げ、年初来高値水準で今年を終えることになりそうです。主要国通貨ではユーロやイギリスポンドは英国EU離脱問題などがあり弱い動き、日本円も頭の重い展開でした。

相場を動かした要因としては、各国の金融政策が緊縮的な方向性に向かったことが挙げられます。米国FRBのバランスシート縮小が進み、金融市場から資金が引き揚げられたことで、相場全体がリスクオフになりやすい相場環境でした。そのため、新興国から主要国へ資金が動いたのだと思われます。また、原油価格も為替市場に影響を与えました。原油価格は一時のWTI1バレル=70ドル超えから足下45ドル台まで急下落。これは産油国通貨にとっては厳しい動きです。

 

 

2019年の為替市場ですが、ボラティリティが大きくなり荒れた展開になると予想します。金融市場が不安定になり、相場全体のリスクオフが為替市場にも影響を与えそうです。

 

相場を動かす要因としては、「世界経済」「金融政策の動き」「原油価格」を挙げておきます。

「世界経済」は、現在の世界経済は好景気が続いていますが、先行きを懸念する声が増えてきました。そんな中で各国の「小売り売上高」に注目です。世界的に個人債務が増加する中で消費にまわせる所得が減少する可能性があり、消費額の縮小が懸念されます。特に住宅価格の下落が始まったオセアニアや北欧で逆資産効果があらわれるため、消費への悪影響が大きくなりそうです。消費の低迷から、世界経済は成長鈍化の方向に向うと想定しています。

「金融政策の方向性」ですが、米国FRBの利上げ回数は当然注目されます。米国債のイールドカーブがフラット化する中での利上げのため市場との対話が重要、パウエル議長の手腕が問われそうです。また量的緩和が終了するECB、利上げを始めたけれど経済の先行きに不安がある資源国など、幅広い地域の中央銀行の動きに注目する必要がありそうです。

「原油価格」に関しましては、供給過剰が続いているため、上値の重い状況が続くと予想します。OPECによる減産は始まりますが、米国シェールオイルの増産継続や大口投機玉のポジション調整も考慮しますと、価格上昇は期待しない方が良いのではないでしょうか。

 

注目している通貨は「米国ドル」です。米国のファンダメンタルが悪化する中でも、経済実態は相対的に堅調。IMM先物ポジションなどを考えましても、天井付近の水準にあるとは思われますが、いつ天井を付けるのかは判断が難しいところとなっていて、いかにも分析しがいがある通貨であると考えています。

 

 

 

為替市場は2017年から2018年前半ぐらいまでは値動きが乏しい環境が続きました。しかし金融市場が不安定になる中で、ここからは値動きが大きくなることが予想されます。トレードを生業とする者にとっては稼ぎ時になります。

リスクオフ環境中で主要国通貨の下落もありえるため、意外な通貨が大きく動くことも想定されます。2019年の為替市場は非常に面白い市場になるのではないでしょうか。

 

 

ということで、週明けから全通貨の予想を書いていきます。昨年よりは断然自信がありますので、どうぞよろしくお願いいたします。

| コラム | 16:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
■ LATEST ENTRIES
■ CATEGORIES
■ ARCHIVES
■ SEARCH
■ LINKS
■ PROFILE