KAWASE BIIKI

実質実効為替レート2017年12月

2017年12月の実質実効為替レートです。
    2017.12   2017.6比
・ アジア・オセアニア
   日本円 【JPY】       72.6 -5.1%
   オーストラリアドル 【AUD】 106.3 -0.7%
   ニュージーランドドル 【NZD】 105.8 -5.5%
   中国人民元 【CNY】 124.2 2.3%
  
・ ヨーロッパ・その他
   ユーロ 【EUR】 95.1 2.9%
   イギリスポンド 【GBP】 86.3 2.0%
   ノルウェークローネ 【NOK】 87.1 -2.6%
   ロシアルーブル 【RUB】 106.3 -5.4%
   ポーランドズロチ 【PLN】 102.3 2.0%
   トルコリラ 【TRY】 87.8 -7.9%
   南アフリカランド 【ZAR】 86.5 -3.6%
 
・ 北アメリカ・中南米
   アメリカドル 【USA】 101.8 -2.8%
   カナダドル 【CAD】 95.9 2.9%
   メキシコペソ 【MXN】 79.4 -4.2%
   ブラジルレアル 【BRL】 98.5 -2.0%
 
データ期間 1994年1月〜
データ期間中の平均値を100とする。
元データはBIS国際決済銀行から。

 

 

2017年後半の各国通貨の値動きですが、年前半同様10%超える動きがなく、小幅な値動きになりました。

上昇した通貨では、ユーロ・イギリスポンド・ポーランドズロチとヨーロッパの工業国が並び、この地域の産業の回復が確認できます。その他では中国人民元・カナダが上昇しています。最も上昇した、ユーロとカナダでも上昇幅が2.9%とかなりの小幅な値動きになったのが特徴的です。

下落した通貨ではトルコリラの7.9%が目立ちますが、極端に大きな数値ではありません。その後にニュージーランドドル・ロシアルーブルと資源国・新興国通貨が続き、やや意外な日本円が下落幅4位となりました。年前半と同じくアメリカドルが下落した中で、新興国・資源国通貨が総じて弱い動きになっていたようです。

 

 

 

 

| 実質実効為替レート | 12:47 | comments(0) | trackbacks(0) |

為替予想2018前半 まとめ

為替予想2018 まとめ

 

★強い   ・日本円         ・ユーロ

★やや強い ・オーストラリアドル   ・ロシアルーブル    ・ポーランドズロチ

★中立   ・イギリスポンド     ・南アフリカランド   ・ブラジルレアル

★やや弱い ・中国人民元       ・アメリカドル     ・カナダドル     ・メキシコペソ

★弱い   ・ニュージーランドドル  ・ノルウェークローネ  ・トルコリラ

 

★想定環境

・原油価格はWTI1バレル = 55ドル〜65ドル

・資源価格は基本的にやや上昇、貴金属はパラジウムを除きやや弱めな動き。

・アメリカの利上げ、バランスシートの縮小はおおむね順調に進む。

・ECBは利上げはできずも、国債の買取は減少。

・世界経済は堅調・貿易量が増加。失業率が減少。債務は増加。

・一部バブルの懸念があった地域では、住宅価格は下落傾向に。

・株価も世界的に上昇も、2017年ほどの上昇幅にはならず。

・インフレ率が世界的に上昇傾向を示す。

 

基本的に2017年後半からの経済が続いていき、非連続的なことは起こりにくいかなと考えます。主要国の金融政策が緊縮的になるのが気になるところですが、アメリカドルの上昇はないとみています。為替全体で見ても、値幅が少ない傾向が続きそうです。

 

★トレードアイデア

・EUR/USD  L

・EUR/TRY  L

・EUR/NOK  L

・MXN/JPY  S

・CAD/JPY  S

・USD/RUB  S

・AUD/NZD  L

 

たくさんか書きましたが、迷いがあると思ってください。ユーロ・日本円の上昇を軸として、下落しそうな通貨を組み合わせていくのがベターかと思います。そのほか強くなりそうな資源国をロングで持ってみたいところです。キャリートレードが強ます場合は要注意です。

 

 

 

2017年も 「KAWASE BIIKI」 をご覧いただきありがとうございました。

良いお年をお迎えください。

 

| 為替予想 2018前 | 20:44 | comments(0) | trackbacks(0) |

ブラジルレアル(BRL) 為替予想 2018前半

ブラジルレアル【BRL】

★総評 中立

2016年は大きな上昇も、2017年は小幅な動きになったブラジルレアルは中立予想とします。全体的にそれほど悪くはないけれど、強調できる材料もなく、資源価格次第の印象です。

 

★経済 マクロ指標など

ブラジル経済は回復基調にあります。2015年から8期連続でマイナス成長でしたが、2017年は1Qからプラス成長に回復、その後も低いながらも安定した成長を維持しています。失業率も12%台と高い水準ながら低下傾向を見せていて、これからの改善を期待させます。鉄鉱石や石炭などの資源価格の上昇が主な成長理由で、工場生産や内需主導の成長は遅れているようです。貿易指標を見ると、貿易収支は黒字、経常収支は赤字になっています。経常収支の赤字は縮小してきていて、利払いのための支出のため、これから金利が引き下がれば改善の余地はあります。

債務系の指標では、個人・民間セクターともにそれほどの水準でなく、差し迫った問題はないようです。民間セクターの債務が減少傾向にあるのが、ブラジル経済の特徴と思われます。

 

★金融政策

高インフレ対策として、緊縮的な金融政策を敷いているブラジル中銀ですが、ここにきて政策金利を急低下させています。インフレ率が2%台になっているため、これからも利下げが進んでいくものと考えられます。

 

★トレードアイデア

・USD/BRL S

特にポジションを持つべき水準とは思えませんが、持つならば上方向で見ていきたいところです。地理的な特異性が魅力で、アメリカドルを売りで持つ場合に、通貨を分散させたいのであれば選択肢に入れていもいいと思います。資源価格の動向は当然注目材料です。

 

| 為替予想 2018前 | 23:06 | comments(0) | trackbacks(0) |

メキシコペソ(MXN) 為替予想2018前半

メキシコペソ【MXN】

★総評 やや弱い

2016年に急落し、2017年前半は上昇したメキシコペソですが、2018年は下落を予想します。水準が割高のほか、原油価格が頭打ちしているため、弱めな動きになると想定されます。

 

★経済・マクロ指標など

メキシコ経済は停滞中です。失業率は低下傾向なのですが、経済成長率がマイナスになるなど厳しい経済状況となっています。工業生産・小売売上が前年同期比でマイナスになるなど広範囲で弱い経済状況になっているようです。原油生産が減少傾向で、直近はさらに下げ幅を拡大してきているため、メキシコの産油国としての地位は低くなっています。貿易指標では、貿易収支は単月で黒字になる月はありますが、全体的に見て赤字、経常収支も同様な傾向です。赤字幅はそこそこの大きさといったところでしょうか。アメリカとの通商関係がギクシャクしているように見えますが、輸出・輸入ともに過去最高額を記録していて、貿易の停滞はなさそうです。

債務を見ますと、個人・民間セクターともに水準的にはそこまで大きくはないのですが、急拡大していることが気がかりです。ここ数年の新興国の金融環境の典型的な特徴になります。

 

★金融政策

急激な為替の下落に対応するため、金融政策はかなり緊縮的なものを採用していました。インフレ率が高止まりしているため、しばらくは政策金利もこの水準で推移することも考えられます。

 

★トレードアイデア

・EUR/MXN L

・MXN/JPY S

下方向で見ていく通貨のため、ファンダメンタルズが良さそうな主要国通貨との相性が良さそうです。カナダドルと似た感じになります。2016年にすでに大きく下落してしまったため、下げる余地はそれほど大きくはないかもしれません。

 

 

| 為替予想 2018前 | 16:03 | comments(0) | trackbacks(0) |

カナダドル(CAD) 為替予想2018前半

カナダドル【CAD】

★総評 やや弱い

カナダドルは下落すると予想。特に強調するところがあるわけではないですが、ここ数年ファンダメンタルズが弱い状況で推移しているため、単純に通貨が割高の下落予想とします。アメリカの消費の状況や、資源価格の推移など外部環境によって左右されやすい通貨です。

 

★経済・マクロ指標など

カナダ経済は好調です。2015年から16年にかけてのマイナス成長を乗り越え、成長率が安定し失業率も低下傾向、足元で大幅に改善を見せています。アメリカの消費が好調なため、輸出が増加しているほか、様々な資源価格が上昇傾向にあることも、カナダ経済を支えています。しかし、貿易指標は貿易収支・経常収支とも大きめな赤字、赤字幅は多少改善していますが良い値とは言いにくい環境です。リーマンショック以降、資金流入が相次いだことで、為替が常時割高で推移している感じがします。

カナダといえば、巨額の債務が問題になりそうです。住宅価格が急騰したことで、個人の住宅ローン水準が大きく上昇しました。様々な規制などで、住宅価格が頭打ちになりましたが、今後住宅価格が下落する段階で、返済が問題になってくる可能性はありそうです。また、民間セクターの債務水準も世界最高水準まで増加中。こちらも金利が増加する中で、様々なリスクが表れてくることになりそうです。

 

★金融政策

2017年は2回の利上げを実施、インフレ率がやや上昇傾向にあるため、利上げ方向で考えるのが基本ですが、債務水準を考えると、あまり上げたがらない可能性はあります。インフレ率の推移を注視したいところです。

 

★トレードアイデア

・EUR/CAD L

・CAD/JPY S

下方向目線が基本になります。ペアは主要国通貨のほうが無難でしょうか。値幅は それほど大きくはならないと考えています。対オーストラリアドルでショートで持つのも面白いかもしれません。

 

| 為替予想 2018前 | 14:46 | comments(0) | trackbacks(0) |

アメリカドル(USD) 為替予想2018前半

アメリカドル(USD)

★総評 やや弱い

2017年はさえない動きであったアメリカドルは、2018年も弱目な動きにると予想します。リスクオンの金融環境の中で、新興国へ資金が移動しやすく、また主要国の中ではよりファンダメンタルズ的に強いユーロへの移動が進むためアメリカドルは売られやすい展開になると考えられます。

 

★経済・マクロ指標など

アメリカ経済は堅調です。個人消費の増加による底堅い経済成長により、失業率が歴史的に低い水準まで低下しています。足元で労働者賃金も伸びを見せ、経済の強さを感じさせます。株価を中心に、金融市場でバブルの懸念がありますが、しばらくは問題にならないでしょう。貿易指標は、貿易収支・経常収支ともに赤字、消費が伸びたことにより、輸入が増え、赤字幅を広げることになっています。原油価格の値上がりによって、シェールガス・オイルの生産が伸び、2018年はアメリカがエネルギー資源の純輸出国になる可能性もあります。

債務を見てみますと、民間セクターの債務は伸びていますが、問題のない水準。個人の債務では、住宅ローンは同様に伸びてはいるけれど問題のない水準、自動車ローンはこれ以上は増やせない状況、クレジットカードローンや学生ローンは急上昇はしていて、これは時間をおいて問題になる可能性がありそうです。住宅価格は高騰していますが、バブルが懸念されるのは一部地域に限られます。

 

★金融政策

2017年は順調に4回の利上げをこなし、2018年も3〜4回程度の利上げが予想されています。これはとりあえずはこなすと思います。2月にFRBのイエレン氏が退任するため、その後のかじ取りがどのようになるのか注意してみておきたいところです。政策の方向自体には変化はないでしょうが、市場との対話力に違いが出る可能性があります。また、FOMCメンバーが数人変更になります。よりタカ派なメンバーになるとみられ、このことが金融政策にどのような影響を与えるのかも注目です。

 

★トレードアイデア

・EUR/USD L

・USD/AUD S

・USD/RUB S

アメリカドル自体の動きはそれほど大きくはならないかと思っていますが、下落することを想定したポジションで。新興国通貨や資源・資源を見てバランスよくポジションを取りたいところです。

 

 

| 為替予想 2018前 | 13:57 | comments(0) | trackbacks(0) |

南アフリカランド(ZAR) 為替予想2018前半

南アフリカランド【ZAR】

★総評 中立

鉱物資源国の代表的な通貨南アフリカランドは、ちょっと予想が難しい状態ですので中立評価とさせていただきました。ファンダメンタルズ的には、まあまあな水準、直近12月に入ってから政治的な理由で急上昇しているのをどう評価すべきなのかといった感じです。

 

★経済 マクロ指標など

南アフリカ経済は決して良くはありません。低成長が続いているのと、25%を超える失業率が定常化してしまっています。主力輸出品のプラチナの価格が下落中で、これをそのほかの鉱物資源の価格上昇が支えている状況です。プラチナの下落は、自動車産業で触媒がプラチナからパラジウムへの変更が進んみ需要が減少したためです。ちなみにパラジウムも南アフリカのシェアが大きな貴金属となっていて価格は大幅に上昇中です。貿易指標は、貿易収支は黒字、経常収支は赤字も赤字幅は減少していて、貿易環境は改善がみられます。

債務は、個人は減少、民間セクターで増加しています。水準的にも問題ないため、他の新興国・資源国と比べるとかなり良好と思われます。

12月に入ってからの為替の上昇は、政治的な理由でした。与党の議長選で改革派の方が勝利したようです。現在のズマ大統領は世界的な評判は芳しくないため、新しい大統領候補の出現は南アフリカへの投資を増やすことになりそうです。

 

★金融政策

長らく続いた高インフレが足元では4%台と安定、現在の政策金利は6%台のため、金融政策は緊縮的なものとなっています。インフレ率がここから上昇する要因もないため、これからは利下げが進んでいくものと考えられます。

 

★トレードアイデア

直近で大きく動いたため、しばらくは様子見をしたいところです。新興国の中ではファンダメンタルズ的に弱くはないのですが、リスクオフ時に資金の流出が急になる可能性が大きな通貨のため、どちらかというと下目線で見ていきたいところです。

 

 

| 為替予想 2018前 | 14:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
■ LATEST ENTRIES
■ CATEGORIES
■ ARCHIVES
■ SEARCH
■ LINKS
■ PROFILE